Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

角虎の尾?花虎の尾?フィソステジアです2017年09月13日 10時50分08秒

国営昭和記念公園で、ピンクの花がかわいい「カクトラノオ」が咲いていました。
漢字で「角虎の尾」と書きます。茎の断面が四角く、花の形が虎の尻尾のように見えるということで、この名が付けられました。
別名「ハナトラノオ(花虎の尾)」とも言います。
学名は「フィソステギア バージニアナ ‘ロゼア’(Physostegia virginiana‘Rosea’)」です。
白い花を咲かせる品種もあり、白花の方は「フィソステギア バージニアナ ‘アルバ’(Physostegia virginiana‘Alba’)」と言われています。
フィソステギア バージニアナ
北アメリカ東北部原産、シソ科の植物で、毎年花を咲かせる耐寒性多年草です。
フィソステギアは約15種の仲間が知られていますが、観賞用として一般的に栽培されるのは、本種フィソステギア バージニアナ種と、その園芸品種です。
フィソステギア バージニアナ
花期になると、唇形花を穂状に多数咲かせます。花は下から上へと咲き進みます。
茎の断面が四角形なので、花も四方に規則正しく並んで咲きます。几帳面な花です。
フィソステギア バージニアナ

セミの抜け殻が付いていました。こんな細い茎ででも羽化するんですね。
セミの抜け殻

クマンバチ(クマバチ)がやってきました。花に夢中で、私の存在など無視して飛び回っています。

黒いアゲハチョウもやってきました。
黒いアゲハチョウ全般を「クロアゲハ」と呼ぶことは多いのですが、ジャコウアゲハやオナガアゲハ、カラスアゲハなど種類も多く、「クロアゲハ」という種類もあるので、蝶について詳しくない私は「黒いアゲハチョウ」と言っています。


ふと下を見ると、ナナホシテントウがいました。
ナナホシテントウは漢字で七星天道、七星瓢虫、などと書きます。てんとう虫は太陽に向かって飛んで行くことから、太陽神の天道からとって天道虫という和名になったといいます。
捕まえようとすると関節部からかなり臭い黄色の液体を分泌し、死んだふり(偽死)をします。コロンと転がるので、子供の頃は「転倒虫」かと思っていました。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

秋の訪れ2017年09月14日 10時25分10秒



雲と樹木と芝生2017年09月15日 18時38分10秒



台風18号が不穏な動きで日本縦断を企んでいます。
折角の3連休ですが、この週末は警戒が必要になりそうです。

あっ! 桝太一アナだ。2017年09月18日 17時37分12秒

詫び寂の効いた日本テレビアナウンサー、桝太一アナがお台場のダイバーシティ東京プラザでインタビュー中。 どうやら「ZIP!」の収録のようです。
一見、めちゃくちゃ腰の低いただのオッサンです。
後ろのお店 WABI×SABI は、長野県塩尻市に本社がある漆器・和雑貨屋さんです。

シャガール 三次元の世界2017年09月19日 14時46分11秒

シャガールと言っても、ランガールや山ガール、御朱印ガール、温泉ガールといった○○ガール(○○女子)系の事ではありません。
そういえば、広島カープが37年ぶり2度目のセ・リーグ連覇を果たして、カープ女子達は大いに盛り上がっていることでしょう。

東京駅丸の内北口の東京ステーションギャラリーで「シャガール 三次元の世界」展が開催されています。
画家、版画家として著名なマルク・シャガールの彫刻作品に焦点を当てた本展では、平面作品と深い関わりをもつシャガール彫刻の特徴を踏まえ、関連のある素描や絵画、同主題の絵画などとともに展示して、シャガールの三次元世界を幅広く紹介しています。
シャガールの彫刻作品を日本で初めて本格的に紹介する展覧会だということです。

彫刻・陶器約60点、油彩・水彩約70点、素描・版画等約40点で構成され、総展示数170点でシャガールの魅力を探ります。 (会期中に一部展示替えがあります)


シャガール 三次元の世界」展 開催概要
開催会場:東京ステーションギャラリー
開催期間:9月16日(土)-12月3日(日)
休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)
開館時間:10:00~18:00 ※金曜日は20:00まで開館 ※入館は閉館30分前まで
入館料:一般1,300円、高校・大学生1,100円、中学生以下無料
     ※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)

昨日9月18日は敬老の日で休日でしたが、意外と空いていてゆっくり観賞することが出来ました。
重要文化財の赤レンガ造りの壁面に展示された作品は、落ち着いた雰囲気と重厚感を感じることが出来ます。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ユニコーンガンダム等身大立像9/24公開へ!2017年09月20日 11時39分50秒

