Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

六本木ヒルズ 毛利庭園の桜2017年04月06日 18時22分27秒

六本木ヒルズにある毛利庭園。
庭園の歴史は、360年以上前の江戸時代に遡ります。慶安3年(1650年)、毛利元就の孫、秀元が甲斐守となり、麻布日ヶ窪の地(現在の六本木六丁目他)に上屋敷を設け、その大名屋敷の庭園として誕生しました。
その後さまざまな経緯を経て、2003年に六本木ヒルズとして開発されました。
毛利庭園の桜
毛利庭園に咲く8本のソメイヨシノは、六本木ヒルズの開発前から根をおろす老木です。
毛利庭園の桜

毛利庭園の桜
池にあるハート型のパブリックアートは、ジャン=ミシェル・オトニエル作の「Kin no Kokoro」という作品です。2013年に六本木ヒルズと森美術館の10周年を記念して設置されました。
ハート形に弧を描く金箔の連珠は、毛利池に沿って歩いて行くと徐々にメビウスの輪にも見えます。
Kin no Kokoro
枝垂れ桜もちょうど見頃になっています。
毛利庭園の桜

毛利庭園の桜

ソメイヨシノとイロハモミジです。
毛利庭園の桜

毛利庭園の桜
スズメが桜の花を根元から食いちぎって下に落とし、そんなスズメたちをヒヨドリが追い払います。
毛利庭園の桜
空を見上げると、紅白の桜の競演です。鳥が飛んでいきました。
毛利庭園の桜
ヨウコウ(陽光)とソメイヨシノ(染井吉野)です。

毛利庭園の桜

夜の桜ライトアップも開催されています。