Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

東京タワー塔頂部から軟球!2012年08月01日 11時50分40秒

「ミッキー、見てごらん。あの東京タワーの先端から野球のボールが見つかったんだって。」
「えっ、そうなの?きっとピーターパンの仕業だよ。ハハッ!ハハハハッ!」
ウォルト・ディズニー生誕110周年記念スカイ・ドリーム・デッキ


今、東京タワーは塔頂部の取替え工事をしている

今日8月1日付のスポーツ報知によると、1958年(昭和33年)の建設時以来初めて付け替えられた上部アンテナ支柱の中から「謎の野球ボール」が発見されたという。

先端のアンテナ支柱取替え工事で、支柱を輪切りにしたところ、一部腐敗して黒ずんだ軟式野球のボールが出てきた。地上約306mの支柱の中で54年間過ごしたとみられる。
支柱は鉄板の厚さを含めて直径約37センチの鉄製円柱で、内部は空洞。
出てきたボールは、作業員の間で通称「ドンツキ」と呼ばれる、空洞内の鉄骨架台の最下部(土台部分)に収められていたそうだが、支柱は風雨を避けるため外部から密閉されていて、内部を開けたのは今回が初めてだという。
まさに「真夏のミステリー」だ。

報知新聞社文化社会部では、このボールに関する情報を求めている。アドレスは、kizuna@hochi.co.jp

7月31日の東京タワー
写真は昨日7月31日昼頃の東京タワー。現在高さは329m。


[今日のつぶやき]
きっと、東京タワー作るときに作業員が塔頂部でキャッチボールして遊んでたんだな。。。(^◇^)

コメント

_ 小川 ― 2012年08月01日 13時16分44秒

不思議なことですね。徹さんが打ったボールでしょうか。雨よけのため埋め込まれたように思います。いくつ見つかったんでしょうか。

_ ☆☆☆ ― 2012年08月02日 09時44分20秒

1つです。
建設に携わった人が記念に入れたのか、支柱を地上で保管している時に偶然入ったものをそのまま300mまで上げてしまったのか、謎です。
前者で、ボールに「昭和33年○月○日」とか、メッセージとかが書かれていたら楽しいですね。
地上300mのタイムカプセルです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2012/08/01/6528059/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.