Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

神の手●ニッポン展 II2016年12月01日 13時40分21秒

目黒雅叙園で「神の手ニッポン展 II」が開催されています。
匠を感じる。繊細さが見える。「神の手ニッポン展」とは、そうした日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代のセンス&フィールドで意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展です。

目黒雅叙園エントランスに飾られたクリスマスツリー。このオーナメントも「神の手」によってつくられています。
目黒雅叙園のクリスマスツリー
クリスマスツリーの装飾に使用されている水引オーナメントは、本展に出展している水引工芸家・内藤敏子氏による作品です。
創業88年を迎えた目黒雅叙園にちなみ、88個の水引によって彩られた「和風のクリスマスツリー」です。

「みやび」 内藤敏子 2016年

「和宝石箱1」
エッグアート
エッグアーティスト 遠藤一恵氏の作品です。エッグアートとは、卵の殻に装飾を施す芸術です。
この作品にはダチョウの卵を使っています。

「あこがれ(バイク)」 
レザーアート
レザーアーティスト 本池秀夫氏の作品です。一部の金・銀を除いて、すべて牛皮・羊皮でつくられています。

「アルフォンス・ミュシャ〔夢想〕ねこバージョン」。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
アルフォンス・ミュシャの「夢想」を基に作成された、ペーパーアーティスト 中山ゆかり氏の作品です。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
花や衣装の一つひとつを繊細なペーパークラフトで見事に再現しています。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
名画をモチーフにした作品が人気の作家ですが、今回は2009年「第19回紙わざ大賞」大賞受賞作品「最後の晩餐」も展示されています。

このほか、「ドラえもん」や「あしたのジョー」、「三丁目の夕陽」、「男はつらいよ」など、アニメや映画等に登場する主人公の住まいの間取りを数々のシーンをつなぎあわせながら推理し、独自の1/40スケールで製作した、立体間取りアーティスト タカマノブオ氏の作品などが展示されています。

今回出展の、水引工芸家・内藤敏子、エッグアーティスト・遠藤一恵、レザーアーティスト・本池秀夫、ペーパーアーティスト・中山ゆかり、立体間取りアーティスト・タカマノブオの各氏に加えて、前回の「神の手ニッポン展」第1期に出展された、ペーパーアーティスト・太田隆司、ビーズアーティスト・金谷美帆、ミニチュアハウスアーティスト・島木英文、立体切り絵アーティスト・SouMa、ポップアップアーティスト・HIROKO、ジオラマアーティスト・山田卓司各氏の作品も展示されています。


「神の手ニッポン展 II 」開催概要
開催会場:目黒雅叙園(めぐろがじょえん) 東京都指定有形文化財「百段階段」
開催期間:2016年11月18日(金)~12月25日(日) 期間中無休
開催時間:10:00~18:00 (最終入館17:30)
入場料金:一般1,200円 学生600円 小学生以下無料
※ 障害者手帳呈示および付添者1名は、優待価格1,000円

※ 展示会場は階段での移動となります。車椅子、ベビーカー、シルバーカー等での移動はできかねます。
※ 展示会場は畳部屋のため、お履物をお脱ぎいただきます。
※ 展覧会会場は展示品保護のため、空調を制限する場合がございます。

青の洞窟 SHIBUYA2016年12月02日 13時00分00秒

11月22日(火)から2017年1月9日(月・祝)にかけて、「青の洞窟 SHIBUYA」が開催されています。
このイベントは、2014年に目黒川で行われて大好評になった「Nakameguro青の洞窟」の第二弾となるイルミネーションイベントです。2年ぶりに渋谷で復活しました。

渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木までの約750mを約55万球の青色LEDライトで彩り、渋谷の街を美しい青い光で染めています。
渋谷駅ハチ公前から西武渋谷店A館⇒B館と進むとMODIがあります。MODI前が渋谷駅からの青の洞窟への入口になります。
青の洞窟 SHIBUYA
渋谷公園通りも青一色に染められています。
青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA

