Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

三田屋本店 やすらぎの郷 横浜店2008年09月26日 23時59分19秒

三田屋本店 -やすらぎの郷-」に行った。
-やすらぎの郷-といっても、老人ホームじゃない!ヽ(`Д´)ノ プンプン!
霊園でもないんだよ。
横浜髙島屋の8階にあるステーキレストラン。

「三田屋本店」が商号で、本店じゃなくて横浜店。本店の本店は兵庫県の三田市にあるのだ。それでいいのだ。

現在、関東地方には新宿・池袋・横浜の3店しかない。
なんで「本店」なのかと言うと、「三田屋」というのは4つあるのだ。
「丹波三田屋」「三田屋総本家」「三田屋本店」「三田屋」の4つ。
5人兄弟の長男は亡くなって、次男・三男・四男・五男がそれぞれの会社を経営していると言う。
そんなことはどうでもいいのだ!興味のある人はこちらを見るのだ。バカボンのパパになってしまったのだ。
ついでに、今まで「ミタヤ」と読んでいた人、さんせいのはんたいなのだ。本当は「サンダヤ」と読むのだ。それでいいのだ~。

自家製ハムのオードブル。
さらしタマネギともみじおろしを混ぜて、ハムで巻いて食べる。
ハムは、塩加減がちょうど良くて、おいしい。
タマネギも完全にさらしてあって、タマネギ独特の刺激が無い。

器はコーヒーカップとステーキ皿を除いて、全て三田青磁(さんだせいじ)を使っていた。

肉は黒毛和牛だが、三田牛(さんだぎゅう)にこだわらず全国から良質の黒毛和牛を購入していると言う。
ステーキはお箸で食べるようにあらかじめ切ってある。
肉は120gを頼んだ。(80g・120g・160gから選べるが、たった40gで値段が大きく変わる)
下に敷いてあるのはタマネギとニンニク。手前にあるのがニンニクだが、ランチでこんなにニンニクを使ったら、仕事中の人は食べられないんじゃないか?ニンニク大好き!の私は完璧に平らげましたが。
肉の上に乗ってる白いのはバター。
肉はポン酢のような和風ダレに付けて食べる。
バターはいらないなぁ・・・肉の味よりバターの味が強くなる。肉自体はすごく柔らかくて旨いのだが。

自家製ハムのオードブル、グリーンサラダ、コンソメスープ、国産黒毛和牛のステーキ120g、ご飯、紀州梅干しとたくあん、コーヒー又は紅茶、デザート(アイスクリーム又はシャーベット)のランチセットで一人前3675円。

店内は三田屋本店の本店と同じように、能舞台や鎧、大太鼓などで演出してあり、ランチタイムなのにピアノの生演奏がある。

生演奏いらないから、2800円にして欲しいな。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.