Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

SUNAMO2008年10月09日 23時24分08秒

今日グランドオープンの「SUNAMO」へ行った。
おばあちゃんの原宿「SUGAMO]ではない。
「南砂町ショッピングセンターSUNAMO」が正式名称。

1階から4階までがショップで、5階・6階・屋上に1350台収容の駐車場を持つ。
東京メトロ南砂町駅から徒歩5分という近さなのに、ありがたいことに駐車料金は3時間迄無料(休日は2時間)。何も買わなくても無料。

グランドオープンの日は、道路混雑を敬遠してか、自転車がすごい。950台収容の駐輪場ではとても間に合わなくて、広大な臨時駐輪場が何箇所かに作られていた。

テナントは生活密着型の店がほとんどで、食品スーパー・ホームセンター・電器量販店・書店・スポーツ用品店の売り場面積はかなり広い。
カルチャーセンターやスポーツジム、スイミングスクール、お子様教室など、文化施設も充実。
ゲームセンター、ヘアーサロン、カット専門の格安美容室や歯科、眼科、ビューティー&ヘルス、接骨院まである。
町のよく行くお店を一堂に集めた便利施設といった感じがする。

「スナモ」は三菱地所系だが、時々利用する「ららぽーと」や「ラゾーナ川﨑」、「三井アウトレットパーク」など、三井不動産系ショッピングセンターと比べて、なぜか垢抜けない感じがする。
そういえば、今でも行列が続くという「H&M」が入っている銀座の「ギンザ ジーキューブ」も三井不動産系だった。


1階のホームセンター「カインズ」はお酒も販売している。
「久保田・千寿」を数量限定2780円で売っていたのでGET!
めぼしい物はこれだけ。

「久保田・千寿」はメーカーである朝日酒造の希望小売価格は2446円。
ネット通販でも最低価格の店で2900円以上する(+送料)。高い店で5019円というのもある。
それでもほとんどが売り切れ表示という品薄プレミア価格商品。
安い価格の商品は製造日が古い物が多い。今回のは製造日が2008年8月なので、超お買い得!
「久保田・千寿」のメーカー公表の日本酒度は+6。辛口ですっきりとして飲みやすい。

同じ「久保田」でも「万寿」は日本酒度+2の純米大吟醸酒。これは旨い!「千寿」のアルコールっぽさを抜いて、香りとコクを持たせた上に、すっきり感が増している。
「万寿」はメーカー希望小売価格で8169円。ネット上では8900円から18000円で売られている。
居酒屋などで飲むと、1杯(7勺~1合)1800円が相場。会社の接待費でしか飲めない。最近は接待費でも飲めない
あっ、そういえば10年程前に1度、新潟に実家があるという世田谷区に住んでいた友人から万寿の1升瓶を貰ったことがある。新潟の人でも、知り合いの酒屋さんに頼んでおいたりしないと手に入らないと言っていた。


「SUNAMO」からの帰り、荒川を渡ると空がきれいだった。
手前は東京メトロ東西線の鉄橋。

帰ってから早速「久保田」を味わいながらブログを書いていたら、パソコンの前で眠ってしまった。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.