代々木公園ケヤキ並木に入ると、イタリア・カプリ島の「青の洞窟」を彷彿とさせる光景が広がります。
青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA
ケヤキの枝先にまで飾られた青色LEDの光が青いトンネルを作り、路面に敷かれた反射マットがそれを反射して「青の洞窟」の水路を作りあげています。
青の洞窟SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA」開催概要
開催期間: 11月22日(火)~1月9日(月・祝)
開催場所: 代々木公園ケヤキ並木~渋谷公園通り(約750m)
点灯時間: 17:00~23:00
   ※11月23日、12月4日、12月25日、1月9日は19:00頃の点灯開始を予定
   ※点灯時間は日によって変更となる場合があります
入場料金: 無料


目黒のフランス料理店 キャス・クルート2016年12月05日 13時00分14秒

目黒駅から歩いて5分程のオフィスビルや住宅街の中にひっそりと佇む(?)フレンチのお店「キャス・クルート」。
プリフィックスの先駆けとして目黒にオープンして以来、 23周年を迎えたそうです。
ランチタイムはマダム達でいっぱいなので、平日でも予約は必須です。13時過ぎからラストオーダーの14時の間なら空席がある場合もあるようです。

プリフィックスランチは1,600円、2,100円、2,600円の3種類。
プリフィックス(プリフィクスとも言う)というのはオードブルやメイン料理などを決められた数点の中から選ぶコース料理のことです。
「1,600円のコースは平日のみ」という事なので、なんかお得感を感じて1,600円のコースを注文しました。
オードブル、メイン料理、デザートはそれぞれ数品の中から選べます(追加料金が必要なものあり)。食後の飲み物はコーヒー、紅茶、ミントティーから。 パンが付きます(パンは選べません)。

オードブルは「自家製オイルサーディンとじゃがいもとトマトのサラダ」を。
オイルサーディンの鰯はオリーブ油の中で2時間ゆっくり火をいれてあるので、骨まで食べられます。

「シェフおすすめ本日のオードブル」は+500円で選べます。
鴨と玉子と、下に敷いてあるのはクレープといっていましたが、ガレットのような感じ。

メイン料理から「豚バラ肉のポトフ」です。
右下はマスタードです。豚バラ肉がとろとろで、スープが美味しい!味付け、ちょっと塩分多めかな・・・?

「本日のメイン料理」は+800円です。

デザートは「Blanc-manger de soja」。えっ、何?・・・「豆乳のブランマンジェ」だそうです。

こちらは「キャス・クルートお任せデザート盛り合わせ」。+500円でこちらも選べます。
手前はアップルパイ、右上はガトーショコラ、真ん中はシャーベット、左上は・・・難しくて覚えきれなかった。

料理にほんの少し塩分多め感はあったけれど、全体的にとても美味しい味付けです。

私が行った時は満席で、お客さんは30代から40代の女性グループばかりでした。中には、とうねんとって40歳という方もいらしたかもしれませんが・・・

六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション2016年12月06日 14時20分33秒

六本木ヒルズのクリスマスイベント「Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016」が、11月14日のけやき坂のイルミネーション点灯を皮切りにスタートしました。
2016年のテーマは「TWINKLE!! TWINKLE!! 家に帰っても消えない光」です。

「けやき坂Galaxyイルミネーション」では、今年も寒色系と暖色系の2種類のイルミネーションを展開して、約120万灯のLEDがけやき坂通りを照らしています。
けやき坂Galaxyイルミネーション

けやき坂Galaxyイルミネーション

寒色系は、白色と青色のLEDを使った"SNOW&BLUE"。
LOUIS VUITTONの琥珀色の壁面に、都会的で洗練された白い光が映ります。
けやき坂Galaxyイルミネーション

けやき坂Galaxyイルミネーション
白と青のLED による"SNOW&BLUE"は、降りそそぐ純白の雪の中に青い結晶の光が輝くようで、雪の舞う都会の並木道を歩くような感覚を味わえます。
けやき坂Galaxyイルミネーション

一方、暖色系は今年から光の構成が変わりました。
2013年に六本木ヒルズ開業10周年を記念してスタートしたセレブレーションカラー"CANDLE&RED"は、燃えるような赤い光が紅葉のように綺麗なのですが、ちょっと どぎつ過ぎてあまり好評ではありませんでした。 下の写真は2013年に撮影した"CANDLE&RED"です。

