Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ルイーズ・ブルジョワ 〈ママン〉2012年05月27日 12時09分59秒

六本木ヒルズのエントランス広場66プラザ。六本木6丁目だから66プラザ。
こちらは66プラザのシンボルとなっている巨大な蜘蛛。名前は「ママン」。
この蜘蛛を見ると、いつも「横浜開国博Y150」の巨大クモを思い出す。
MAMAN(ママン)
これと同じような作品は世界に6点展示されているという。
ニューヨークのグッゲンハイム美術館、ロンドンのテート・モダン、ロシアのサントペテルブルグにあるエルミタージュ美術館、キューバのハバナ市内、ソウルの三星現代美術博物館、そして六本木ヒルズである。

作者はフランス出身でニューヨーク在住だったアメリカ合衆国の彫刻家。
「だった」と書いたのは、2010年5月31日に心臓発作のため亡くなっているから。
今月31日が三回忌にあたる。

「ママン」は、高さ10.23m、幅は9.27×8.91mという巨大な作品だ。
「ママン」とは母の意。ブロンズ製の体内には大理石で出来た20個の卵を抱え、作品には母親への愛情や憧憬が込められているという。
MAMAN(ママン)

「世界中から人々が集まり、出逢い、新たな価値や知恵が生み出され、ママンが抱く卵のように大切に孵化され拡がっていく。この街の象徴として、圧倒的な存在感と優しさを感じさせてくれます。」( 六本木ヒルズホームページより)


[今日のつぶやき]
六本木ヒルズ族というブルジョワの象徴だから、ブルジョワの作品なのかな??

東京ゲートブリッジ オリンピックライトアップ2012年05月28日 23時59分26秒

東京が2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の立候補都市として選定されたのを記念して、5月24日から6月3日まで東京ゲートブリッジのライトアップが特別バージョンになっている。
東京ゲートブリッジ
上の写真、右側の青やピンクの丸い光はお台場の観覧車。

下の写真、886基のLEDカラー照明が左から水色、白金色、桔梗色、新緑色、緋色の5色でオリンピックをイメージしているという。
オリンピックライトアップの東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジ

やっぱり、オリンピックは五輪にしてもらわないとイメージが湧かないんですけど・・・

東京スカイツリー天望回廊へ Vol.12012年05月30日 23時59分00秒

5月29日に東京スカイツリーに行って来ました。
天望回廊の445m地点から450mの「フロア450」まではグルッと1周、5mの高さを歩いて昇ります。
回廊の端はそれぞれ向かい合っているので、450mから445mに向けて記念写真を撮ってくれます。1200円。
天望デッキの「ガラス床」等、何ヶ所かに記念写真コーナーがあるようなので利用してみてはいかがでしょうか?
東京スカイツリー天望回廊記念写真

東京スカイツリータウンの東京ソラマチ、すみだ水族館、東京スカイツリーの夜景などを楽しんで、帰宅した時は日が変わっていました。

家へのおみやげはグレープストーンのお店「東京ばな奈ツリー」で限定販売商品「東京ばな奈ツリー チョコバナナ味 見ぃつけたっ」(商品名が長い!)を並んで購入。
人気店は未だに人の列を作っています。
東京ばな奈 チョコバナナ味 「見ぃつけたっ」
東京みやげや手土産として有名になった『東京ばな奈 「見ぃつけたっ」』がさらにかわいくなって新登場。ヒョウ柄の東京ばな奈の中にチョコバナナカスタードクリームが入っている。
このカスタードクリームの食感と味が独特で美味しい。

遊びつかれたので、東京スカイツリーについては後日またゆっくりと・・・


[今日のつぶやき]
東京ばな奈のヒョウ柄は大阪のおばちゃんに受けそう。通天閣で売った方が合っていると思うけど・・・・・大阪ばな奈になっちゃうか・・・  そんなばな奈

東京スカイツリー天望回廊へ Vol.22012年05月31日 18時45分54秒

東京スカイツリータウンの東側に位置する押上(スカイツリー前)駅は地下3階にあり、都営地下鉄浅草線、東京メトロ半蔵門線(東武伊勢崎線と直通運転)、京成押上線が乗り入れている。
地下3階から東京ソラマチへの入口。
東京スカイツリー

ソラミ坂ひろば側の東京ソラマチ入口。
東京スカイツリー

ソラマチひろばを取り囲むように東京ソラマチの店舗が並ぶ。
東京スカイツリー

ソラマチひろばには噴水やモニュメントが有り、中心的な憩いの場になっている。

中でも目を引くモニュメントが、東京スカイツリーのデザイン監修者でもある彫刻家澄川喜一氏の作品「TO THE SKY」。
東京スカイツリー

3本足で「そり」と「むくり」を取り入れた不思議な形をもった東京スカイツリーに相応しく、「そりのあるかたち」をテーマに、天・地・人を表す3本の石柱が寄り添う形になっている。
東京スカイツリー

近くに寄るとモニュメントの「そり」がスカイツリーを支えるように包み込んでいる。
東京スカイツリー To The Sky

石柱の中に入ると、スカイツリーと一体化してスカイツリーの支柱になってしまった。
東京スカイツリー To The Sky
この彫刻の高さは10m。1本あたりの幅は1.2m×1.2m。
素材は花崗岩(徳山みかげ)で出来ている。

4階エリアの広場「スカイアリーナ」から見上げた東京スカイツリー。
東京スカイツリー
先程、「そり」と「むくり」を取り入れたデザインと書いたが、スカイツリーは足元の三角形から上に行くにしたがって円に変わっていく建築構造を取り入れている。
三角形から円に変化させる過程で、強度・デザイン性の両面から日本古来の建築でも使われている「そり」「むくり」を利用したと言う。

初期のデザイン選考の段階で「見返り美人」をテーマにした和服の裾が片側だけ広がった様なデザインが候補に挙がったという。
採用には至らなかったが、その名残を下の写真で見ることが出来る。青い線が中心線です。向かって左側は和服の裾が広がったような「そり」が見えませんか?
向かって右側、少し膨らんで見えるのが「むくり」です。
「むくり」とは、「むくり屋根」の様に上方に少し膨らませた形にする建築用語です。
東京スカイツリー
スカイツリーが見る場所によって少し傾いて見えるのはこの独特な形状のせいですね。


[今日のつぶやき]
「むくり」と言うよりも、足の「むくみ」みたいだけどね・・・


次回はスカイツリーの中に入ります。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.