お台場のダイバーシティ東京プラザで、ユニコーンガンダムの1/1立像「RX-0ユニコーンガンダム Ver.TWC(Tokyo Water Front City)」の公開が9月24日(日)から始まります。
英語表記では「The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC」となります。
The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

全高はユニコーンモード時の設定と同じ19.7メートル、重量はユニコーンガンダムの全装備重量42.7トンより重い49トンもあります。
The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC
現場の周りには板囲いがされていますが、昨日から明日にかけて少しずつ外される予定になっています。

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

今度の日曜日の公開に向けて外装の細かい部分の調整が行われています。
The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC

夜にはサイコフレームの発光を含む演出が行われ、ユニコーンモードからデストロイモードへの「変身」も、角(アンテナ)の開閉、顔のモード変更、肩・腰・膝パーツの展開などのギミックと、50箇所の発光で可能な限り再現したということです。
The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC
一角獣(ユニコーン)を思わせるアンテナが二つに割れ、よりガンダム然とした外見を成すのですが、撮影時にはガンダムフェイスは取り外されていました。
The Life-Sized Unicorn Gundam Statue Ver. TWC
「RX-0ユニコーンガンダム Ver.TWC」の公式サイトはこちら


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 20172017年09月21日 18時57分15秒

秋分の日を間近にして、朝夕は涼しさを感じる季節になってきました。
天高く馬肥ゆる、食欲の秋であります。

六本木にある東京ミッドタウンの芝生広場に巨大な栗が出現! いや、チョコレートの塊か?
これは、東京ミッドタウン開業10周年を記念して開催される「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン(LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 2017 in TOKYO MIDTOWN)」のコンサートホールです。

伝統あるスイスの音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」。
ルツェルン・フェスティバルは東日本大震災の復興支援として、2013年~2015年にかけて、松島町や、仙台市、福島市でコンサートやワークショップが行われました。その際活躍したのが移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」です。
東京ミッドタウンはこの復興支援の取り組みに賛同し、震災から6年半を迎える今、「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」を開催します。

巨大な風船のような「アーク・ノヴァ」の中はこのようになっています。
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン(LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 2017 in TOKYO MIDTOWN)
高さ18m、幅29m、奥行36mで、約500名収容できます。厚さ0.63㎜の塩化ビニールコーティングポリエステル繊維膜で作られています。
手前の人物のいる所が調整ブースです。
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン(LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 2017 in TOKYO MIDTOWN)
ステージから観客席側を見るとこのようになります。木製の長椅子にウレタンマットのクッションが敷かれています。
ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン(LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 2017 in TOKYO MIDTOWN)

ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン(LUCERNE FESTIVAL ARK NOVA 2017 in TOKYO MIDTOWN)」開催概要

開催場所:東京ミッドタウン 芝生広場内特設会場

【一般公開】
日程:9月20日(水)~24日(日)、30日(土)、10月1日(日)
時間:13:00~18:00
※ 9月22日(金)~24日(日)は21:30まで、30日(土)は23:00まで開館延長
※ 10月1日(日)15:30~17:00に「六本木アートナイト スペシャルプログラム」としてミニコンサートが開催されます。開演中の入場はできません。
※ 最終入場は閉館時刻の30分前となります
料金|500円(小学生以下無料)

【アートシアター】
日程:9月22日(金)~24日(日)
時間:受付開始18:30 上映開始19:00
定員:300名
料金:500円(小学生以下無料)
上映作品:9/22「アメリ」(2001) 9/23「オペラ座の怪人」(2004) 9/24「ビッグ・アイズ」(2014)

【六本木アートナイト スペシャルプログラム】
【トークイベント】
日程:2017年9月30日(土)
時間:14:30~16:00(開場14:00)
登壇者:磯崎新氏、ミヒャエル・へフリガー氏、梶本眞秀氏
定員:350名
料金:500円(小学生以下無料)

【ミニコンサート】
日程:2017年10月1日(日)
時間:16:00~17:00(開場15:30)
定員:480名
料金:1,500円 チケットはKAJIMOTO公式サイトにて販売

【ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ スペシャル・コンサート】
日程:2017年10月2日(月)、4日(水)
時間:10/2 11:30~/14:00~/16:30~/19:00~  10/4 12:15~/15:00~
料金:1,000~1,500円(出演者により料金が変わります) チケットはKAJIMOTO公式サイトにて販売
※10月2日(月)19:00の回では、演奏終了後、「被災地のために芸術ができること」をテーマにシンポジウムが行われます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