今年の暖色系イルミネーションは、アンバー色(琥珀色)とキャンドル色の2色のグラデーションで構成した新色"CANDLE&AMBER"です。
けやき坂Galaxyイルミネーション
以前よりもグッと大人感が増して、落ち着いた暖かさで歩く人を包み込んでくれます。
けやき坂Galaxyイルミネーション


今年の「けやき坂Galaxyイルミネーション」では「スマホ連動企画 "Catch the Power"」が開催されています。
けやき坂通りのイーストコート前にあるジュエリーオブジェを、スマートフォンを使って、レッド・イエロー・グリーン・ブルー・レインボーの5色に変化させることが出来ます。
けやき坂Galaxyイルミネーション
専用サイトにアクセスしてスマートフォンを傾けると、オブジェの色が変化します。選んだ色に応じた光の演出やメッセージを楽しめるほか、オリジナルフォトフレームを入手して記念の1枚を持ち帰るなど、さまざまな楽しみ方ができます。
けやき坂Galaxyイルミネーション
AndroidとiOS端末のスマートフォンからアクセスできます(一部未対応機種あり)。

けやき坂通りを、普通免許で運転できる一人乗りの公道カート「マリカー(Maricar)」の集団が走り抜けていきました。楽しいですね。
けやき坂Galaxyイルミネーション

「けやき坂Galaxyイルミネーション」開催概要
開催場所:六本木けやき坂通り

開催日程:2016年11月14日(月)~12月25日(日)

点灯時間:17:00~23:00
12月16日(金)~12月25日(日)の期間は24:00まで、12月31日(土)は30:00(翌6:00)まで点灯します。

点灯タイミング:毎時00分~と30分~の10分間で"CANDLE&AMBER"が点灯/毎時10分~と40分~の20分間で"SNOW&BLUE"が点灯
17:00のみ、17:00~17:05は"SNOW&BLUE"、17:05~17:10は"CANDLE&AMBER"が点灯します。

イルミネーション内容:約1,200,000灯のLED (六本木けやき坂通りの欅65本+周辺)

ライティングデザイン: 内原智史デザイン事務所

66プラザイルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 20162016年12月07日 10時43分32秒

六本木ヒルズで開催されているクリスマスイベント「Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016」。

六本木ヒルズのエントランスにあたる「66プラザ」には、来館者をお出迎えするシンボルツリーが登場しました。
66プラザイルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016
高さ約7.5m、四角錐のクリスマスツリーです。
66プラザイルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016
白熱球の温かみのある落ち着いた光と、LEDイルミネーションの華やかな煌めきが、大人の街六本木ヒルズを象徴する輝きを放っています。
66プラザイルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016
約180個のプレゼントボックスを包み込む約12,000灯のLEDと約1,200球の白熱球が、六本木ヒルズを訪れる人たちのクリスマス気分を盛り上げます。
66プラザイルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016

森タワーに足を踏み入れると、ウェストウォーク 2Fでは純白のクリスマスツリーが迎えてくれます。
Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016
ちょっと豪華で渋めのオーナメントが7色に輝きます。
Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016
クリスマスツリーの間には4体のスノーマンが並んでいます。スノーマンの前に立つと光が変化して、その表情が変わります。
Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016

道なりに進んで、ウェストウォーク 2Fの南側吹抜けには"光のバルーン"のクリスマスツリーが展示されています。
これについては、また明日。

「66プラザイルミネーション・シンボルツリー」開催概要
開催場所:六本木ヒルズ 66プラザ

開催期間:2016年11月17日(木)~12月25日(日)

点灯時間:17:00~24:00
12月16日(金)~12月17日(土)および12月22日(木)~12月24日(土)は29:00(翌5:00)まで点灯

ライティングデザイン: 内原智史デザイン事務所

ウェストウォーク イルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 20162016年12月08日 12時24分39秒

六本木ヒルズで開催されているクリスマスイベント「Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016」。

