Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

六本木の国立新美術館でダリ展2016年09月20日 23時00分11秒

六本木7丁目にある国立新美術館で、14日(水)から「ダリ展」が開催されています。
ダリ展

ダリ展

今回のダリ展は、ガラ=サルバドール・ダリ財団(スペイン)、国立ソフィア王妃芸術センター(スペイン)、サルバドール・ダリ美術館(米)と、3つの主要なダリコレクションが日本で初めて一堂に会する本格的な回顧展です。

絵画や彫刻だけでなく映像作品や文筆などにも果敢に挑み、セルフ・プロヂュースにもたけたダリの魅力が、油彩、ドローイング、オブジェ、ジュエリー、書籍、映像など約250点の作品で紹介されています。
「アンダルシアの犬」や「黄金時代」など映像作品も上映されていますので、是非時間に余裕をもって行っていただきたいと思います。

展覧会は、
CHAPTER1:初期作品(1904~1922)
CHAPTER2:モダニズムの探求(1922~1929)
CHAPTER3:シュルレアリスム時代(1929~1938)
CHAPTER4:ミューズとしてのガラ
CHAPTER5:アメリカへの亡命(1939~1948)
CHAPTER6:ダリ的世界の拡張
CHAPTER7:原子力時代の芸術(1945~1950s)
CHAPTER8:ポルト・リガトへの帰還、もしくは晩年の作品(1960s~1980s)
の8つの章で構成されています。

ダリ展」開催概要
開催会場:国立新美術館 企画展示室1E
開催期間:2016年9月14日(水)~12月12日(月) 毎週火曜日休館
開館時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで ただし、10月21日(金)、22日(土)は、22時まで
       ※入場は閉館の30分前まで
観覧料:1,600円(一般) 1,200円(大学生) 800円(高校生) 表示は税込
       ※中学生以下および障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は入場無料 


写真上は図録と入場券です。図録は税込2,900円。
ダリ展
グッズ売り場壁面に巨大な「ガラガラ」(ガチャ?)があり、1ダリという紙幣1枚で1回ガラガラが出来ます。1ダリには、日本の貨幣300円で両替してもらえます。
ガラガラを回すと白い卵のカプセルが出てきて、中にはダリの作品のシールとピンバッチが入っています。
ダリ紙幣は返してくれるので、お持ち帰りが出来ます。
結構楽しいです。

ミュージアム・グッズはかなりの種類がありますが、私はやっぱりお菓子系です。
「クアトロえびチーズ」。税込1,200円です。
立方体のパッケージの中にクアトロえびチーズが10袋入っています。
カマンベール&ブラックペッパー、モッツァレラ&バジル、ゴルゴンゾーラ&ハニー、チェダー&
の4種類で「クアトロ」です。
クアトロえびチーズといえば香川県観音寺市の志満秀(しまひで)ですが、販売者は東京・神田の会社になっています。多分この会社が企画して志満秀で作っているのではないでしょうか?

立方体のパッケージには5面にダリの作品が印刷されています。

ラファエロの聖母の最高速度(1954年頃)

見えない男(1932年)

奇妙なものたち(1935年頃)

謎めいた要素のある風景(1934年)

ファン・デ・エレーラの「立方体論」について(1960年頃)
立方体の中に入っていたのはチーズ味の「えびせん」でした。

コメント

_ 佐藤由紀子 ― 2017年03月05日 01時51分47秒

お聞きしたいことがあります。申し訳ございませんが、ダリ展の半券をお持ちでしたらおいくらかで譲っていただけないでしょうか?
ご返答お待ちしております。

_ 管理人 ― 2017年03月06日 13時17分13秒

佐藤由紀子様、
ごめんなさい。

私は、気に入った展覧会では図録を買うので、図録の最終頁(白いページ)にテープ糊で半券を糊付けしてしまいます。
後日調べ物などで図録を見た時、開催期間の年月日が一目で分かるので思い出にもなります。
お役に立てなくてすみません。

_ 佐藤由紀子 ― 2017年04月09日 13時37分31秒

ご連絡するのがおそくなりましてすみません。
ご返答ありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為、よろしくお願いします。

去年の流行語大賞・年間大賞は? ※答えは「神ってる」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2016/09/20/8195160/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ dezire_photo & art - 2016年10月11日 18時46分43秒

シュルレアリスムSurrealisme exhibition -Paris Pompidou Centre possession work exhibition 2011年、六本木の国立新美術館でパリ・ポンピドゥセンター所蔵の傑作が来日しシュールリアリズム美術の全貌を見ることができました。2016年ダリ回顧展を鑑賞していくうえで。シュールリアリズム美術の理解が不可欠と考え、「シュルレアリスム」とは何か?も含めて、シュルレアリスムの全貌を回顧し、考察してみました。呼ばれているので、以下使い慣れたシュールリアリズムという言葉を使って書かせていただきたいと思います。なお、日本では、英語流にシュール…