Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

梅の花が咲き始めました2017年02月01日 13時00分00秒

東京都立川市の国営昭和記念公園で、早咲きの梅が満開を迎えています。
これから暖かくなるにつれて、早咲きから遅咲きまで約20種、約90本の紅、白、ピンクの梅が順次花開いていきます。

未開紅(みかいこう・みかいべに)
未開紅(みかいべに)

未開紅(みかいべに)

道知辺(みちしるべ)
道知辺(みちしるべ)

月影(つきかげ)
月影(つきかげ)

月影(つきかげ)

八重寒梅(やえかんばい)
八重寒梅(やえかんばい)

鹿児島紅(かごしまこう・かごしまべに)
鹿児島紅(かごしまこう)

八重野梅(やえやばい)
八重野梅(やえやばい)

八重野梅(やえやばい)

八重野梅(やえやばい)
大盃(おおさかずき)
大盃(おおさかずき)

錦江(きんこう)
錦江(きんこう)

錦江(きんこう)

今年は2月27日(月)、28日(火)が休園になりますのでご注意ください。

河津桜が咲き始めました2017年02月02日 17時01分23秒

多摩川土手で河津桜が咲き始めました。
河津桜(カワヅザクラ)は1955年に静岡県賀茂郡河津町で原木が発見された早咲きの桜で、大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の自然交雑種だと言われています。
河津桜(カワヅザクラ)
早い木は1月下旬から咲き始め、同じ場所でも数本植えてあると3月上旬まで花を楽しめる、花期の長い桜です。
染井吉野(ソメイヨシノ)の様にすべての木が一斉に咲き始めるのではなく、開花は木によって数日の個体差があるようです。
河津桜(カワヅザクラ)

河津桜(カワヅザクラ)

河津桜(カワヅザクラ)
花は、日本を代表する桜ソメイヨシノよりかなり濃いめのピンク色をしているので、青空に映えます。
河津桜(カワヅザクラ)

河津桜(カワヅザクラ)

河津桜(カワヅザクラ)

河津桜(カワヅザクラ)

2月10日(金)から3月10日(金)まで河津町で「第27回河津桜まつり」が開催されます。

河津桜にメジロが・・・2017年02月03日 19時15分43秒

多摩川土手に咲いている河津桜(カワヅザクラ)の蜜を求めてメジロがやってきました。
桜とメジロ
ここは、サッカーJ1の川崎フロンターレがホームグラウンドとする等々力陸上競技場がある等々力緑地に程近い場所。
桜とメジロ
桜の花が咲く頃には、メジロ、スズメ、ヒヨドリなどを見ることが出来ます。
桜とメジロ
ただ、ヒヨドリはメジロに対してかなり攻撃的なので、ヒヨドリが来るとメジロたちは飛び立ってしまいます。下の写真がヒヨドリです。できれば、来てほしくない鳥です。
河津桜とヒヨドリ

桜とメジロ
ここの土手ではカワヅザクラを皮切りに、荘川桜(ショウカワザクラ)、淡墨桜(ウスズミザクラ)、神代曙(ジンダイアケボノ)、大島桜(オオシマザクラ)、染井吉野(ソメイヨシノ)が順番に咲いていくので、カワヅザクラが咲き始める1月下旬頃からソメイヨシノが散る4月上旬頃まで桜の花を楽しむことが出来ます
桜とメジロ

桜とメジロ

桜とメジロ
「なに撮ってんだよ!」と睨まれてしまいました。

いちめんのなのはな 浜離宮恩賜庭園2017年02月06日 22時40分28秒

浜離宮恩賜庭園の「お花畑」で菜の花が黄色いじゅうたんを作っています。
約3,000㎡の敷地に約30万本の菜の花が植えられていますが、今日の時点ではまだ半分くらいの菜の花に鳥よけネットが掛けられていました。鳥よけネットが外された所は満開です。
浜離宮恩賜庭園の菜の花
隣接する汐留シオサイトにはビル群が立ち並び、近代的な風景を見せています。
ビルは左から超高層ツインタワーマンションの東京ツインパークス、日本通運本社ビル、「ホテル ヴィラフォンテーヌ汐留」が入る汐留住友ビル、「共同通信」や「パークホテル東京」が入る汐留メディアタワー。
その右手前の電卓のような形のビルは、ヒルトン最高級ブランドのラグジュアリーホテル「コンラッド東京」が入る東京汐留ビルディング。
その右奥、濃いベージュのビルは「資生堂」・「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」が入る汐留タワー。
右端に見えるビルは「カレッタ汐留」や劇団四季の常設専用劇場「海」が入る電通本社ビル/汐留アネックスビルです。
皆さんご存知の日本テレビ・日テレタワーは電卓の様な形のビルの向こうに隠れてしまっています。

菜の花畑の横の通路側には紅白の梅の木が植えられていて、少しずつ花を咲かせています。
浜離宮恩賜庭園の菜の花

梅と菜の花

浜離宮恩賜庭園の菜の花

梅と菜の花

浜離宮恩賜庭園の菜の花
メジロが菜の花の蜜を吸っていました。
菜の花にメジロ
メジロがいると必ずと言っていいほどヒヨドリがやって来て、メジロたちを追い払ってしまいます。
菜の花とヒヨドリ
それにしても、ヒヨドリ、何羽いるの?