おとなのためのレオナルド・ダ・ヴィンチ展2017年09月25日 21時59分22秒

横浜駅東口のそごう美術館で開催されている「没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』」。
前期の「子どものためのレオナルド・ダ・ヴィンチ」から展示内容を一部変更して、 後期「おとなのためのレオナルド・ダ・ヴィンチ」が開催されています。 
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
会場入口の看板が、2Dプロジェクションマッピングで変化するようになりました。
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』

「おとなのためのレオナルド・ダ・ヴィンチ」展では、「応用技術 軍事用機械」というテーマが追加されて一部展示内容が変更されると共に、手稿の展示室が新たに設けられ、レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿の謎に迫っています。

主な展示は、フィレンツェの「Artisans of Florence」制作の大型模型と、その基となった手稿で構成されています。

「戦車」 Military Tank 1483~1485年頃
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
亀の甲のような形をしたこの戦車の装甲は、近代の戦車の原型になっています。敵の攻撃から兵士を守り、四方八方に備えられた大砲はあらゆる方向に発砲することが出来ます。
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』

「砲弾(ミサイル)」 Projectiles(Missiles) 1508年頃
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
城壁や胸壁を最も効果的に破壊する砲弾の形態の研究も行っています。現代の軍隊で使われているものと同じ、エアロダイナミクス(空気力学)にかなった形態になっています。
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』

「艦載砲」 Naval Cannon 1483~1485年頃
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
この艦載砲は、回転できる砲台の上に据え付けられているので、どの方向に向けても発射できます。
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』

「スコルピオと呼ばれる大鎌の付いた船」 Scorpion War-Boat 1484~1486年頃
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
レオナルドが「スコルピオ(サソリ)」と呼ぶ巨大な鎌の特徴は、一瞬で敵船をなぎ倒す破壊力と、回転台座による操作のしやすさにあります。
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』

「回転する大鎌の付いた2輪馬車」 Scythed Chariot 1485年頃
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
レオナルドの素描には、馬に引かれる2輪車に備えられた独創的な歯車機構で回転する大鎌が描かれています。2輪馬車が動くと、鋭い歯が回転し敵に打撃を与える仕組みになっています。
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』

「城壁を登るための道具」 Assault Techniques 1984~1486年頃
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
敵の城に忍び込むための道具です。城壁の石と石の間に打ち込んでよじ登るための、様々な種類の鉄製のクサビやフックを考案しています。この様な道具は、現代のロッククライマーたちが使っています。
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』

「鏡張りの部屋」 Miroor Chamber 1986年頃
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
軍事用機械ではありませんが、この鏡の部屋はミラノの君主を楽しませるために考案されたものだと推測されています。八面鏡の壁で囲まれ、中にいる人が自分の姿をあらゆる面から眺めることが出来ます。
没後500年記念『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』

開催場所:横浜市 そごう美術館
開催期間:2017年8月2日(水)~10月15日(日)※休館日:9月11日(月)
       <前期>8月2日(水)~9月10日(日)  ※終了しました
       <後期>9月12日(火)~10月15日(日)
開館時間:10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
入場料金:一般 1500円、大学・高校生 800円、中学生以下 無料


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今日はワープロの日2017年09月26日 13時17分05秒

日々何気なく使っている携帯電話のメールやスマートホン、PCでの文章入力機能ですが、漢字とかなという複数種類の文字を併用する日本語の文章を機械に認識・判断させて構成するのは大変なことです。

今日はワープロの日。
パソコンのワープロソフトは無料のフリーウェアから高価なものまでいろいろありますが、パソコンが普及する前はワードプロセッサ(略してワープロ)という、文章を入力して活字で印字する専用の機械が活躍していました。
ワードプロセッサも今のパソコン程一般家庭に浸透したわけではなく、私が某カメラ・家電量販店に出向して新店舗の立ち上げに携わっていた当時、店長さんがお客さんに「これはワールドプロセッサーと言いまして・・・・・」と説明していたのを懐かしく思い出します。

さて、なぜ9月26日が「ワープロの日」かというと、39年前の1978年9月26日、東芝が初の日本語ワードプロセッサ「JW-10」を発表した日だからです。(初出荷は翌年2月)
下の写真は「JW-10」です。東芝のホームページより引用しました。
事務机一つ分くらいの大きなサイズで、重量は220kg。
大卒初任給が約10万円という時代に、価格はなんと、630万円でした。

メール、ブログやホームページ作成、SNS投稿など何気なく使っている、かな漢字変換の日本語入力システムですが、約40年前に発表された日本語ワープロの技術が今でも生かされています。

因みに、世界初のワードプロセッサは、1964年の「IBM MT/ST」です。もちろん、日本語変換は出来ません。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.