森タワー・ウェストウォーク 2 F南側吹抜けに、"光のバルーン"のクリスマスツリーが登場しました。
ウェストウォーク イルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016
このクリスマスツリーは、東京大学発のベンチャー企業「AgIC(エージック)Inc.」による「銀ナノインク(電気が流れるインク)」を使った電子回路を、光を拡散させる塩ビ風船に組み込んだ、新しい光のイルミネーション「BALLOOMINATION TREE」です。
BALLOOMINATION TREE

ウェストウォーク イルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016
250個のバルーンで作られた高さ約8mのツリーは、雪の結晶や星、ハートなどのモチーフが時間ごとに輝きを変化させて、ウェストウォークを幻想的に彩ります。
ウェストウォーク イルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016
11:00から点灯されていますが、17:00以降は30分毎にスペシャル演出が行われます。
ウェストウォーク イルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016

ウェストウォーク イルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016

Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016」ウェストウォーク イルミネーション「BALLOOMINATION TREE」開催概要
開催場所:六本木ヒルズ・森タワー ウェストウォーク 2F 南側吹抜け
開催期間:2016年11月18日(金)~ 12月25日(日)
点灯時間:11:00~24:00(17:00から毎時30分おきにスペシャル演出)
ツリーのみ12月16日(金)・17日(土)および12月22日(木)~24日(土)は29:00(翌5:00)まで点灯

今年の六本木ヒルズのクリスマスは「TWINKLE!! TWINKLE!! 家に帰っても消えない光」をテーマにしています。
光の風船は、見るイルミネーションから"持ち帰れるイルミネーション"へ変身します。
12月23日(金・祝)~25日(日)に開催されるクリスマスコンサートで17:00の回、18:30の回のステージを観覧した人に、ハートや星のモチーフが輝く「光のバルーン」が先着でプレゼントされます。


Artelligent(アーテリジェント)は、アートとインテリジェンスからの造語です。
以下は六本木ヒルズホームページより引用。
「アートとインテリジェンスが融合したこの街は、『アーテリジェント・シティ』と呼ばれ、世界から人が集まり、異文化間の交流の中から、新しい文化や情報が発信される拠点となっています。」

毛利庭園イルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 20162016年12月09日 13時10分35秒

六本木ヒルズで開催されているクリスマスイベント「Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016」。

六本木ヒルズ・毛利庭園のクリスマスイルミネーションです。
毛利庭園イルミネーション
1650(慶安3)年、麻布日ヶ窪の地(現在の六本木6丁目他)に毛利家の上屋敷が建造されました。この大名屋敷の庭園が現在の毛利庭園のルーツとなっています。
面積4,300平方メートルという広大な敷地に、池を中心にし、滝、渓流、川のせせらぎや、桜、イチョウといった木々を配し、四季折々に変化する木々や植物の表情を感じることができる、回遊式の日本庭園です。
池の中には、スペースシャトル・コロンビア内で向井千秋さんらが行なった実験、脊椎動物で初めて宇宙で生まれたメダカの子孫「宇宙メダカ」が泳いでいます。
毛利庭園イルミネーション

六本木ヒルズと森美術館の10周年を記念して2013年に制作された、ジャン=ミシェル・オトニエル氏のパブリックアート作品「Kin no Kokoro」が、ゴールドやグリーンに変わるイルミネーションの光を受けてひときわ優美に輝きます。
毛利庭園イルミネーション

ジャン=ミシェル・オトニエル 「Kin no Kokoro」
「Kin no Kokoro」のハートの形の中に東京タワーが浮かびます。右の建物はテレビ朝日本社ビルです。

「毛利庭園イルミネーション:Roppongi Hills Artelligent Christmas 2016」開催概要
開催場所:六本木ヒルズ ・毛利庭園
開催期間:2016年11月18日(金)~12月25日(日)
点灯時間:17:00~23:00(10分間のうち、3分間はスペシャルカラー)
12月16日(金)~12月25日(日)の期間は24:00まで点灯

