Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

汐留シティセンター・パナソニック東京汐留ビル イルミネーション2014年12月25日 12時55分49秒

Merry Christmas

汐留シオサイトの「汐留シティセンター・パナソニック東京汐留ビル 2014イルミネーション」は来年1月12日(月)まで開催されます。
「White forest & Happiness flying Birds ~はばたき~」と題し、11年目を迎えた汐留シティセンターとパナソニック東京汐留ビルが華やかに彩られています。
White forest & Happiness flying Birds~はばたき~
11年目のリスタートをイメージした真っ白な森と羽ばたく鳥たちが、四季の色にあわせて美しく幻想的に染まります。
ショータイムでは、色鮮やかな光と音楽で、鳥たちが群れをなして飛翔するシーンが演出され、さらに華やかさが増します。
White forest & Happiness flying Birds~はばたき~
飛翔する鳥たちが目指すのはHappiness & Future。
今日はクリスマス。未来に向かって、幸福を求めて羽ばたこうではありませんか。
White forest & Happiness flying Birds~はばたき~

【開催期間】 2014年11月14日(金)~2015年1月12日(月)
【開催場所】 汐留シオサイト B街区 汐留シティセンター・パナソニック東京汐留ビル 
【点灯時間】 16:00~23:00

LE SALON DE NINA’S PARIS2014年12月26日 18時50分44秒

♪紅茶のおいしい喫茶店  白いお皿にグッバイ...バイ...バイ
LE SALON DE NINA’S
柏原よしえの「ハロー・グッバイ」を思わず口ずさんでしまう、フランス生まれの紅茶「NINA’S」の紅茶専門店「LE SALON DE NINA'S PARIS(ル サロン ド ニナス パリ) クイーンズスクエア 横浜」です。

フランスのサロン・ド・テをイメージした落ち着いた内装の店内で、ゆっくりと紅茶を楽しむことが出来ます。
開放感たっぷりのオープンテラスもあり、大観覧車など、みなとみらいの景色が一望できます。
お昼はカフェとして、夜はお洒落な夜景の見えるレストランとして人気があるお店です。
LE SALON DE NINA’S
手前:ピーチスフレショート 奥:みつ姫タルト 共に飲み物とセット価格で1,391円(税込)です。
紅茶はマリーアントワネットブレンドを頂きました。
神奈川県横浜市西区みなとみらい クイーンズスクエア横浜[アット!]1st 2F
営業時間:11:00~22:00
お休みは、クイーンズスクエア横浜[アット!]に準じます。


柏原よしえ?柏原芳恵じゃないの?と思うかもしれませんが、「ハロー・グッバイ」発売当時の1981年は「よしえ」でした。1982年10月に「芳恵」になっています。
芸名は「かしわばらよしえ」と読みますが、本名は「かしはらよしえ」(柏原芳恵)と読みます。
「ハロー・グッバイ」は1975年に発売されたアグネス・チャンの「ハロー・グッドバイ」(「冬の日の帰り道」のB面)のカバー曲です。

カレッタ汐留 和食えん 汐留店2014年12月27日 23時56分52秒

カノン・ダジュール Canyon d‘Azur ~光の渓谷へ~』カレッタ汐留
カレッタ汐留Caretta Illumination 2014 は来年1月12日(月・成人の日)まで開催されています。(1月1日・2日は全館休館)

昨日12月26日に、クリスマスも終わったから空いているだろうと思って見に行ったら、なんと!このくそ寒いのに大変な混雑です。
寒いからってみんなで「おしくらまんじゅう」をしているみたいな状態です。

46階のスカイレストランで食事をしようと、ダイニングバー「響」へ入ろうとしたら、「申し訳ありません。予約で満席になっておりまして・・・」。
同じフロアにある九州料理の「博多うまかもん 若どり」に入ろうとしたら、「申し訳ありません。予約で満席になっておりまして・・・」。
もうクリスマスでも何でもない日なのに・・・・・あっ、今日は多くの会社が仕事納めだった!
それにしても、こういう所で忘年会が出来る会社は羨ましいなぁ。うちの会社なんか、甘太郎だよ。

仕方がないので、隣のビル「汐留シティセンター42階へ。
去年も利用して私のお気に入りに入っている「和食 えん」。このフロアは照明も薄暗く高級感に溢れていて、ちょっと気おくれしてしまいますが、意外とリーズナブルなお店です。
空いているかと思ったら、ここもお客さんがいっぱいで、調理場前のカウンター席しか空席がありませんでした。
絶景の夜景を見る為には首を180度回転させなければいけませんが、調理場のオジサンやお姉さんの包丁さばきを見ながら食事をするのも楽しいものです。

午後3時頃に恵比寿ガーデンプレイスの「バーガーキング」でフレッシュアボカドワッパーを食べたので、あまりお腹が空いていません。

取り敢えず、ビールとお刺身六点盛りです。
ビールはサントリーモルツで650円。価格は全て税込表示なので嬉しいです。
お刺身六点盛りは3,980円。
カレッタ汐留 和食えん 汐留店
ウニは、安いウニによくある独特のアンモニアの様な臭みは全く無く、美味しい。
マグロ中トロも脂が多過ぎも無く、少なすぎも無く、トロッと舌にとろけます。
カンパチの歯ごたえ、すごい!ボタンエビの身は氷の中に埋もれていて、ちょっと冷たい食感が口の中で旨みに変わります。

焼き殻牡蠣です。600円。
カレッタ汐留 和食えん 汐留店
2杯注文したのですが、「申し訳ありません。1個しかございません。」って、誰が食べるか喧嘩しろって?・・・・・私はレモンの皮だけかい!

