Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜港に外国豪華客船が4隻同時入港2019年04月27日 23時48分51秒

10連休初日となる今日(4月27日)、外国の大型客船4隻が横浜港に着岸しました。外国の豪華客船が4隻同時入港するのは国内初となります。

着岸したのは、横浜港大さん橋国際客船ターミナルに英船籍のダイヤモンド・プリンセス(115,906トン)、山下ふ頭にバハマ船籍のノルウェージャン・ジュエル(93,502トン)、大黒ふ頭にパナマ船籍のMSCスプレンディダ(137,936トン)とマルタ船籍のアザマラ・クエスト(30,277トン)です。


今日は午前中時々小雨が降るあいにくの空模様で、横浜港にはかなり靄がかかっています。
「さて、私は何処にいるでしょう・・・」みたいな感じで、船がどこに着岸しているのか、どこに着眼すればいいのか、よく分かりません。
少しアップにしてみました。やっぱり霞んでいますね。
左下にいる比較的大きな船は海上保安庁の巡視船「PLH32 あきつしま」です。

横浜ベイブリッジの下にある展望施設「横浜スカイウォーク」から見ると、大黒ふ頭に着岸しているアザマラ・クエスト(手前)とMSCスプレンディダを見ることが出来ますが、後ろ向きですね (T_T)
MSCスプレンディダの前にいる船はTRANS FUTURE 7 という自動車運搬船です。
みなとみらいの方向を見ると、山下ふ頭に着岸しているノルウェージャン・ジュエルと、大さん橋に着岸しているダイヤモンド・プリンセスが見えます。他の船と比べると、その大きさを実感します。

ダイヤモンド・プリンセスです。横浜港には数多く入港していてよく見かける船なので、ちょっと違うアングルから撮影してみました。
2013年5月の初入港時には船首が白一色でしたが、2017年に船体前方部にプリンセス・クルーズのロゴマークであるシーウィッチが塗装されました。


ノルウェージャン・ジュエルです。昨年(2018年)4月1日に横浜に初入港しました。
山下ふ頭に接岸しているノルウェージャン・ジュエルの船首方向、横浜ベイブリッジの向こうに、MSCスプレンディダとアザマラ・クエストが見えます。

大黒ふ頭に並ぶMSCスプレンディダとアザマラ・クエストです。
MSCスプレンディダは、総トン数137,936トン、全長333.3メートル、全幅37.92メートルと超大型なので、横浜ベイブリッジの下を通れません。
2018年4月27日に横浜港へ初入港しました。当時は船首に中国語で「地中海輝煌號」と書かれていましたが、それが消されています。


アザマラ・クエストは、30,277トン、全長180メートルと小柄ですが、乗客1.8人につき乗務員1人というクルーの数及び質の高さ、スイート客室のバトラー対応はもちろん、ホスピタリティー溢れるサービスが評判の豪華客船です。
運航会社はアザマラ・クラブ・クルーズで、セレブリティクルーズ社が2007年に立ち上げた新ブランドになります。
アザマラ・クエストの就航も2007年で、船籍はマルタです。今年4月14日に横浜港に初入港して、2回目の入港になります。
アザマラ・クエスト

アザマラ・クエスト




最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/04/27/9065337/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.