Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

とびっちょ2018年09月05日 07時44分38秒

昨日の台風21号は、主に近畿・東海地方に甚大な被害をもたらしました。被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

横浜周辺でも昨日は台風21号の影響で朝から強い雨が降っていました。
朝ご飯を食べようと冷蔵庫を漁ってみたのですが、食材が何もありません。
午前11時頃には雨が止んでいたので、朝食を兼ねて早めの昼食をとろうと「ららぽーと横浜」のフードコート「特選ダイニング FOURSYUN」へ。

「FOURSYUN」はフードコートらしからぬ高級感のあるガーデンレストランです。
席は椅子席、ソファー席、喫煙OKのテラス席など約720席があり、お子様連れでも安心して食事を楽しむことが出来ます。
「FOURSYUN」は2階にあり、窓側の席やテラス席からは「セントラルガーデン KiLaLa」を見渡すことが出来ます。
ららぽーと横浜
普通のフードコートのように各店での注文・支払いではなく、フードコート中央にある「オーダーカウンター」で注文・支払いを済ませると、各店ごとの呼び出しブザーが手渡されます。
料理が出来上がるとブザーが鳴るので、それぞれのお店へ取りに行くだけです。
量が多くて持ちきれないときは、すぐにスタッフの方が来て運ぶのを手伝ってくれます。
どこのフードコートにもある、食後の「返却口」なんて野暮なものはありません。食後はそのまま席を立てばスタッフの方が片付けてくれます。

「FOURSYUN」には多くの有名店や老舗が出店しています。
「浅草今半」、横浜中華街名物梅蘭やきそばの「梅蘭」、昭和6年創業うなぎの「世田谷 宮川」、「とんかつ まい泉」、仙台名物牛たんの「仙臺たんや利久」、1961年創業の中国料理店「南国酒家」、「比内地鶏生産責任者の店 本家あべや」、港区麻布台に本店を持つイタリアンレストラン「飯倉アルカフェキャンティ」、タイ料理の「マンゴツリーキッチン」、江ノ島に本店があるしらす問屋「とびっちょ」、食事とのセットドリンクも提供するカフェ「CRAIGHTON’S Cafe」と、計11店舗があります。

今回はマグロが食べたくて、「とびっちょ」にしました。
「三崎マグロ丼(特上)」です。
三崎マグロ丼(特上)
写真上にあるのはサービスの温泉玉子です。「お好みによってかけてお召し上がりください」との事。
その右は「生のり味噌汁」、右下は「しらす茶碗蒸し」です。
「しらす茶碗蒸し」はしらすの出汁(だし)を効かせた茶碗蒸しです。中にはしらすや海老、シイタケ、鶏肉などが入っていました。薄めの上品な味付けながらコクがあって美味しい茶碗蒸しです。
恨めしそうに見つめる、しらすの目が印象的でした。
しらす茶碗蒸し
マグロ漁港として有名な三崎の本マグロの刺身はスーパーでは買えない美味しさがあります。
大トロが2切れ。口の中に入れるとトロ~~ととろけ、上品な脂の味が口の中に広がります。旨い!
赤身が3切れ。かと思ったら、口の中に入れると、これは中トロです。程よい脂が赤身のようなしっかりとした「マグロ」の味に絡みついて、マグロらしさを堪能できます。食感もマッタリ、気分もマッタリです。
ネギトロも回転寿司のネギトロとは脂の味が違います。美味しい。
ネギがほんの少ししかありませんが「ネギトロ」でいいのかな?「中落ち」と言うべきかな?
でも、「ネギトロ」は中落ちをスプーン等でそぎ取ることを指す「ねぎ取る」という言葉に由来するというので、たとえネギが無くても、「ネギトロ」でいいのかな?
こういう屁理屈はさておいて、大変美味しくいただくことが出来ました。ごちそう様でした!



今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/09/05/8956585/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。