Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

チョウトンボ2017年07月27日 11時05分29秒

蓮の花の蕾にとまるチョウトンボ(蝶蜻蛉)です。
一見真っ黒ですがとても綺麗なトンボで、メタリックに光る翅の色が陽の当たり方によって青、青緑、青紫と変化します。
チョウトンボ
翅は強い金属光沢を持っています。前翅は細長く先が透明ですが、後翅は幅が広く、飛んでいる姿は蝶のようで、ひらひらと飛びまわります。

上の写真とは別の個体です。後翅がボロボロになってしまっていますが、チョウトンボはこの様にボロボロになっている個体の方が多く、綺麗な形を保っているものは数少ないです。
チョウトンボ
撮影場所は国営昭和記念公園です。6月中旬頃から羽化が始まり、8月いっぱいはその姿を見ることが出来ます。日本庭園の池の東側に多く生息しています。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為、よろしくお願いします。

去年の流行語大賞・年間大賞は? ※答えは「神ってる」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2017/07/27/8628416/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。