Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

港の見える丘公園 ローズガーデン2018年05月14日 22時16分40秒

横浜の港の見える丘公園で、ローズガーデンのバラが見頃になっています。
園内には「イングリッシュローズの庭(約150種 1,200株)」と、沈床花壇の「香りの庭(約100種 500株)」があり、イギリス館後庭から111番館後庭にかけての「バラとカスケードの庭(約80種 500株)」もあわせて合計約330種 2,200株のバラが咲き誇っています。

港の見える丘公園 ローズガーデン
奥に見える建物は大佛次郎記念館です。

西洋バラの多くは開港間もない横浜から日本へ上陸したといわれ、外国人商館の庭に咲いていたバラは、外国人と日本人の交流が広がるにつれ次第に一般の家庭でも見られるようになりました。
その後1世紀以上にわたって市民に親しまれているバラは、「横浜市の花」として制定されています。

敷地内には市指定文化財の洋館、「横浜市イギリス館」と「山手111番館」があり、イギリス館裏から山手111番館裏にかけて続くゆるやかな起伏のあるガーデン「バラとカスケードの庭」内にも約80種 500株のバラが植えられ、水路やベンチなども設けられていて、ゆったりと散策することができます。

横浜市イギリス館
横浜市イギリス館

横浜市イギリス館

山手111番館
山手111番館

山手111番館

山手111番館
港の見える丘公園、ローズガーデン、洋館は、入園・入館無料です。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/05/14/8851263/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。