東京ミッドタウン スターライトガーデン20162016年12月12日 12時42分20秒

毎年大人気で、今年も12月22日(木)~25日(日)の混雑時には一方通行規制が予定されている、東京ミッドタウンの「スターライトガーデン2016」が、12月25日(日)まで開催されています
東京ミッドタウン スターライトガーデン2016
宇宙をイメージした青と白の光をメインカラーに、幻想的で美しい光と音楽のショーを約3分半にわたって繰り広げます。繰り返し行われるので、どのタイミングで行ってもショーを見る事が出来ます。
東京ミッドタウン スターライトガーデン2016
恒例のクリスマスイベント「ミッドタウン・クリスマス」も今年は10年目を迎えて、「スターライトガーデン」もさらにパワーアップしました。
フルカラーLEDを使用した直径約6メートルのヴィジョンドームから一直線の光を放つサーチライトを新たに4本導入し、六本木の夜空をおよそ100mの高さまで照らします。
東京ミッドタウン スターライトガーデン2016
約2,000㎡の広大な芝生広場を埋め尽くした約180,000個の光が、宇宙の始まりから銀河のきらめきまでを表現します。
東京ミッドタウン スターライトガーデン2016

東京ミッドタウン スターライトガーデン2016

東京ミッドタウン スターライトガーデン2016

開催会場:東京ミッドタウン 芝生広場
開催期間::2016年11月15日(火)~12月25日(日)
点灯時間:17:00~23:00

六本木ヒルズ 星空のイルミネーション20162016年12月13日 10時40分37秒

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで「星空のイルミネーション(STARRY SKY ILLUMINATION)2016」が開催されています。
森タワーの52階から見える大都会の夜景に、リアルとヴァーチャルの星空が競演する体験型イベントです。
会場内は4つの展示スペースとラウンジ、カフェ、ショップ、屋上スカイデッキで構成されています。

また、53階の森美術館では2017年1月9日(月・祝)まで「宇宙と芸術展」が開催され、「星空のイルミネーション」一般入場料金1,800円と「宇宙と芸術展」一般入場料金1,600円をセットで3,400円のところ、特別割引価格2,800円となるお得な「流れ星セット」も販売されています。

《スペース 1》  窓面プロジェクションマッピング「星にタッチパネル劇場」
都心の夜景を一望できる展望台 東京シティビューの窓 16 面が、プロジェクションマッピングを映し出す巨大なスクリーンに変身しました。
星空のイルミネーション(STARRY SKY ILLUMINATION)2016
スマートフォンを使って、自分のメッセージが流れ星になったり、夜空に広がる星たちを操作することが出来ます。
星空のイルミネーション(STARRY SKY ILLUMINATION)2016
今年は、大ヒット映画「君の名は。」など新海誠作品のワンシーンが、東京の夜景と共に夜空に浮かびあがるスペシャルコラボが実現しました。
星空のイルミネーション(STARRY SKY ILLUMINATION)2016


《スペース2》 宇宙空間シミュレーターで体験する「137億光年宇宙の旅」
宇宙空間シミュレーターで、地球から宇宙の果てまで、宇宙の旅へ向かいます。
137億光年宇宙の旅

137億光年宇宙の旅

《スペース 3.》 全方位型「空宙プラネタリウム“MEGASTAR”」
360度満天の星に取り囲まれ、まるで宇宙空間に降り立ったかのような錯覚に陥る空間が広がる全方位型「空宙プラネタリウム by MEGASTAR」。
文部科学大臣表彰を受賞したプラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏プロデュースのプラネタリウムが昨年よりさらに進化して登場しました。満天の星が 360 度自分を取り囲み、まるで宇宙空間に降り立ったかのような錯覚に陥る空間を創り出しています。
プラネタリウム“MEGASTAR”
床が鏡面になっていますので、このエリアの入場では履き物を脱ぐ必要があります。履き物を脱ぐのが嫌な人はこのエリアをパスする事も出来ます。
プラネタリウム“MEGASTAR”

プラネタリウム“MEGASTAR”
宇宙の星空の中で記念撮影が出来ます。会場内は写真撮影が許可されていますが、「フラッシュの使用と動画撮影は禁止」なのでご注意ください。
プラネタリウム“MEGASTAR”
※プラネタリウムエリアは、一部22:00(最終入場21:30)までとなります。

