Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

花散らしの雨2019年04月08日 10時02分16秒

今年の東京の桜開花は3月21日。満開は3月27日でした。
開花宣言から18日たった今日も、東京の桜は殆どの場所で満開状態を保っています。
満開になってから気温の低い日が続いたので、花が長持ちしているようです。

今日の関東地方は「花散らしの雨」が降っています。
今まで頑張ってくれたソメイヨシノの花も散ってしまうんでしょうか・・・
JR川崎駅北口近くのソリッドスクエアという商業ビル横に咲いているソメイヨシノです。この雨にも負けず、まだまだ見頃を保ってくれそうな感じがします。


--------------------------
雲竹斎の今日の薀蓄(うんちく)
--------------------------
久し振りじゃのう。雲竹斎じゃ。
天気予報などでよく「花散らしの雨」、「花散らしの風」などと言っておるが、「花散らし」の本来の意味はちょっと違うんじゃ。
広辞苑を見てみると、『三月三日を花見とし、翌日若い男女が集会して飲食すること。(九州北部地方でいう)』と書かれているんじゃな。三月三日とは旧暦じゃ。
お花見をして一夜を明かした後、翌日また飲食を楽しむという、艶っぽい言葉なんじゃ。
女の子が桜の花びらを空に撒きながら「花散らし~💛」なんて単純に言うのはちょっと考え物じゃな。

言葉というのは時代を経るに従って変わっていくものじゃ。
NHKの気象ハンドブックには「花散らしの風」について、本来の意味を解説した後に『最近は桜の花を散らす強風を指して言うこともある』と書かれておる。
天下のNHK様が認めておるんじゃから、強ち(あながち)間違った使い方ではないようじゃ。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

上野動物園の五重塔(旧寛永寺五重塔)2019年04月08日 11時24分43秒

1911年(明治44年)に国重要文化財に指定された「旧東叡山寛永寺五重塔」です。
上野動物園の五重塔(旧寛永寺五重塔)
「旧寛永寺五重塔」は、1831年(寛永8年)のちに初代大老となる土井利勝によって、寛永寺の境内である上野東照宮内に建立されました。
1639年(寛永16年)に花見客の失火で焼失しましたが、同年、利勝により再建されました。
1958年(昭和33年)に寛永寺から東京都に寄贈され、現在は上野動物園の敷地内にその姿をとどめています。
上野動物園に入園しなければ、近くに行く事は出来ません。
上野動物園の五重塔(旧寛永寺五重塔)
塔の高さは約32メートルあります。
五重塔がある上野動物園と、隣接する「上野東照宮」境内とはフェンスで区切られていますが、昔はこのフェンス側に参道があったので、上野動物園から見ると裏側にあたるフェンス側が五重塔の正面になります。
一番上の写真が上野動物園から見た五重塔、下の写真が正面(フェンス側)から見た五重塔です。
上野動物園の五重塔(旧寛永寺五重塔)
フェンス側へ回るには柵があって、一見通行止めのように見えますが、自分で柵の入り口を開けて中に入ることは許されています。
ほとんどの人は通行止めの柵だと思って入ってこないので、動物園の喧騒から逃れた静かな場所になっています。

当然、シートを敷いてお花見などは出来ませんが、ゆっくりと散歩をしながら桜を愛でるには最高の場所です。
上野動物園の五重塔(旧寛永寺五重塔)

上野動物園の五重塔(旧寛永寺五重塔)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.