Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

気になるリンゴ2013年01月08日 14時15分05秒

青森のお土産「気になるリンゴ」です。
パッケージを見て「気になるソンゴ」?と思ってしまいましたが、私もバカではありません。イラストを見れば分かります。「リンゴ」です。
「ソンゴ」と読んだ時点でバカかもしれませんが・・・

リンゴ1個を丸ごとパイ生地で包んであるだけに、縦横11㎝高さ10㎝の箱にデ~ンと入っています。
重さはキティちゃんの1/3、高さはキティちゃんの1/5???
気になるリンゴ

半分に割ってみると、パイの中には青森名産の「ふじ」が丸ごと入っています。
リンゴはシロップ漬けにしてあって、シャキッとしたリンゴらしいた歯ごたえがたまりません。
芯を綺麗にくり抜いて、中に入っているのもリンゴのコンポートでしょうか。こちらにもリンゴのシャキシャキ感が残っています。
リンゴは皮ごとシロップ漬けにしてあって、普通のアップルパイとは違った味と食感を楽しめます。
気になるリンゴ

作っているのは弘前市の「(株)ラグノオささき」という会社。
ラグノオは津軽弁で「らくのう(酪農)」の訛り?・・・じゃないようです。
「ラグノオ」はなんと、フランス語で「RAGUENEAU」と表記しています。
これは、戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」(現在日本では1月6日から有楽町の日生劇場で上演中)に登場する菓子職人の名前です。
パリのルーブル美術館近くにある「LE RAGUENEAU」というレストランを思い出す方も多いかもしれませんが、このレストランは「ラグノオささき」とは無関係のようです。

「気になるリンゴ」、6年前に食べたユーハイムの「HONIG APFELBAUM」以来の感激!!観劇の方はまだ余裕があります

コメント

_ 小川泰文 ― 2013年01月13日 09時56分44秒

木になるリンゴであると普通なんですが、発想が面白いです。気になるから不思議です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2013/01/08/6684928/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.