Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

てっぱん2010年03月16日 22時11分05秒

まだまだ先の話だが、9月27日から始まるNHKの連続テレビ小説(連ドラ)は「てっぱん」。舞台は大阪と広島県尾道になる。

主人公・村上あかりが、育ての母から引き継いだ「広島のお好み焼き」と、祖母から仕込まれた「大阪のお好み焼き」を2枚看板に開業した鉄板焼き屋。そこ集まる人の輪が、高齢者と若者、大阪と尾道を結び付けていくというお話。

尾道市因島で育った私には興味深いドラマだ。
この辺りには昔、村上水軍という海賊(?)がいて、村上姓の人がやたらに多い。
お好み焼屋も、銭湯に行った帰りに寄って食べるといった感じで超日常的。

お好み焼きといえば、広島と大阪。お好み焼き屋は、広島県内で2000軒、大阪府内では3800軒あるとか。

今回、近くに宅配専門広島風お好み焼と石焼ピビンパの店「てっぱん」が出来た。ピビンパと書いたが、一般的にはビビンバと言う事が多い。
「ピビ」(비빔)=混ぜる、「パ」()=飯なので、ピビンパの方が原音に近い。

試しに注文してみた。
キャベツ、モヤシに、豚肉、玉子、エビ、イカ、タコ、焼きソバの入った広島風お好み焼、「シーフードスペシャル」が1260円(写真左)。別添のソースはオタフクお好みソース。嬉しいことにキューピーマヨネーズも付いていた。本格広島風お好み焼には邪道だと思うんですが、なにしろマヨラーなもんで・・・。

石焼風ピビンパ(写真右)は、トック(お餅みたいなの)、キムチ、チキン、キャベツ、もやし、豚肉の入った「ダッカルビピビンパ」が1150円。ワカメ入りスープ付。

チヂム(写真奥)はサービスで無料(通常630円)。一般的にはチヂミと言うが、韓国語の찌짐の読みとしてはチヂムの方が本当。
てっぱん
お味のほうは、広島風お好み焼=美味しい。オタフクソースの味。
ただ、生地がモッチリしすぎている。米粉を加えるチヂムの生地と同じような食感。
まさかとは思うが生地を共用しているとしたら、最悪!

プラ容器に入った石焼ピビンパも、おこげの香りがほのかにして美味しい。

宅配された時には熱くて食べられないほど熱々で届いた。写真撮った後でもアツアツだった。嬉しい。

宅配だから少し高めだけど、やっぱり便利だな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2010/03/16/4952405/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.