Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

東京ディズニーリゾート Vol.11 バケーションパッケージ2016年04月20日 12時24分21秒

と続けてきましたが、今日はその最終回、Vol. 11 バケーションパッケージです。

バケーションパッケージはホテルに一泊以上宿泊することを前提としたパッケージです。
ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル、東京ディズニーセレブレーションホテルといったディズニーホテルや、オフィシャルホテル、パートナーホテルへの宿泊で利用する事が出来ます。
注)プランによって、利用できるホテルや客室が制限されます。

利用目的によっていろいろな特典があり、「期間限定プラン」「誰と行くかで選ぶ」「目的で選ぶ」という、自分の目的にあったプランの探し方が用意されています(こちらから)。

6か月前から予約を受け付けますが、ディズニーホテル(ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル、東京ディズニーセレブレーションホテル)の人気の部屋はすぐに満室になってしまうので、6か月以上前から計画を立てるのが理想です。

まず、自分に合ったパッケージを選びます。
パッケージの内容と、選択できるホテルと部屋が表示されているので、「このバケーションパッケージを予約する」をクリックして予約に進みます。
また、こちらのサイトの下の方にある「バケーションパッケージってなに?」をクリックすると、「バケーションパッケージ一覧」画面が表示されるので、宿泊日、人数、利用したいホテル等を入力すると、選択できるパッケージプランが表示されるので、そこからパッケージを選ぶことも出来ます。

バケーションパッケージの支払いは、基本的に申込時にクレジットカードで一括払いですが、銀行振込、郵便・コンビニ振込で全額一括の支払い(一括払い)または申込金と残金に分けての支払い(分割払い)が選べます。

宿泊日の1週間前位になるとチケット等のパッケージキットが届けられます。
以前は、申し込み順でホテル利用日の2週間くらい前からパッケージキットが送られてきていたのですが、今は、申込日に関係なく一週間前を目安に配達されるようにしているようです。

バケーションパッケージの共通特典として
※東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、どちらのパークも1日目から自由に行き来できる「2DAYパスポートスペシャル/3DAYマジックパスポート・スペシャル」
※時間指定のない「ファストパス・チケット」
※東京ディズニーリゾート内の各施設を結ぶディズニーリゾートラインに滞在期間中に何度でも乗れる「ディズニーリゾートラインフリーきっぷ」
※「選べるオリジナルグッズ」
※「フリードリンク券」
※「チケットホルダー」
があります。
届けられたパッケージキットは、バケーションパッケージ・オリジナルクリアファイルの中に入れられています。
ディズニーホテルのホテルガイドと、バケーションパッケージを上手に利用するためのガイドブック、ディズニーリゾートラインフリーきっぷ、オンラインで記念写真の購入が出来るフォトキーカード、各種チケットなど。
『マルチデーパスポート・スペシャル(入園パスポート)やファストパス・チケット、フリードリンク券、チケットホルダー引換券、オリジナルグッズ引換券、プランによってショー鑑賞券、パークレストラン利用券、ホテルレストラン利用券、ルームサービス利用券、ショーレストラン引換券、ビビディ・バビディ・ブティック利用券、キャラクターグリーティング利用券など』はA4サイズの紙に印刷されていますので、自分で切り離して使います。
東京ディズニーリゾート バケーションパッケージ

パークに着いたら、まずチケットホルダー引換券でチケットホルダーを貰いましょう。引き換え店舗はガイドブックに書かれています。

チケットホルダーは横幅約12㎝で、ファスナー付きの小銭入れのようになっています。
たくさんのチケットを持ち歩く事になるので、チケットはまとめてファスナー付きポケットの中か、写真右側のビニールポケットに入れておくと便利です。
東京ディズニーリゾート バケーションパッケージ
フリードリンク券はビニールポケットの一番手前に入れておいて、いつでも見せられるようにしておきましょう。ディズニーランド23店舗、ディズニーシー21店舗(2016年4月現在)でカップ入りのソフトドリンク(ホット&コールド)が無料で貰えます。見せるだけなので、対象の店舗で滞在中何回でも使う事が出来ます。でも、欲張るとお腹を壊してしまいます。

チケットホルダーの引き換えが出来る「ショップ」ではオリジナルグッズも貰う事が出来ます。
「オリジナルグッズ引換券」で交換しましょう。
2016年4月現在は「フォトフレーム」「2WAYバッグ」「トラベルポーチ&ウォッシュタオル」「ステーショナリーセット」から選べます。
私は2WAYバッグにしました。縦370mm、横295mm、幅135mmと、充分な大きさがあり、上部は巾着袋のように口を絞って蓋をする布が付いています。

リュックとショルダーの2WAYになっています。

東京ディズニーリゾート バケーションパッケージ
2WAYバッグやトラベルポーチをすぐにランド内で使用するならチケットホルダーと一緒に引き換えてもいいのですが、持ち歩くには邪魔になります。オリジナルグッズはホテルに帰る直前に貰った方がいいようです。

さて、バケーションパッケージは果たしてお得なパッケージなんでしょうか?
パッケージの種類によって、ショーやパレードを並ばなくても特等席で見られたり、時間指定のないファストパスが手に入ったり、キャラクターグリーティングやビビディ・バビディ・ブティックの時間予約が出来たり、ショーレストランの予約やパークレストランのプライオリティシーティング、ホテルのルームサービスなどいろいろな特典があるので、パーク内で時間を有効に使えて、労力もかなり少なく済みます。
でも、それなりの対価は要求されます。金額とメリットのつり合いがとれているかどうかは、利用者がその特典を要求する度合いで変って来ると思います。
ショーやパレード中心のプランを選んだ場合、雨で中止になるというリスクもあります。(中止の場合はファストパスとして使えます)
費用対効果が高いか低いかは、利用する人の特典の価値観によって決まるようです。
私としては、行動力のある若者グループが利用するにはちょっと金額的に勿体無いんじゃないかなと思います。
一生のうち一回くらいしか来られない人、遠距離からの家族連れ、高齢者などにはおすすめです。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.