Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『キュリオス』2018年04月26日 11時43分59秒

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』東京公演が、お台場ビッグトップで開催されています。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』

会場に入るとすぐに目につくのが「ダイハツTHOR(トール)」。横にいるのは主人公のシーカー(THE SEEKER)が作ったアシスタントロボット「THE KURIOS (Plunger)」です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』
ダイハツTHORのナンバープレートは「11:11」。この数字が今回の公演の鍵を握っています。

欧米では、「11:11」(11時11分)に「Make a Wish !」とつぶやいてお願い事をする人が多く、1が並ぶ「11:11」という時間は偶然が重なりあう幸運な時間と捉えられているそうです。
物語は、舞台後方の壁にかかっている時計が、この特別な時間「11:11」の時を刻むところからスタートし、「11:11」のわずか1分間に主人公シーカーが体験する、想像を超えるアイディアと夢が詰まった大冒険を描いています。

『キュリオス』は、1984年に誕生した「シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)」の創設30周年を記念して制作された特別な作品です。
「KURIOS(キュリオス)」は、「好奇心」「骨董品」という意味を持つシルク・ドゥ・ソレイユの造語で、サブタイトルの「Cabinet of Curiosities」は「珍奇なものを集めた部屋」「驚異の部屋」「好奇心の飾り棚」などを意味します。

第1幕が約1時間、休憩30分を挟んで第2幕が約1時間で計2時間30分の演技ですが、あっという間に時間が経ってしまいました。
全体的にすごい迫力ですが、特に圧巻だったのは「ロシアン・クレードル」。地上約4メートルの高さで、人間空中ブランコのような大技が繰り広げられます。女性が宙に舞うたびに、会場からは悲鳴が飛んでいました。
「コントーション」はとても美しく、「バランシング・オン・チェア」では上下からの展開にあっと驚きます。
演技中は撮影不可なので、公式サイトの演目紹介をご覧ください。


フィナーレは携帯やスマホに限って撮影が可能です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』

写真左から、アコーディオンマン「ニコ(NICO)」、「コミック・アクト(COMIC ACT)」の演者、「ミスター・マイクロコスモス(Mr.MICROCOSMOS)」、右端は「クララ(KLARA)」です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『キュリオス』
クララは、ヒールで回ったり、アンテナになっているループスカートをさまざまな方向に向けることでアルファ波を受信します。演じているのは池田一葉(いけだかずは)という日本人です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』
キャストが前に出てくると、近すぎて画面に入りきりません。

終演後の舞台。「11:11」だった壁面の時計は「11:12」になっていました。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』


SS席オリジナル特典付 の特典です。
シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品『ダイハツ キュリオス』
特製おみやげバッグ(手提げ、ショルダー兼用・非売品)の中に、特製オフィシャルプログラム(ハードカバー仕様・非売品)、キュリオス キャラクターお菓子缶(非売品)、会場内ソフトドリンク飲み放題特典付きオリジナルパス(ストラップ付)が入って渡されます。
お菓子缶はスチール缶で、「ミスター・マイクロコスモス」の形をしています。中には、「ミスター・マイクロコスモス」、「クララ」、「ニコ」がプリントされたキャラクター・クッキーが7枚入っていました。



●東京公演 開催場所

●東京公演 開催期間
【東 京 公 演】 2018年2月7日(水) ~ 4月8日(日)  全83公演(終了しました)
【東京追加公演】 2018年4月17日(火) ~ 6月3日(日)  全69公演
【東京最終公演】 2018年6月4日(月) ~ 7月8日(日)  全49公演

●東京公演 公演日程
公式サイトをご覧ください。チケット購入案内もこちらから。

●東京公演 料金
■大人
SS席オリジナル特典付 21,000円(平日は20,000円)
SS席 13,500円(平日は12,500円)
S席 11,000円(平日は10,000円)
A席・車いす席 7,500円(平日は6,500円)

■学生

SS席 12,500円(平日は11,500円)
S席 10,000円(平日は9,000円)
A席・車いす席 6,500円(平日は5,500円)

■子供(3歳~小学生)
SS席 9,500円(平日は8,500円)
S席 7,500円(平日は6,500円)
A席・車いす席 5,500円 (平日は4,500円)

※SS席オリジナル特典付は大人・学生・子供の区別なく 21,000円(平日は20,000円)

以後、大阪、名古屋、福岡、仙台へと巡回します。

【大阪公演】 2018年7月26日(木) ~ 10月29日(月) 全132公演
【名古屋公演】 2018年11月22日(木) ~ 2019年1月27日(日) 全93公演
【福岡公演】 2019年2月15日(金) ~ 3月31日(日) 全64公演
【仙台公演】 2019年 4月 ~

シルク・ドゥ・ソレイユ公演は、2008年に東京ディズニーリゾート(TDR)内にあったシルク・ドゥ・ソレイユ専用劇場「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」で「ZED(ゼッド)」を見たのを最初に何公演かを観ていましたが、2014年に「オーヴォ」を見た時にあまり感動しなかったので、それ以来観なくなっていました。
今回久し振りに観に行って、感動! シルク・ドゥ・ソレイユが戻って来たぁ!って感じです。
今回の公演は皆さんに是非お薦めしたい内容になっています。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

_ モモタロウ ― 2018年04月27日 08時19分15秒

情報をありがとうございます。今まで見に行っていましたが、今年はどうなることか判りません。

_ ☆☆☆ ― 2018年04月27日 19時26分32秒

モモタロウさん、コメントをありがとうございます。
モモタロウさんも、シルク・ドゥ・ソレイユ がお好きですか。
今年の作品「キュリオス」は今までの中でも迫力のある楽しめる舞台になっていると思います。
是非ご覧ください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/04/26/8833665/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。