Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横濱三塔物語2012年09月26日 12時56分51秒

21日から23日まで「ピンクリボンかながわ2012」でライトアップが行われた横濱三塔について詳しくお話しします。

横浜には「横濱三塔物語」という都市伝説があって、横濱三塔を一望出来る3ヶ所のスポットを全てまわると願いが叶うと言われています。
三塔というのは、神奈川県庁本庁舎の「キングの塔」、横浜税関本関庁舎の「クイーンの塔」、横浜市開港記念会館の「ジャックの塔」の3つの建造物を指します。

これらの塔が建った当時は他に目立つ建物はなく、横浜港に入港してくる船はこの3つの塔を目印に入港したと言い、この愛称は外国人船員達によって付けられたと言う説が有力になっています。
みなとみらい地区の建物の名称にも「ジャックモール」(9月30日に閉店します。閉店セールやってます)・「クイーンズスクエア」などとして使われています。

横濱三塔その1
キングの塔神奈川県庁本庁舎です。
関東大震災で焼失した旧県庁舎跡に建てられ、1928年(昭和3年)10月28日に完成しました。
本庁舎の後ろ側には、1966年に竣工した地上13階・地下1階の近代的な新庁舎が建っています。

横濱三塔


横濱三塔その2

クイーンの塔横浜税関本関庁舎です。
1934年(昭和9年)に竣工しました。

横濱三塔


横濱三塔その3

ジャックの塔横浜市開港記念開館です。
1917年(大正6年)6月30日に竣工したが、関東大震災により時計塔と壁の一部を残して倒壊してしまいました。
1927年(昭和2年)に震災復旧工事が完成しましたが、ドーム屋根が復元されたのは1989年(平成元年)です。1985年(昭和60年)に創建時の設計図が発見されて細部の復元が可能になったそうです。

横濱三塔


周りにビルなどが建つことにより、横濱三塔が一緒に見られる場所は限定されてしまいました。

下の地図上の場所にはビューポイントのマークが描かれています。
この3ヶ所のビューポイントを全てまわると願いが叶うというのが「横濱三塔物語」です。
ピンクのマーカーが横濱三塔です。

横濱三塔
(2009年に横浜開港150周年を記念して復元された「象の鼻防波堤」(地図中央、象の鼻パークの「ク」の文字に向かって伸びている防波堤)にもビューポイントのマークが付けられました。)

は神奈川県庁分庁舎前の歩道です。キングの塔とは道路(日本大通り)を挟んで向かい側の歩道になります。
横濱三塔


横浜港大さん橋国際旅客ターミナル「くじらの背中」です。
横濱三塔
上の写真の場所から覗き込むと、下の写真の様なマークが見えます。
たまたま飛鳥IIが入港していました。飛鳥IIの最後尾の横に見えるのがキングの塔です。
横濱三塔


赤レンガ倉庫1号館のそば。ちょっと見つけにくいのですが、岸壁に近い所にあります。
横濱三塔


横浜港大さん橋「くじらの背中」から見える横濱三塔です。
赤い矢印左からキングの塔、ジャックの塔、クイーンの塔。下方左から右に伸びている防波堤が「象の鼻防波堤」です。
横濱三塔

横浜には「横濱三塔」にちなんだお土産がいっぱいありますが、私は文明堂の「横浜三塔物語カステラ」が好きです。味は普通の文明堂のカステラなんですけどね。

下は文明堂の「横濱三塔物語カステラ」。
ホワイトチョコレートで細かい線を描いている。
190g=704円。  580g=1785円もある。

横濱三塔

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.