Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

セツブンソウ(節分草)2018年01月22日 21時23分45秒

1月20日に大寒に入ったとたんに今日は首都圏でも大雪が降っています。
次の二十四節気、2月4日の立春までは寒い日が続く時期になります。
立春の前の日は節分。季節の分け目、節分の頃に咲くのでこの名前が付いた「セツブンソウ(節分草)」が見頃を迎えました。
セツブンソウは関東地方以西の主に太平洋側に多く見られ、古くより節分のころに花が咲くのでこの名前があります。冬から早春のころに、白い花弁のような萼片を5枚開きます。
大きくても直径2cm程の小さくて白い可憐な花(萼)が点々と咲いています。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/01/22/8774737/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。