Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜美術館前のモクレンが満開です2017年04月01日 14時17分38秒

MARK IS みなとみらい」に買い物に行った時、横浜美術館の前でピンクの花が満開になっていました。
木蓮(モクレン)
桜の花が満開?と思って近くに行ってみると、モクレン(木蓮)の花でした。
横浜ランドマークタワーが、満開に咲くモクレンのパープルピンクの花の向こうにそびえ立っています。
木蓮(モクレン)

木蓮(モクレン)
シモクレン(紫木蓮)とハクモクレン(白木蓮)の交雑種である「サラサモクレン(更紗木蓮)」だと思われます。
木蓮(モクレン)

横浜のガーデンベアがかわいい!2017年04月02日 08時33分31秒

「第33回全国都市緑化よこはまフェア(Garden Necklace YOKOHAMA 2017)」が6月4日(日)まで横浜市内の各会場で開催されています。
そのシンボルキャラクターの「ガーデンベア」がかわいいと、人気を呼んでいます。
ガーデンベア
「ガ-デンベア」は、グリーンの体に満開の「天然」花アフロヘア―が自慢な元気いっぱいのクマちゃんです。
このキャラクターの生みの親は伊藤有壱氏。
ガーデンベアは会場内各所、行く所、行く所に先回りして待っていて、道案内などをしてくれます。
ガーデンベア
「花と緑によって、街と人の心に豊かさをもたらす」。その思いを人々へ伝えるというきらめく使命感を胸に、横浜市全体が花と緑によってさらに美しく発展していくことを願って頑張っています。
ガーデンベア

ガーデンベア
身長は通常60㎝ですが、大きさは自由に変えることが出来ます。
山下公園、氷川丸の横には頭だけで4m位ある立体花壇のガーデンベアが待っています。
ガーデンベア
アフロヘア越しにランドマークタワーが顔を出していました。

「第33回全国都市緑化よこはまフェア(Garden Necklace YOKOHAMA 2017)」はかなり広範囲に開催されていますので、詳しくはオフィシャルホームページをご覧ください。

目黒川の桜が見頃です2017年04月03日 19時39分50秒

目黒川は、世田谷区で北沢川と烏山川が合流して目黒川となり、目黒区、品川区を通り、東京湾に注ぐ全長約8kmの川です。
その内、東急田園都市線・池尻大橋駅近くの「大橋」から、目黒駅近くの「太鼓橋」付近までの約3.8kmが桜並木になります。
桜並木の中間地点辺りに中目黒駅があります。
目黒川の桜2017
その目黒川の桜並木が見頃を迎えようとしています。
場所によってはまだ蕾の木もありますが、橋の袂など主要な場所では満開になっています。
目黒川の桜2017

目黒川の桜2017

目黒川の桜2017

目黒川の桜2017

目黒川の桜2017

川沿いの道やお店は人でいっぱいですが、「かわいい」、「かわいい~~♡」の声が人だまりの中から聞こえてくるので人をかき分けかき分け行ってみると、ネコちゃんでした。

横浜みなとみらいの桜2017年04月04日 21時02分29秒

横浜みなとみらい21地区のソメイヨシノはまだ3分~5分咲きといったところです。
ソメイヨシノは気温が15度を超すと蕾が開き始め、18度を超すと一気に開花するそうです。
横浜の今日の最高気温は16.1度。このところ15度は超えても18度を超す日が無いので、咲きそうで咲かない状態が続いているようです。

みなとみらいさくら通りのソメイヨシノもまだ少ししか咲いていません。

でも、中には7分咲きくらい咲いている木もあります。背景は横浜ランドマークタワーです。
クイーンズタワーの前を、水陸両用バス「スカイダック横浜」が走って(?)行きました。



みなとみらい地区にはオオシマザクラ(大島桜)もたくさん植えられています。
オオシマザクラは、葉の成長に並行して花が咲きます。

ソメイヨシノ(染井吉野)は、このオオシマザクラの雑種とエドヒガン(江戸彼岸)系の桜を交配した園芸品種だと言われています。





帆船日本丸の横にはヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)が濃いピンクの花を咲かせています。
ヨコハマヒザクラは、ヤマザクラ(山桜)系のケンロクエンクマガイ(兼六園熊谷)とカンヒザクラ(寒緋桜)との交配種です。

