Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

帆船日本丸大規模改修 ドック注水2019年03月22日 21時19分41秒

3月21日に、大規模改修工事を行っている「帆船 日本丸」を浮かべるドック「旧横浜船渠株式会社第一号船渠(せんきょ)」への注水式が執り行われました。
改修工事を行うために水を抜かれたドックでは、明治時代に造られたドック壁面の石積みや渠底(きょてい)まで、その全体を見ることが出来ました。

これから注水式が始まります。 船尾では工事関係者が注水の様子を見守ります。

午前9時30分からの、主催者や来賓の挨拶、来賓紹介の後、大規模改修事業の説明があり、いよいよ横浜市立桜丘高校ブラスバンドの演奏に乗せて、注水が始まりました。


長さ約204メートルのドックが徐々に水に浸っていきます。ドックの周りにはカメラの列が並びます。

盤木(支持台)と、船底のキールの部分が水に隠れました。

渠頭部の方にも海水が溜まりだし、石積みやレンガ積みの壁面の水位を少しずつ上昇させていきます。

スクリューにも海水が届きました。


ドック渠頭部の柵に赤い糸が張られています。船体が浮かんだ時に中心を合わせる為に利用するようです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.