Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

コツコツコツとキツツキの響2018年01月18日 18時18分18秒

木々の中を歩いていると、どこからかコツコツコツと木を叩く音が聞こえてきました。
コゲラ
キツツキの仲間でコゲラ(小啄木鳥)です。スズメくらいの大きさの小さな鳥です。
コゲラ

一生懸命に木を叩いて皮を剥いでいます。
ケラやキツツキを漢字で「啄木鳥」と書くのは「木を啄ばむ(ついばむ)鳥」の意味からです。
コゲラ
激しい勢いで樹皮を剥いでいるので、周りにそのカケラが飛び散ります。

よく見ると(写真をクリックして拡大してください)後頭部に血が滲んだように赤い色が見えます。
カラオケのリモコンで殴られたのでしょうか?
コゲラ
いえいえ、そうではなく、後頭部に赤い班が有るか無いかで雄雌が見分けられるそうです。
赤い班があるのはオスです。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

去年の流行語大賞・年間大賞は?※答えは「インスタ映え・忖度」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/01/18/8772089/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。