ヒヨドリが蜜を吸いにやってきました。

明日からは20度以上の日が続きます。ソメイヨシノも一気に花開くでしょう。

六本木さくら坂のソメイヨシノ2017年04月05日 17時19分55秒

六本木ヒルズレジデンスを挟んで六本木けやき坂通りと並行して通る「六本木さくら坂」。
六本木さくら坂のソメイヨシノ
満開と言うにはまだ少し早いのですが、通りの両側に約75本のソメイヨシノが咲いています。
ソメイヨシノ

六本木さくら坂のソメイヨシノ
さくら坂からは六本木ヒルズ森タワーや六本木ヒルズレジデンスを桜越しに望むことが出来ます。
六本木さくら坂のソメイヨシノ

六本木さくら坂のソメイヨシノ

イロハモミジの緑色の葉の中で、ソメイヨシノの淡いピンクが光ります。
六本木さくら坂のソメイヨシノ

六本木ヒルズ 毛利庭園の桜2017年04月06日 18時22分27秒

六本木ヒルズにある毛利庭園。
庭園の歴史は、360年以上前の江戸時代に遡ります。慶安3年(1650年)、毛利元就の孫、秀元が甲斐守となり、麻布日ヶ窪の地(現在の六本木六丁目他)に上屋敷を設け、その大名屋敷の庭園として誕生しました。
その後さまざまな経緯を経て、2003年に六本木ヒルズとして開発されました。
毛利庭園の桜
毛利庭園に咲く8本のソメイヨシノは、六本木ヒルズの開発前から根をおろす老木です。
毛利庭園の桜

毛利庭園の桜
池にあるハート型のパブリックアートは、ジャン=ミシェル・オトニエル作の「Kin no Kokoro」という作品です。2013年に六本木ヒルズと森美術館の10周年を記念して設置されました。
ハート形に弧を描く金箔の連珠は、毛利池に沿って歩いて行くと徐々にメビウスの輪にも見えます。
Kin no Kokoro
枝垂れ桜もちょうど見頃になっています。
毛利庭園の桜

毛利庭園の桜

ソメイヨシノとイロハモミジです。
毛利庭園の桜

毛利庭園の桜
スズメが桜の花を根元から食いちぎって下に落とし、そんなスズメたちをヒヨドリが追い払います。
毛利庭園の桜
空を見上げると、紅白の桜の競演です。鳥が飛んでいきました。
毛利庭園の桜
ヨウコウ(陽光)とソメイヨシノ(染井吉野)です。

毛利庭園の桜

夜の桜ライトアップも開催されています。

千鳥ヶ淵の桜2017年04月07日 17時20分24秒

東京地方は気温の低い日が続いて桜の開花もスローペースでしたが、この3日間連続で最高気温が20℃を越し、一気に花開いたようです。
雨の心配もありますが、この週末は今年一番の見ごろとなるでしょう。

千鳥ヶ淵緑道からは、桜の向こうに東京タワーを望むことが出来ます。
千鳥ヶ淵の桜
貸しボート乗り場は平日でも1時間待ちの長い列が出来ていました。
千鳥ヶ淵の桜

千鳥ヶ淵の桜

千鳥ヶ淵の桜

千鳥ヶ淵の桜

千鳥ヶ淵の桜


千鳥ヶ淵の桜

千鳥ヶ淵の桜
千鳥ヶ淵ではソメイヨシノの他にオオシマザクラやヤマザクラも見頃になっています。
千鳥ヶ淵の桜

千鳥ヶ淵緑道は左側通行の一方通行になるので、混雑時には九段下駅から半蔵門駅方向に歩くと、立ち止まって桜を眺めたりするのがしやすくなります。

銀座桜通り2017年04月08日 19時40分51秒

銀座を歩いていると、松屋銀座の壁面に桜の花びらが舞っていました。
松屋銀座

あまり知られていないのですが、銀座にも「銀座桜通り」という桜の名所があります。
銀座さくら通り
銀座1丁目の中央通りから外堀通りにかけての区間に約50本の桜が咲きます。
銀座さくら通りの桜

ここの桜はカンザン(関山)などの八重桜がメインになりますので、ソメイヨシノが散った後でも濃いピンクの花が通り一面を彩り、仕事中の人たちの目を楽しませます。

ソメイヨシノとシジュウカラ2017年04月09日 18時57分41秒

横浜・三ツ沢公園のソメイヨシノです。
これまで、桜の木ではあまり見かけなかったのですが、シジュウカラ(四十雀)がやってきました。
桜の木のこの穴の中へ2羽のシジュウカラが出入りしています。この穴の中が巣になっているのでしょうか。

桜の花が咲いているところ何処にでも顔を出すヒヨドリくんもやってきました。

なのはな2017年04月10日 21時48分26秒