Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ショウリョウバッタ?ショウジョウバッタ?2009年11月16日 01時41分02秒

ショウリョウバッタ
         ©2006coryこの写真の著作権はcory氏にある為、転載禁止

新型インフルエンザ罹患の為、只今軟禁中。
外に出たいなぁ・・・と、花の写真などネットサーフィンしていたら、coryさんの写真が目に留まりました。ショウリョウバッタです。

先日、あるTVのクイズ番組でこの写真の生き物が何かという質問があり、回答者が「ショウジョウバッタ」と答えたら不正解でした。
私も「ショウジョウバッタ」だと思っていて、それからず~~と疑問に思っていた生き物であることを思い出してしまいました。

私は名古屋生まれで、徳島、伊丹(兵庫県)、高松、因島(広島県尾道市・瀬戸内海の島)と、中学3年の時横浜へ来るまで東の方へは来たことがないので、「ショウジョウバッタ」と言うのは、西の方の方言かも知れません。
でも、生まれてからずっと川崎市民(関東です)の息子にこの写真を見せたら「ショウジョウバッタだ」と言いました。(私が教えた記憶はありません。・・・たぶん)

子供の頃には「キチキチ」とか「コメツキバッタ」とも呼んでいました。
「ショウジョウバッタ」は「賞状バッタ」だと思っていました。後ろ足をつかんだ時にする身体を縦に振る「コメツキ」動作が、賞状を貰う時の姿に思えたからです。なんだか、オスは燕尾服を着たスマートな紳士みたいだし。
でも、全然違いましたね。

正式和名の「ショウリョウバッタ」は「少量バッタ」かと思ったら、これも違いました。「精霊バッタ」と書くそうです。旧盆(8月)の頃に現れて、精霊流しの船に似ているからだそうです。
関西でも関東でも結構よく見かけるので「少量」なわけないですね。むしろ「大量」ですね。

あれ?別名「ショウジョウバッタ」とも言うそうです。
ウィキペディアによると、オスメスの性差が非常に大きく、別の名前が付くくらい違って見えるので「天と地ほども違う」という意味の「霄壤」から、ショウジョウバッタ(霄壤バッタ)と呼ばれる。とある。
「ショウジョウバッタ」は「当たらずとも外れず」でしたけど、「賞状バッタ」はやっぱり大ハズレでしたね。

余談ですが、ウィキペディアに載っている写真もcoryさんの撮った写真でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2009/11/16/4699504/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.