Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

六本木ヒルズ ゴー・ビトゥイーンズ展2014年08月08日 18時54分18秒

六本木ヒルズ森美術館で開催されている「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」を見てきました。
5月31日からやっていたのですが、会期終了間際にならないとなかなか足が向かない私です。
8月31日まで開催しています。

19世紀後半のニューヨークで貧しい移民の暮らしを取材した写真家ジェイコブ・A・リースは、英語が不自由な両親の橋渡しとしてさまざまな用務をこなす移民の子どもたちを「ゴー・ビトゥイーンズ(媒介者)」と呼びました。

ゴー・ビトゥイーンズ展は、世界各地のアーティスト約20組の作品に表れる子供のイメージを通し、そこから見えてくる社会の諸相を観察するともに、新たな視点で現代社会を展望する展覧会です。
ゴー・ビトゥイーンズ展

ゴー・ビトゥイーンズ展
近藤聡乃(こんどう あきの)さんの作品は若い女性たちに人気があります。
ゴー・ビトゥイーンズ展

山本高之(山本たかゆき)さんの作品では、5月に行われたワークショップで子供たちが作った「地獄」を展示し、その子供たちが自分の作った作品を紹介する映像が流されます。
タイトルは「どんなじごくへいくのかな」。
ゴー・ビトゥイーンズ展

色々な作者の作品に対する「こどもたちのこえ」が書かれています。
素朴な発想の意見に驚かされ、笑わされます。必読です。
ゴー・ビトゥイーンズ展

会場には「えほんのとしょかん」もあり、自由に読むことが出来ます。
ゴー・ビトゥイーンズ展

森美術館は六本木ヒルズ・森タワーの53階にあり、入館料は大人1500円、高校・大学生1000円、4歳~中学生500円ですが、52階の展望台「東京シティビュー」にも入館できます。
営業時間は六本木ヒルズや森美術館のホームページで確認してください。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.