《スペース 4》 ウォークスルー型「 3D SKY WALK」
最新の観測データをもとに再現された膨大な星のきらめきが、大平貴之氏監修による新開発の自発光方式で、立体的に空間上に浮かび上がります。
3D SKY WALK
明るく輝く星空の中を、上下左右に星を見ながら歩くことが出来ます。一歩歩くごとに星の重なり方が変わって、まさに宇宙を散歩しているような感覚を体験できます。
3D SKY WALK

六本木ヒルズ・森タワーでは、52階の屋内展望台「東京シティビュー」だけでなく、海抜270mに位置する屋上「スカイデッキ」からも東京の夜景を楽しむことが出来ます。
東京スカイツリーから右の方へ目を向けると、東京タワーがあります。
六本木ヒルズからの夜景
その右奥には恐竜橋の愛称で親しまれている東京ゲートブリッジが見えます。
六本木ヒルズからの夜景
その右を見ると、お台場の夜景が輝いています。パレットタウンの大観覧車、クリスマスライトアップされたレインボーブリッジ、フジテレビなどが並びます。
六本木ヒルズからの夜景
反対側には新宿のビル群を見る事が出来ます。
六本木ヒルズからの夜景
スカイデッキで毎月第4金曜日に開催している六本木天文クラブ 「星空観察会」は、「星空のイルミネーション」開催期間中、毎週土曜日も特別開催されます。望遠鏡を使って天文の専門家の解説を聞きながら冬の星座を観察します。誰でも参加できる星空観察会です。
☆「星空観察会特別開催」開催概要
 開催期間:「星空のイルミネーション」開催期間中の毎週土曜日 19:00~21:00

       ※上記以外に定例星空観察会を毎月第4金曜日 19:00~21:00 に開催。
 開催場所:六本木ヒルズ・森タワー屋上「スカイデッキ」
 参加料金:無料 ※ただし、スカイデッキまでの入場料が必要
 参加方法:スカイデッキにて自由参加 ※雨天・荒天により中止となる場合あり

また、明日12月14日(水)には、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と共に「3大流星群」の一つと言われる「ふたご座流星群」の観察会も実施します。

☆「ふたご座流星群観察会」開催概要
 開催日時:2016年12月14日(水)19:00~22:00(21:30最終入場)
 開催場所:六本木ヒルズ・森タワー屋上「スカイデッキ」
 参加料金:無料 ※ただし、スカイデッキまでの入場料が必要
 参加方法:スカイデッキにて自由参加 ※雨天・荒天により中止となる場合あり


☆「星空のイルミネーション(STARRY SKY ILLUMINATION)2016」開催概要
★開催期間:2016年11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日)
★開催会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
★営業時間:
〔52F屋内展望フロア〕
10:00~23:00(最終入館 22:30) 金・土・休前日は 25:00(最終入館 24:00)
※プラネタリウムエリアは、一部22:00(最終入場21:30)までとなります。
〔屋上スカイデッキ〕
11:00~21:00(最終入場 20:30)
※スカイデッキは「星空のイルミネーション」開催期間中、営業時間(通常 20:00 まで)を 21:00 まで特別延長
※スカイデッキは荒天時にはクローズされます。
★東京シティビュー入場料:一般 1,800 円・学生(高校・大学生)1,200 円・子供(4 歳~中学生)600 円・シニア(65 歳以上)1,500 円
★スカイデッキ入場料:上記入場料に加え 500 円(子供は 300 円)

ミッドタウン・クリスマス 20162016年12月14日 13時57分47秒

聖夜を彩る約52万個の光たちとともに幻想的なガーデンを旅する、壮大な“ミッドタウン・クルーズ”。
10回目の『ミッドタウン・クリスマス』が東京ミッドタウンで始まりました。

「ウェルカムツリー」
ウェルカムツリー
イルミネーションのスタート地点のプラザには世界30ヶ国の「ようこそ」で彩られたツリーが登場。
正面のクロックがイルミネーション開始の時間を奏でる、待ち合わせにぴったりのスポットです。
展示期間:2016年11月15日(火)~12月21日(水)
展示場所:プラザ 1F
点灯時間:17:00~24:00

