Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

イル ピノーロ(IL PINOLO)ラチッタデッラ2018年06月06日 15時02分28秒

イル ピノーロ( IL PINOLO )川崎ラチッタデッラ店の割引クーポンが手に入ったので行ってみました。
通常10,450円のコースが2名以上で1名分無料になるという豪快なものです。本当か?

イタリアのヒルタウン(丘の上の街)をモチーフに作られたLA CITTADELLA(ラ チッタデッラ) 。
ヨーロッパを思わせる石畳の小道。華やかに軒を連ねる店々。人々が憩う噴水のある広場。ロマンスに満ちた光と音と水の饗宴…。
イル ピノーロ( IL PINOLO )は、そんな街の一角にあるマッジョーレ棟3階に店を構えるイタリアンレストランです。
イル ピノーロ( IL PINOLO )川崎ラチッタデッラ店
店内は高級レストランを思わせる落ち着いた雰囲気。
イル ピノーロ( IL PINOLO )川崎ラチッタデッラ店
案内された席からは、ラチッタデッラ・マッジョーレ棟の街並みを見下ろすことが出来ます。
イル ピノーロ( IL PINOLO )川崎ラチッタデッラ店

食前酒のグラスワインは500円。グラスワインは800円と1,000円。グラススパークリングワインはモエ エ シャンドン ブリュット アンペリアル1,500円。ボトルワインは4,500円から50種類くらい用意されています。

「アミューズ」は豆腐のパンナコッタにレモンの生果汁がかけてあります。
酸っぱいのでよくかき混ぜて召し上がって下さいとのことでした。この甘酸っぱい味は、初恋の味・・・かな?
アミューズ
アミューズと一緒に、自家製のパンとオリーブオイルが出てきました。

「冷前菜 盛り合わせ」です。
冷前菜 盛り合わせ
イタリア産モッツァレラとトマトのカプレーゼ、北海道産ミズダコのカルパッチョ、イタリア産生ハムなど。

「温前菜」です。説明されたけど、忘れてしまった。すんごく美味しいけど、何だかよく分からない・・・
前菜

「パスタ料理」です。
パスタ料理
タコと茄子と季節野菜のカポナータ? みたいなの イカ墨を練り込んだタリオリーニ。
ちょっといい加減なネーミングですが、そんなようなもの。

「魚料理」。
魚料理
カジキのサルターテ バルサミコソース添え。勝手に名前付けてますが、まあ、こんなもんかなと・・・
入荷した食材によって料理が変わるのか、印刷されたコースメニューが無いんです。

「肉料理」。
肉料理
肉料理は、アンガス牛のタリアータです。
ナイフで切るときはちょっと硬い感じがしました。1万円を超すコースなんだから、黒毛和牛にして欲しかったな!なんて思って口にしたら、柔らかくて味もしっかりしていて美味しい。
アンガス牛、侮(あなど)れないですね。
アンガス牛はスコットランド東部のアバディーンシャイア、アンガスの両州が原産地で、霜降りの部分と赤身の部分のバランスが良く、肉質が柔らかいのが特徴だそうです。

「ドルチェ」
ドルチェ
マンゴーのジェラートです。マンゴーの果肉が入っていて、ちょうどいい甘さで美味しい。

食後のドリンクにはコーヒーか紅茶が付いています。

そんなに高級食材を使っているわけではありませんが、味付けが美味しいので大満足です。
見た目にも綺麗に盛り付けてあります。
スタッフの対応も高級店なみに感じが良く、よく気が付いてくれます。2時間の設定の所、気が付いたら3時間以上居座っていたのに嫌な顔一つされませんでした。

アラカルトの価格も、前菜1,000円~2,400円、パスタ1,700円~2,000円、メインディッシュ2,400円~霧峰牛(霧島連峰産の牛肉)フィレ肉のタリアータが3,600円、ドルチェ600円~1200円と、雰囲気の割にリーズナブルです。
(価格は全て税抜きで、サービス料10%がプラスされます。)

接待などで利用しても十分満足してもらえるお店で、機会があればまた利用したいなと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/06/06/8880249/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。