Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

神奈川県庁本庁舎 デジタル掛け軸2013年08月17日 17時48分48秒

横浜三塔の内、キングの塔の愛称で親しまれている神奈川県庁本庁舎が14・15・16日の3日間、初めて夜間に一般公開されました。
屋上からは横浜港が一望できます。
 神奈川県庁本庁舎屋上より横浜港を望む

昨日16日にはキングの塔がデジタル掛け軸と称するプロジェクションマッピングで彩られました。
デジタルアーティストの長谷川章氏が手掛ける色とりどりの幾何学的な映像がゆっくりと変化しながら、19時から21時の2時間にわたって投影されました。
神奈川県庁本庁舎(キングの塔) デジタル掛け軸
神奈川県庁本庁舎の高さは約49mです。そこに12台のプロジェクターを使って映像を映し出します。
神奈川県庁本庁舎(キングの塔) デジタル掛け軸

県庁前の日本大通りを埋め尽くすほど多くの人が見物に訪れました。
神奈川県庁本庁舎(キングの塔) デジタル掛け軸

プロジェクターの前に溢れた人の背中にも映像が投影され、見物客も作品の一部となってしまいます。
神奈川県庁本庁舎(キングの塔) デジタル掛け軸

よく行われているプロジェクションマッピングの様に建物の立体感を利用した映像内容でもなく、ストーリー性も無いのですが、同じ絵柄は2度と表れないと言われる一期一会の幾何学模様が幻想的な雰囲気を創り出していきます。
神奈川県庁本庁舎(キングの塔) デジタル掛け軸
神奈川県庁本庁舎(キングの塔) デジタル掛け軸

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.