Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

上野公園の大島桜2014年04月01日 11時45分20秒

上野恩賜公園の不忍池の畔に咲いている大島桜(オオシマザクラ)です。
大島桜の花色は白色が多いのですが、この花にはピンク色が混ざっています。
もしかしたら、他の種類かも・・・
上野恩賜公園の大島桜(オオシマザクラ)

上野恩賜公園の大島桜(オオシマザクラ)
花弁にピンクの縞模様が入っています。可憐な感じがします。
上野恩賜公園の大島桜(オオシマザクラ)

こちらの木には「大島桜」と標識が付いているのですが、こちらも少しピンク混じりです。
上野恩賜公園の大島桜(オオシマザクラ)

大島桜は新葉と花が同時に成長します。
桜餅を包んでいる桜の葉は大島桜の葉を塩漬けにしたものが使われます。
大島桜の葉は裏側に産毛が無いので、桜餅の葉には大島桜が最適なんだそうです。

全国で7割の生産量を誇る伊豆半島・松崎町では、4月から5月上旬にかけて高さ1mほどの桜の葉を栽培している畑が見られます。花が咲いていないので、一見大島桜の葉とは気付きません。
葉を6ヶ月から1年程塩漬けにすると、くまモン、いや、クマリンという成分が桜餅独特の良い香りを作り出します。

私は桜餅は長命寺より道明寺の方が好きです。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.