Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ナンテン(南天)の花2018年06月21日 17時42分51秒

都立神代植物公園でナンテン(南天)の花が咲いていました。
ナンテン(南天)の花
晩秋から冬にかけて真っ赤な実を実らせるナンテンは、読みが「難転」=「難を転ずる」に通ずることから縁起の良い木とされて、昔から庭木や正月飾りとして使われてきました。
ナンテン(南天)の花
『その実は、「o-メチルドメスチシン」を多く含み、せき止め効果の高い生薬として、古くから利用されてきました。現在ではその効果を厚生労働省から認められ、医薬品の有効成分のひとつとして定められています。』(南天のど飴でお馴染みの常盤薬品ホームページより引用)
というように薬効があり、その葉は「南天葉(なんてんよう)」という生薬で、健胃、解熱、鎮咳などの作用があるとされます。
但し、ナンテンには、ナンテニン、ナンジニン、メチルドメスチシン、プロトピン、イソコリジン、ドメスチシン、リノリン酸、オレイン酸という毒成分を含んでいて、その毒性分を適量利用することにより薬効を導き出しているので、素人が安易に試すのは危険だという「難点」もあります。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。