Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

色が変わる花 シクンシ(使君子)2018年06月25日 20時55分40秒

都立神代植物公園の大温室で「シクンシ(使君子)」の花が咲いていました。
朝の咲き始めは白い花ですが、午後にかけて赤く色付いていきます。
シクンシ(使君子)
常緑のつる性木本植物で、果実が「使君子」という名で漢方薬として用いられます。生薬は回虫や蟯虫などの駆虫薬、整腸薬、健胃薬としての効能があります。
衛生環境が悪い時代には寄生虫の駆除は特に重要でした。そのため、駆虫作用をもつ薬は「天子から授かったほどの貴重な薬」と捉えて「使君子」と名づけられたといわれています。
日本では5月から9月にかけて花が咲きますが、日本の温室育ちのものは果実を付けることは少ないようです。
シクンシ(使君子)

植物で「シクンシ」というと「四君子」がまず先に思い出されますが、こちらは「蘭、竹、菊、梅」の4つの植物を組み合わせたものです。
蘭は、ほのかな香りで品格を持つとされ、竹は、寒中においても青々として曲がらずまっすぐに伸びること、梅は、雪の中春の訪れを告げて最初に花を咲かせる強さ、菊は、気を満ち邪気をはらう延命長寿の花とされることから、君子として必要な性質を象徴していると考えられました。
古くから東洋画の画題としてこの四君子が用いられ、春は蘭、夏は竹、秋は菊、冬は梅と、四季を通じるテーマにもなっています。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.