鮟鱇の唐揚げ。1,200円。
カレッタ汐留 和食えん 汐留店

大山鶏のぼんじり・せせり盛り合わせ。980円。
カレッタ汐留 和食えん 汐留店
ぼんじりは尾骨の周りの肉で、周囲を脂肪の塊が覆っている、わずかしか取れない部分です。
骨も付いているのでガブッと食べるわけにはいきませんが、ジューシーでとろけるような口当たりが、たまりません。
せせりは首の剥身で、こちらも希少部位です。
尻尾と首、両極端な部位のコラボですが、こちらはぼんじりと違って弾力のある歯ごたえです。

お腹は減っていないと言いながら、生ビール3杯と生グレープフルーツサワー(650円)を飲んで、もうお腹一杯で動けません。

お通し:1名550円と、奉仕料:会計金額の10%は否応なく徴収されてしまいます。

北海道料理 札幌 銀鱗 ラゾーナ川崎店2014年12月28日 23時59分30秒

忘年会の季節です。クリスマスイルミネーションの時期が終わると、夜は忘年会で忙しくなります。

CD発売記念のミニ・コンサートなどが頻繁に行われるので有名なラゾーナ川崎プラザの4階にあります。
札幌 銀鱗は、札幌中央卸売市場や北海道内の漁港から直送された新鮮な食材を使っているのが売りのお店です。

《かにいっぱいサラダ》 980円+税
かに一杯サラダ
レシートには「かに一杯サラダ」と書いてあります。カニを一杯丸ごと使っているんだろうか、カニが一杯(たくさん)の意味なんだろうか?
この値段ですが、本当にカニがいっぱい入っていて、カニカマじゃなくて本物です。

《刺身5点盛り》 1,780円+税
刺身5点盛り
マグロ、さざえ、サーモン、ボタンエビ、ウニの5点盛りです。
エビはもう一尾マグロの後ろに隠れています。ふふふっ、そんな所に隠れても見つかっちゃってるよ。

《ジンギスカン鉄板焼》 840円+税
ジンギスカン鉄板焼
一人前ですが、けっこうボリュームがあります。ご飯を貰えばこれだけで済んじゃいそうです。

《きんき煮付》 2,880円+税
きんき煮付
きんきの煮付を扱っているお店は、なかなかありません。
旬の冬の時期だけ、わずかなお店でしか味わうことが出来ないので、メニューに載っていたらとにかく注文するようにしています。
きんきは金目鯛に比べてかなり小さい魚なので、食べるところはあまり有りません。
でも、このきんきはかなり大きいです。 脂がのっていて美味しい! 満足!

《ずわい蟹の天ぷら》 920円+税
ずわい蟹の天ぷら
ズワイガニの足の天ぷらです。2本のっています。
カニの間にある石のように見えるのは、食べてみましたが、やっぱり石です。食べられません。

《いか塩辛》 460円+税
いか塩辛
思ったより量が多いので、やはりご飯が欲しくなります。
塩分控えめで臭みも無く、上品な味です。これならご飯無しでも大丈夫。生ビールから八海山(830円+税)に変えました。

《鮭ルイベ》 630円+税
鮭ルイベ
北海道の郷土料理、鮭のルイベです。ルイベという名称は、アイヌ語の「ル・イペ(融けた食べ物)」に由来するそうです。
以前、仕事で北海道に行った時に食べた鮭のルイベと鹿のルイベが美味しくて、首都圏ではなかなか食べられないので、久しぶりのご対面がうれしいです。
半分凍ったシャリ~ン感が美味しさを倍増させます。 あっ、美味しい♡

和食ダイニング 隠れ房 川崎店2014年12月29日 23時59分30秒

京急川崎駅前にあるDICE7階に入っている「和食ダイニング 隠れ房」に行ってきました。
春にも一度行った事があるのですが、その時は「かまくら」のような形の半個室に通されました。
今回はテーブル席を板で囲ったような半個室です。

ベジタブルファーストで、まずは野菜から。《国産野菜のバーニャ・カウダ》 1,300円(税込1,404円) です。
国産野菜のバーニャカウダ
アンチョビをメインとしたソースにフォンデュの様に野菜を付けて食べます。
イタリア・ピエモンテ州の言葉で、バーニャは「ソース」、カウダは「熱い」という意味があるそうです。
野菜がどれも新鮮で、このまま食べても甘みがあって充分美味しく食べられます。

《お造り五種盛り》  3,500円(税込3,780円)
お造り
あれっ?7種あるようなんですけど・・・まっ、いいか。
あっ、お箸(割り箸ではありません)が汚れていたのでイチャモン付けたから、そのお詫びかな?
刺身の盛り合わせに「こはだ」は珍しいですね。
「旬魚を氷塩水〆にすることで魚本来の旨味を引き出し、季節の香味野菜と酢〆野菜をつまに見立て、自家製の土佐醤油で愉しむこだわりのお造り」だそうです。新鮮で美味しいです。

京鴨の朴葉燻製     850円(税込918円)
京鴨の朴葉燻製
京鴨と言うのは、京都の山城農産株式会社という会社が生産している合鴨のブランド名(登録商標)です。
朴葉燻製は、朴葉を使って自家燻製しているそうです。

黒豚の角煮  1,100円(税込1,188円)
黒豚の角煮
にんにく、生姜、八角で風味を付けているそうです。とても柔らかく、口の中でとろけます。
味が染みた大根も美味しい!

なんだか、ほとんど前回と同じものを注文してました。

生ビールはアサヒスーパードライ 580円(税込626円)。
ジョッキじゃなくてタンブラーです。一人で5杯飲んでも全然平気です。平気じゃないのは財布の中身です。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.