「ウェルカムイルミネーション」
東京ミッドタウンの正面玄関、プラザエリアには、刻一刻と色を変える華やかなイルミネーションが登場。
レインボー、スカイブルー、オーロラ、サンライズなど、カラフルな光で4つの自然現象を表現します。
ウェルカムイルミネーション
外苑東通りの街路樹は、白とピンクの光に染まります。
開催期間:2016年11月15日(火)~12月25日(日)
開催場所:プラザ 1F 外苑東通り沿い
点灯時間:17:00~24:00

ツリーイルミネーション
ツリーイルミネーション
メイン会場「スターライトガーデン 2016」、「スターライトロード」へ続く散歩道にはキャンドルのあかりのような温かみのあるイルミネーションで、ガーデンの樹木を彩ります。
揺れる川面の光もロマンチックです。
開催期間:2016年11月15日(火)~12月25日(日)
開催場所:ミッドタウン・ガーデン
点灯時間:17:00~23:00

「エンヤツリー」
エンヤツリー
世界の歌姫エンヤさんが2008年11月に植樹。人と自然の共生の願いが込められています。
キャンドルのイルミネーションの中で白く輝く、上品なツリーです。
点灯期間:2016年11月15日(火)~12月25日(日)
植樹場所:ミッドタウン・ガーデン
点灯時間:17:00~23:00

「奇跡の木」
奇跡の木
京ミッドタウン開発前の旧防衛庁時代から、この土地を見守ってきた樹齢約70年のクスノキ、通称「奇跡の木」。
ミッドタウン・ガーデンの木々の中でも存在感を放ち、象徴とも言えるクスノキを、約1万300個のLEDで装飾し、華やかにライトアップしています。
奇跡の木

「シャンパンイルミネーション」
シャンパンイルミネーション
9本の木々に約2万個のホワイトLEDと、雪が舞い降りる様を表現したイルミネーションです。
シャンパングラスの形と舞い降りる雪のようなイルミネーションが、ロマンチックな雰囲気を演出します。
開催期間:2016年11月15日(火)~12月25日(日)
開催場所:ミッドタウン・ガーデン
点灯時間:17:00~23:00

「スターライトロード」
スターライトロード
     「スターライトガーデン 2016」へ続く光の道は、ホワイトとブルーを基調に演出。芝生広場の「スターライトガーデン 2016」で体感する宇宙空間への入口となります。
開催期間:2016年11月15日(火)~12月25日(日)
開催場所:ミッドタウン・ガーデン
点灯時間:17:00~23:00

「スターライトガーデン 2016」
スターライトガーデン 2016
東京都心では貴重な約2,000㎡もの広さを誇る芝生広場にて開催する、メインイルミネーション「スターライトガーデン」。宇宙をイメージした青と白の光をメインカラーに、幻想的で美しい光と音楽のショーを約3分半にわたって繰り広げます。
様々な色のイルミネーションに彩られたミッドタウン・ガーデンを歩いて楽しむ“ミッドタウン・クルーズ”の終着点となるスターライトガーデン。約18万個の光が繰り広げる、幻想的な光と音楽のショーを繰り広げます。 
開催期間:2016年11月15日(火)~12月25日(日)
開催場所:芝生広場
点灯時間:17:00~23:00
※12月22日(木)~12月25日(日)は混雑のため、通行規制が行なわれます。

「サンタツリー」
サンタツリー
いろいろな表情の小さなサンタクロース約1,800体が集まり、高さ4mのツリーをつくります。
展示期間:2016年11月15日(火)~12月25日(日)
展示場所:ガレリア 1F ツリーシャワー
点灯時間:11:00~24:00(ガレリア開館時間)

「午後の紅茶 WINTER MAGIC TEA TREE」
午後の紅茶 WINTER MAGIC TEA TREE
キャノピー・スクエアでは、ツリーの前に設置したセンサーに触れた人の心拍数を計測し、その人数やシチュエーションによって「キリン 午後の紅茶」の4つのフレーバーをイメージしたオリジナルアニメーションと音楽がツリー内部にあるLEDモニターに展開するユニークな体験型イベントを実施中です。
開催期間:2016年12月6日(火)~12月25日(日)
展示場所:キャノピー・スクエア
開催時間:15:00~21:00