Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「南阿蘇鉄道“希望の光”復興祈念切符」2016年05月10日 13時17分37秒

4月14日の前震、16日の本震と、熊本を震源とした地震では建物の倒壊や土砂崩れなどにより、多くの方が被災されました。

その熊本地震から1ヶ月が経とうとしています。
報道では多くは取り上げられていませんが、熊本県の阿蘇山南麓を横断する、トロッコ列車で人気の第三セクター「南阿蘇鉄道」が今回の地震で甚大な被害を被っています。
土砂災害による線路の分断や、橋、トンネルなどに深刻な被害を受けて、現在でも全線運休しており、復旧には少なくとも30億円、最短で1年以上を要する見通しだといわれています。
14日午後9時26分の前震の後、15日には「16日(土)始発から運転再開の予定」との見通しを発表していましたが、16日午前1時25分の本震で壊滅的な被害を受けてしまいました。

南阿蘇鉄道は、熊本県阿蘇郡高森町の「高森駅」と阿蘇郡南阿蘇村の「立野駅」の17.7キロを結ぶ高森線を運営する第3セクターです。国鉄民営化で廃止された高森線を引き継ぎ、1986年に営業を始めました。わずか13人(2016年4月現在)の従業員で運営しているローカル線です。
日本一長い駅名の「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」がある事でも知られ、「阿蘇下田城ふれあい温泉駅」という長い駅名を持つ駅もあります。

窓ガラスの無いトロッコ列車が原始林を走り抜け、高さ64.5mの鉄橋(第一白川橋梁)を渡る・・・・観光客の利用が多く、トロッコ列車「ゆうすげ号」による収益が45%を占めるといいます。
南阿蘇の山々と田園風景の中を行くのんびりしたローカル線が人気を呼んでいます。

そんな南阿蘇鉄道の未曾有の危機を救おうと、第3セクター仲間が立ち上がりました。
南阿蘇鉄道を支援するため、全国の第3セクター鉄道公募社長4社が共同で復旧祈念切符「南阿蘇鉄道“希望の光”復興祈念切符」を販売することになりました。
※本社茨城県ひたちなか市の「ひたちなか海浜鉄道
※本社千葉県大多喜町の「いすみ鉄道
※本社秋田県由利本荘市の「由利高原鉄道
※本社鳥取県若桜町の「若桜鉄道
の4社です。
この4社は社長が全て一般公募で選ばれたという縁があります。

販売価格は1セット1,000円。うち、印刷代などを除いた700円が南阿蘇鉄道に支援金として入ります。
下の写真は「南阿蘇鉄道“希望の光”復興祈念切符」で、上半分が表、下半分が裏です。
南阿蘇鉄道復興祈念切符「希望の光」
全面運休中の南阿蘇鉄道を除く4社の有人駅や売店で購入できます。由利高原鉄道のウェブショップでも販売していますが、現在、申し込みから配達まで10日から3週間位かかる場合もあるという事です。

販売開始日は4月29日。切符には 28.4.29 の日付が入っています。
セット内容はいずれも硬券で、
若桜鉄道=若桜駅入場券・・・若い桜も将来に向けて咲き、復興の花が咲きますように。
いすみ鉄道=大多喜駅入場券・・・復興を遂げ、大きく多くの喜びがありますように。
南阿蘇鉄道=高森→立野駅乗車券・・・全線復旧を願って、始発駅から終点までの全線乗車券です。
ひたちなか海浜鉄道=勝田駅入場券・・・「勝った」。困難に打ち勝ち、田の稲のように力強く歩めるように。
由利高原鉄道=子吉駅入場券・・・子供たちの未来に吉が訪れますように。
という願いを込めた5枚がセットになっています。

券面金額の合計は1,100円になりますが、発券日付が4月29日なので使用することは出来ません。
普通に寄付をするよりも、1セットに付700円が確実に南阿蘇鉄道復興の支援金として使われるのであれば、700円を寄付する為に1,000円を出して、記念になるような品物が貰えるのは嬉しい事ではないでしょうか・・・

切符の裏側には発行番号が入れられていますが、5枚全ての番号が同じになっています。
南阿蘇鉄道復興祈念切符「希望の光」
3セット購入しましたが、0580、0581、0582の連番になっていました。
シリアル番号のように見えますが、これは普通の鉄道切符のように9999を超えると、数字的には0000に戻ってしまうんでしょうね。(正確には0001から始まるので1万枚目の0000は最後の数字です)。

話は変わりますが、昔、テンパズルと言ってこの4つの数字を四則計算(+-×÷)して10にするという遊びがありましたね。MAKE10(負け10ではなくメイクテン)ともいいます。
0580、0581は+-×÷だけでは10にはなりません。
0582。これは超簡単ですね。0×5+8+2=10です。
数字の組み合わせは0001から0000までの1万通りがあり、その内8,147通りで10が作れるそうです。(数字の並び替えはOKです)
計算フォームのサイトもあります。身近にある4桁の数字でやり始めるとクセになります。

話を戻して、「南阿蘇鉄道“希望の光”復興祈念切符」です。
同鉄道は観光列車であると同時に、地域住民にとっては生活の足です。立野駅でJR豊肥線に乗り換えて熊本市方面への通勤・通学などにも利用されていました。
南阿蘇鉄道では南阿蘇鉄道 復旧義援金の専用口座を開設しています。
「南阿蘇鉄道“希望の光”復興祈念切符」で支援をしたい方は由利高原鉄道のウェブショップで。

少しでも早い復旧をお祈りいたします。

コメント

_ モモタロウ ― 2016年05月16日 10時40分44秒

大変嬉しい取り組みですね。お互い様の気持ち大変嬉しく感じます。鉄道は、生活の基盤一日も早い復興を願っております。管理人さん、お久し振りです。城も同じような取り組みが出来ることを願っております。

_ ☆☆☆ ― 2016年05月16日 23時54分45秒

モモタロウさん、お久しぶりです。

熊本地震の本震から一ヶ月が経ちました。
国指定重要文化財の北十八間櫓や石垣などが崩壊した熊本城の修復には莫大な費用と期間がかかりそうです。
熊本城の復活は復興のシンボルとして早急に修復して欲しいものですが、まずは人々の生活を最優先しなければいけませんね。

_ モモタロウ ― 2016年05月17日 06時23分24秒

そうですね、それが最優先でしょう。大阪も動いてほしいですね。

_ 猫めん ― 2016年08月11日 19時45分45秒

こんにちは
このきっぷ東京の書泉グランデでも販売しています。
近辺のかたは利用されたらいかがでしょう。
わたくしも一口のせていただきました

_ ☆☆☆ ― 2016年08月12日 09時41分29秒

猫めん様、情報をありがとうございます。

神田神保町の書泉グランデですね。書泉グランデのホームページを今見てみたら、系列店の秋葉原・ブックタワーでも販売しているようです。
南阿蘇鉄道は7月31日に一部区間(高森ー中松)の運転が再開されています。
皆さんの支援のおかげだと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為、よろしくお願いします。

去年の流行語大賞・年間大賞は? ※答えは「神ってる」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2016/05/10/8087186/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。