Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

胸に銃弾2008年11月02日 08時34分26秒

9月13日に銀座にオープンしたH&Mへ服を買いに行こうかと思ったが、いまだに行列が出来ているとTVで言っているのを聞いてためらっていたら、ちょうど新聞にユニクロのチラシが入っていた。
リバーシブルのフリースが1,000円引きの1,990円。

10時オープンと同時に買いに行って、早速着ておでかけ。
友人との待ち合わせの時間を待つ間、喫煙所で一服。
煙草に火を付けて、ライターをバッグにしまった。シマッタ!閉まったバッグの蓋が煙草に当たって、煙草の火がポロリ。
慌てて払い落としたが、火はすでに裏側まで貫通!

会ったとたんに友人が、
「おっ、ユニクロのフリースじゃん。」・・・なんで分かるんだ?
「煙草落としたな?」・・・なんで分かるんだ?

その友人と別れて、街をブラブラ歩いていたら、全くの奇遇で別の友人と遭遇。
「穴開いてるよ。みっともないから脱ぎなよ。」って。
「いや、これはファッションなんだよ。胸に銃弾うけちゃって。」
とごまかしたんだが、全然ごまかしきれて無いようで・・・

若い頃は、アメ横へ米軍の古着を買いに行ったりしたりした時は、わざと穴の開いた物や繕いのある物を選んで買って、「これ、銃弾の痕だぞ」「わっ!すげー」などと褒めあっていたものなんだが。
フリースじゃ通用しないか・・・

そう言えば、1992年に「フリーズ」と言われて銃を向けられても止まらなかった為に撃たれてしまった日本人留学生がいたっけ・・・

ハロウィン殺人事件2008年11月03日 09時14分50秒

今日の新聞に、アメリカで12歳の少年が父親・兄弟と共にハロウィンのお菓子を貰おうと民家に近づいたところ、住人に銃で撃たれて死亡したという記事が載っていた。

昨日書いた1992年の日本人留学生射殺事件も、ハロウィンでの出来事だった。
留学先のホストブラザーと共に、ハロウィンパーテーで友人の家に行ったつもりが、家を間違えてしまった為の悲劇。
当時高校2年生の服部剛丈君を射殺したロドニー・ピアーズは、刑事裁判で全員一致の無罪になっている。

最終弁論で弁護人は「玄関のベルが鳴ったら、誰に対しても、銃を手にしてドアを開ける法的権利がある。それがこの国の法律だ。」と語ったと言う。

ハロウィンを巡っては、2000年にアンソニー・リーと言う俳優が警官に射殺された事件もある。
ハロウィンの仮装パーティーの騒音苦情で敷地内に入った警官をハロウィン仮装の偽警官と思ったアンソニーが、警官におもちゃの銃を向けたら本物と勘違いした警官に射殺されたと言うもの。

アメリカって怖い国なんだな・・・
ディズニーランドで買ったハロウィンのミニグラス(ぐい飲みかな?)で日本酒飲んで喜んでる日本人は幸せだな・・・

横浜トリエンナーレ 12008年11月06日 21時09分53秒


横浜トリエンナーレ2008のチケットを貰った。
1,800円払ってまで行く気はしなかったのだが、「見たい、見たい」とふれ回っていれば、どこかで招待券を持っている人間にぶつかるものだ。

会場がメイン会場3つをはじめ、7つに分かれているので廻るのが大変。
だから、1枚のチケットで2日有効になっている。
名前欄に名前を書いて、入場時に日付印を押してもらうのだ。

車で行くと無料駐車場が無いので、ワールドポーターズに停めるといい。
ここは通常の平日なら1日最大1,000円で停められる。付近には1日1,200円や1,500円の駐車場もあって、つい入ってしまうが、平日ならワールドポーターズが知る限りでは一番安い。

