Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

国際ばら新品種コンクールの薔薇2017年06月26日 21時21分21秒

以前にも紹介しましたが、神代植物公園で咲いている、JRC(国際ばら新品種コンクール)審査対象の薔薇(バラ)です。
このバラたちには名前がありません。ここにあるのはフランス、アメリカ、ドイツ、イギリス、日本など世界の作出家がつくり出した未発表の新品種なので、審査番号で展示されています。
(財)日本ばら会の審査員が2年かけて審査し、いろいろな賞が決められます。
上位入賞作品には名前が付けられ、市販されるものもあるそうです。

今は遅咲きの品種が見頃を迎えていました。

1706
1706

1714
1714

1717
1717

1818
1818

2703
2703

2705
2705

2708
2708

2718
2718

2721
2721

2801
2801

2813
2813

2816
2816

2819
2819

世界各国のバラ会が加盟する世界バラ会連合は、3年に1回程度「世界バラ会議」を開催しており、1976年の第3回大会から、毎回1~2品種を「殿堂入りのバラ」として選んでいます。
このバラの中から「殿堂入りのバラ」が出るかもしれません。
明日は、過去の「殿堂入りのバラ」の中から数品種を紹介したいと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為、よろしくお願いします。

去年の流行語大賞・年間大賞は? ※答えは「神ってる」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2017/06/26/8605052/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。