Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

神の手●ニッポン展 II2016年12月01日 13時40分21秒

目黒雅叙園で「神の手ニッポン展 II」が開催されています。
匠を感じる。繊細さが見える。「神の手ニッポン展」とは、そうした日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代のセンス&フィールドで意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展です。

目黒雅叙園エントランスに飾られたクリスマスツリー。このオーナメントも「神の手」によってつくられています。
目黒雅叙園のクリスマスツリー
クリスマスツリーの装飾に使用されている水引オーナメントは、本展に出展している水引工芸家・内藤敏子氏による作品です。
創業88年を迎えた目黒雅叙園にちなみ、88個の水引によって彩られた「和風のクリスマスツリー」です。

「みやび」 内藤敏子 2016年

「和宝石箱1」
エッグアート
エッグアーティスト 遠藤一恵氏の作品です。エッグアートとは、卵の殻に装飾を施す芸術です。
この作品にはダチョウの卵を使っています。

「あこがれ(バイク)」 
レザーアート
レザーアーティスト 本池秀夫氏の作品です。一部の金・銀を除いて、すべて牛皮・羊皮でつくられています。

「アルフォンス・ミュシャ〔夢想〕ねこバージョン」。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
アルフォンス・ミュシャの「夢想」を基に作成された、ペーパーアーティスト 中山ゆかり氏の作品です。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
花や衣装の一つひとつを繊細なペーパークラフトで見事に再現しています。
アルフォンス・ミュシャ「夢想」ねこバージョン
名画をモチーフにした作品が人気の作家ですが、今回は2009年「第19回紙わざ大賞」大賞受賞作品「最後の晩餐」も展示されています。

このほか、「ドラえもん」や「あしたのジョー」、「三丁目の夕陽」、「男はつらいよ」など、アニメや映画等に登場する主人公の住まいの間取りを数々のシーンをつなぎあわせながら推理し、独自の1/40スケールで製作した、立体間取りアーティスト タカマノブオ氏の作品などが展示されています。

今回出展の、水引工芸家・内藤敏子、エッグアーティスト・遠藤一恵、レザーアーティスト・本池秀夫、ペーパーアーティスト・中山ゆかり、立体間取りアーティスト・タカマノブオの各氏に加えて、前回の「神の手ニッポン展」第1期に出展された、ペーパーアーティスト・太田隆司、ビーズアーティスト・金谷美帆、ミニチュアハウスアーティスト・島木英文、立体切り絵アーティスト・SouMa、ポップアップアーティスト・HIROKO、ジオラマアーティスト・山田卓司各氏の作品も展示されています。


「神の手ニッポン展 II 」開催概要
開催会場:目黒雅叙園(めぐろがじょえん) 東京都指定有形文化財「百段階段」
開催期間:2016年11月18日(金)~12月25日(日) 期間中無休
開催時間:10:00~18:00 (最終入館17:30)
入場料金:一般1,200円 学生600円 小学生以下無料
※ 障害者手帳呈示および付添者1名は、優待価格1,000円

※ 展示会場は階段での移動となります。車椅子、ベビーカー、シルバーカー等での移動はできかねます。
※ 展示会場は畳部屋のため、お履物をお脱ぎいただきます。
※ 展覧会会場は展示品保護のため、空調を制限する場合がございます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2016/12/01/8263614/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.