ワールドポーターズから歩いてすぐ、第1会場の新港ピアへ行き、海上保安庁の船を見ながら第3会場の赤レンガ倉庫へ。そこから第2会場の日本郵船海岸通倉庫会場(神奈川県警察本部の横)へ行って、ワールドポーターズへ戻る途中左手に第7会場の運河パークがある。この4会場は近いので横浜観光を兼ねて歩けば、歩くのは全く苦にならない。

映像作品を全て鑑賞していたら1日では見られないが、ざっと見るだけなら第4会場の三渓園を除けば1日で十分だ。
第6会場のランドマークプラザの展示は10月25日で終了している。

残るは第5会場の横浜大さん橋だが、ここにあるのはH BOXの展示だけ。
日本郵船海岸通倉庫から歩いて行けるから、ちょっと足を伸ばしてみるのもいい。駐車料金がもったいないから。
車で移動しても、桟橋の1階部分全部が400台くらいの駐車場になっているから大抵楽に駐車できる。
料金は平日・休日に関係なく1時間迄500円。1時間30分迄750円。以降24時間迄1,000円とここも安い。
しかも、明記はしていないが、30分未満で出るといつも0円で出庫できる。

話が長くなってしまったので、展示については又明日。

横浜トリエンナーレ 22008年11月07日 08時21分48秒

横浜トリエンナーレ2008第1会場の新港ピア。
むかしむかしの昭和4年から新港客船ターミナルがあった所が、2005年から2006年にかけて市の創造都市政策の一環として整備・改修され、「新港客船ターミナル映像文化施設」として、現在、東京芸術大学大学院映像研究科新港校舎が入居している新港埠頭。新港ピアはこの施設に隣接するかたちで建設された。
間口33m、奥行き132m、最大天井高約12mの柱のない大空間が広がる建物。
一見倉庫のような感じだが、杮(こけら)落としともなる横浜トリエンナーレ2008が終わった後は、来年4月から9月まで横浜開港150周年記念イベントが予定されている。

3年に1度開催される横浜トリエンナーレは今年で3回目。
前回の2005年は山下埠頭をメインに、第1回の2001年にはパシフィコ横浜など、みなとみらい地区を中心に開催されている。(第1回と第2回は4年の間隔があった)

今回の1番のメイン会場は新設された「新港ピア」。


ミケランジェロ・ピストレット Michelangelo Pistoletto 《Seventeen less one》 2008
鏡に映った自分たちが破壊された鏡に変形されて、作品の一部になっている。


クスウィダナント a.k.a. ジョンペット Kuswidananto a.k.a. Jompet 《Java's Machine: PHANTASMAGORIA》 2008


ヨナタン・メーゼ Jonathan Meese 《DR.NO-METABOLISM IN MOOMINGYM like SOLDIER-FLASH-BLUE de MING (BABYKINGKONG IS BACK IN FANTOMAS-GYM, thanks… 1912 - 2012)》 2008

この他、新港ピア会場には計23名のアーティストの作品が展示してある。
他の会場については、また明日。

日本丸が3艘2008年11月08日 01時35分44秒

横浜トリエンナーレ第1会場の新港ピアから第3会場の赤レンガ倉庫に行く途中、海上保安庁施設に停泊している帆船日本丸があった。
日本丸はランドマークタワー横の日本丸メモリアルパークに展示されているのを通りすがりに見てきたばかり。なんで、一瞬にしてこんなところへワープ出来るんだ?

