Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

雪見だいふくストロベリーショコラ2012年02月16日 16時33分12秒

1981年にロッテから「雪見だいふく」が発売されて30年。

写真上は1月30日に発売された新製品「雪見だいふく ストロベリーショコラ」。
写真下は去年11月6日に発売された「雪見だいふく 生チョコレート」。
どちらも冬春季限定販売だが、生チョコレートの方はすでに製造を終了したらしい。
雪見だいふく

切って中を見てみると、ストロベリーショコラは、チョコアイスの中に酸味の利いたストロベリーソースを入れ、柔らかいおもちで包んだ、三層タイプのちょっとリッチな雪見だいふく。
生チョコレートは、同じく三層タイプで、バニラアイスのセンターに濃厚な生チョコレートを入れ、外側をチョコレート味の求肥(おもち)で包んだこちらもリッチな雪見だいふく。
雪見だいふく

どちらも美味しいが、ストロベリーショコラの方が味が楽しめる。
ちょっと甘すぎるかな?とは思うけど、甘いものが欲しくなった時に1個食べるのにはいいかもしれない。2個入っていて、個々に封が開けられるのは親切だ。
近所のスーパーで、各128円(税込)。
1個入りで128円でも買うと思う。でも、2個入りで256円だったら買わないな。変な計算だけど・・・。


ところで、1980年に発売されたロッテ「わたぼうし」って覚えてますか?30歳以下の人は知らないでしょうけど・・・バニラアイスをマシュマロで包んだものです。
これが進化して「雪見だいふく」が出来たそうです。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.