浜離宮恩賜庭園の開園時間:午前9時~午後5時 (入園は午後4時30分まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
入園料:一般300円、65歳以上150円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

梅の花にメジロ2017年02月07日 19時12分34秒

浜離宮恩賜庭園の梅の花にもメジロが来ていました。
梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

メジロたちはあの枝、この枝と渡り歩いて蜜を吸っていきます。
梅の花にメジロ
でも、ヒヨドリが来ると飛んでどこかへ行ってしまいます。
梅の花にメジロ
メジロを追い払ったヒヨドリは、我が物顔でヒィーヨヒィーヨと鳴いていました。
梅の花にヒヨドリ
でもこいつ、写真を撮るには色彩があまりにも地味すぎるのです。

雪割一華(ユキワリイチゲ)2017年02月08日 06時58分28秒

都立神代植物公園を歩いていたら、ユキワリイチゲ(雪割一華)の可憐な花が咲いていました。
雪割一華(ユキワリイチゲ)
日本固有種で、近畿地方以西の山地の渓流沿いや山麓の樹林内で生育し、3月上旬から4月にかけて残雪の里山に咲く早春植物です。花色は白に見えますが、少し紫色を帯びています。
雪割一華(ユキワリイチゲ)
花言葉は「幸せになる」です。 この花を見れば幸せになれる・・・かもしれません。

ラ・メール・プラールのスフレオムレツ2017年02月09日 05時15分46秒

横浜みなとみらいにある商業施設「マークイズみなとみらい」4階の「ラ・メール・プラール」に行ってみました。
フランスの世界遺産“モンサンミッシェル”に本店を構える、ふわふわオムレツが世界的に有名なレストラン「ラ・メール・プラール」の、みなとみらい店です。
ラ・メール・プラール
ランチタイムなので「名物のスフレオムレツのセット」を注文。税抜1,650円です。
パンかポテトフライが付いてきます。どちらもお代わり自由です。無くなると「お代わりはいかがですか?」と聞きに来てくれます。
周りを見ていると、パンを頼んでおいて食べ終わったらポテトフライを戴くというのも「アリ」のようです。
スープかサラダも付きます。本日のサラダは「鶏肉とリンゴのサラダ」でした。
ソースの色合いが綺麗でおしゃれです。
いよいよ「名物のスフレオムレツ」です。大きい!食べきれるでしょうか?
スフレオムレツ
ソースは日替わりで何種類かあるようです。本日のソースはデミグラスソース。
「味が付いていますので最初の一切れは何も付けずにお召し上がりください」と言われました。
薄くて少し弾力のある皮(?)をカットすると、中はふわっふわっ!メレンゲを食べているような食感です。美味しい!

でも、どちらかと言えば私は日本の家庭料理的なオムレツの方が好きです。

春の訪れ2017年02月10日 18時22分22秒


梅と菜の花とメジロ

思いのまま2017年02月13日 21時40分50秒

白、紅、淡紅、絞り咲きなどを1本で咲き分ける梅、「思いのまま」が浜離宮恩賜庭園で咲いています。
思いのまま
1本の枝に紅白の花が咲く、めでたい花です。こういう縁起のいい木はじっくりと愛でたいものです。

「思いのまま」は、1輪の花をも紅白に咲き分けます。まさに「思いのまま」ですね。

思いのまま

人生は「思いのまま」にはならないものです。

上野公園の寒桜2017年02月14日 00時43分14秒

上野のお山、上野恩賜公園で寒桜(カンザクラ)が咲いています。
既に見頃を過ぎてしまって萼と蕊だけが残った花もありますが、まだまだ濃いめのピンク色の花が美しく咲いています。
上野恩賜公園の寒桜
寒桜は、カンヒザクラ(寒緋桜)とヤマザクラ(山桜)あるいはオオシマザクラ(大島桜)の雑種と考えられていて、早咲きの桜で有名なカワヅザクラ(河津桜)と同じ頃かそれよりも早く咲き始めます。
上野恩賜公園の寒桜
花弁は中心部が淡い紅色で外に向かって白へのグラデーションを作ります。
萼と蕊が紅色をしているので花の中心部は濃い赤に見えます。花びらが散ってしまっても紅色の部分が残るのでそれはそれで綺麗です。
上野恩賜公園の寒桜

上野恩賜公園の寒桜

上野恩賜公園の寒桜

上野恩賜公園の寒桜

ヒヨドリが蜜を求めてやってきました。
ヒヨドリ

ヒヨドリ