この帆船、船名は日本丸だが、日本丸II世だった。
日本丸が引退した1984年に就航した練習帆船。

赤レンガパークに付くと、横浜港大さん橋に停泊しているのが、これまた「にっぽん丸」。商船三井客船所有のクルーズ船。

数時間の間に、3艘の「ニッポン丸」を見てしまった。
意味も無く感激∬n´▽`∬

横浜トリエンナーレ32008年11月09日 00時01分41秒

横浜トリエンナーレ2008第3会場の赤レンガ倉庫
ここには、8人の作品が展示されている。


細い通路をメッセージボードを読みながらジグザグに進んでいく作品。
もちろん、後戻りや追越は出来ない。
ただ、ボードの反対側は英語で書いてあるので、英語圏の人達は出口側から逆行してくる。
作者は日本人かと思ったら、ミランダ・ジュライ (Miranda July)と言うアメリカ人の女性。
映画「君とボクの虹色の世界」(2005年)では監督・脚本・主演を努め、カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞している。

赤レンガ倉庫前にはベロタクシー(自転車タクシー)が客待ちをしていた。

ベロタクシーは、1997年にドイツ・ベルリンで「環境にやさしい新しい交通システムと、動く広告がひとつになった乗り物」として開発された自転車タクシー。
ベロは、ドイツ語で自転車"Veloziped"の意味。ベロタクシーは商品名。
日本では2002年3月に京都で走ったのが最初。
横浜では去年2007年の3月頃から見かけるようになった。

横浜での運賃は大人1人初乗り300円で、1ポイント100円のポイント制。
たとえば、JR桜木町駅からみなとみらいは2ポイント。300円+100円で400円になる。
JR桜木町駅→2ポイント→みなとみらい→1ポイント→パシフィコ横浜→1ポイント→ワールドポーターズ→1ポイント→赤レンガ倉庫→2ポイント→大さん橋→1ポイント→山下公園→1ポイント→中華街→1ポイント→横浜スタジアム→1ポイント→JR関内駅と名所巡りをすると、合計11ポイント。
300円+100円×10で、1300円になる。
大人2人で乗れるが、料金は2人分取られる。当たり前だけど・・・


雲竹斎の今日のうんちく

日本では自転車タクシーはすでに大正時代にあったんじゃ。「人働車」と呼ばれていたんじゃが、戦時中は燃料節約ということで「国策タクシー」とも呼ばれていたんじゃと。
戦後は「輪タク」と名前を変えて最盛期には1万数千台も走っていたんじゃよ。

面白いことに英語ではCycle rickshaw(サイクル リクシャー)と言うらしいのぅ。リクシャーと言うのはなんと、りきしゃ(人力車)から来ているんじゃな。


話がトリエンナーレから外れてしまった。
第2会場の日本郵船海岸通り倉庫は又明日。

横浜トリエンナーレ42008年11月10日 10時16分52秒

横浜トリエンナーレ2008第2会場の日本郵船海岸通倉庫。


1階会場から2階会場へ上がる途中に見えるレンガ造りの変な物。
「共同炊事場食卓」と書いてある。
食卓はどこ?もしかして、この板の上?
屋根が無いけど、雨が降ったら雨合羽着てご飯食べるのか?
しかも、土台部分には足場管が組んでありよく見るとキャスターが付いている。
移動出来るのか?

この建物には、これも作品なのか?と思うような部分がいっぱいあって魅力的。
1階の入口にはバケツがいくつか置いてあって、「雨漏り注意」の看板があった。
アートなんだか、そうじゃないのか、よく分からない。
きっと、本当に雨漏りがするんだろうけど・・・


誰かの作品のほんの一部だが、砂鉄、鉄球、釣り合った竿はかりの静の空間に影だけが動を表現していて面白い。


オノ・ヨーコの「カット・ピース 1965」「カット・ピース 2003」には、鑑賞者がいっぱい。
観客が彼女の衣装をはさみで切り取っていくパフォーマンス。


こちらも、観客参加型かな?
入るときはプロジェクターの光が眩しいなと思うだけだが、部屋から出るときに自分の影が出口壁面に・・・ちょっとギョッとする。映画館感覚で「あっ、すみません」とか声が出てしまう。

なんだかんだで楽しい芸術の祭典である。

横浜トリエンナーレ52008年11月11日 20時09分57秒

横浜トリエンナーレ第7会場の運河パーク。

桜木町駅前、ランドマークタワー横の日本丸付近からワールドポーターズ横のナビオス横浜を結ぶ遊歩道の、ナビオス横浜側にあるのが運河パーク。
この遊歩道は「汽車道」と呼ばれ、1987年に廃止された横浜臨港線(桜木町~新港地区を結ぶ)の廃線を利用した遊歩道で、土木学会デザイン賞2001の最優秀賞を受賞している。


チョウ・ミンスクとジョセフ・グリマ&ストアフロント・チーム Cho Minsuk and Joseph Grima with Storefront Team 《Ring Dome》 2008

この後、ワールドポーターズのビブレでシュークリームを買って帰途に着いたのであります。

杉花粉症2008年11月13日 00時17分08秒

広島県の因島という島から横浜へ転居して2~3年経った頃から花粉症に悩まされるようになった。今から40年位前の事だ。
当時はスギ花粉症という症例は解明されていなくて、原因不明のアレルギー性鼻炎と診断された。

スギ花粉症という症状が発見されたのはその10年以上後、1979年頃のこと。
東京医科歯科大学耳鼻咽喉科の斎藤洋三先生と東海大学眼科の三国邦夫先生が(記憶違いだったらごめんなさい)、同じ時期に耳鼻咽喉科と眼科のアレルギー患者が異様に増えることから原因を究明して発見された。
当時は「スギ花粉症友の会」なるものがあって、斉藤先生の講演会など聞きに行ったものだ。

その頃から、インタール点眼薬やインタール点鼻薬・ベコナーゼ点鼻薬など、対処療法薬が開発されて症状は画期的に緩和された。
ただ、対処療法は根本的に治療するものではなく、あくまでも症状を抑える為の物だ。

スギ花粉症は、抗原抗体反応といって、病原体から体を守るシステムが異常に反応して起こるもの。
根本的に治療するには、免疫療法と言うのがある。スギ花粉症の場合には「減感作療法」といって、週に1回くらいスギ花粉のエキスを注射し続けて体を慣らし、症状を出にくくするという方法。これは、半年以上続けなければ効果が出ないし、治癒率はかなり低い。
だから、免疫療法自体は100年以上の歴史があるにもかかわらず普及しない。

今日の(11月12日付けだから、実際には昨日かな?)朝日新聞夕刊の「あしたの医療200×」という記事に新しい治療法について書かれていた。
減感作療法のエキスを注射ではなく「舌下法」と言って、錠剤をなめて舌の裏側にある粘膜から吸収させるというもの。
飴なめてスギ花粉症が治まるなら、最高だ!
5年後の実用化を目指していると言う。頑張って欲しい。

ポリエチレングリコールという化学物質を利用した予防法も可能性があるという。
「2020年にはアレルギーをワクチンで予防する研究が始まっているかもしれない」と書いてあったが、完成した頃には私は老衰で死んでいるかもしれない。

さよならディズニー2008年11月14日 20時28分22秒

転勤が決まった。
今度の勤務地は、初詣ランキングで有名な川﨑大師の近く。
葛西に居られるのも明日・明後日のみ。
17日の月曜日からは自宅通勤になってしまう。
自宅も勤務地も川崎市なんて、なんか嫌だな。

ディズニーランドの花火の音が聞こえてきた。
花火を見ようと窓を開けたら目の前に大きな月が。
月齢17.2か・・・満月みたいだ。

昨日、イクスピアリで仲間たちと食事をして帰る時、ビルの谷間に異様に大きな月が見えた。
昨日は4人だったから車で行ったけど、チャリでイクスピアリ行ってショコリキサー飲みながら煙草一服して帰ってくるなんて出来なくなっちゃうなぁ・・・
貧乏人のささやかな楽しみだったのに。

明日は仕事と送別会。明後日は夜遅くまで仕事だから、ディズニーランドの花火をベランダから見るのも今日が最後かぁ・・・

寂しいな
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.