Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

八景島シーパラダイス2019年05月03日 18時42分24秒

令和元年初日の5月1日に、八景島シーパラダイスへ行ってきました。

人気アトラクションのサーフコースター「LEVIATHAN(リヴァイアサン)」を上から眺めますが、私はこれには絶対乗りません。絶対に。
八景島シーパラダイス

スマホで雨雲レーダーを見ると、午後3時頃から雨になりそうだったので、先に屋外のアトラクションに乗って、雨が降りだしてから屋内施設の水族館を楽しむことにしました。

かわいい海の動物たちがいっぱいいるので、園内に4つある水族館だけでも一日中楽しめます。

展示だけではなくイルカ(シロイルカなど)やオタリア、ペンギン、コツメカワウソなどと触れ合うこともできますし、ファミリーで楽しく魚を釣ることもできます。
驚いたことに、釣った魚を施設内で調理して食べることができます。えっ、水族館なのに?と思ったのですが、私たちは生き物の貴重な命をいただきながら生きています。「獲って、食べる」という「いのち」をいただく「食育」を体験できる良い機会になります。

八景島シーパラダイスといえば、やっぱりイルカ。
ショーで活躍する「カマイルカ」です。性格は大変真面目な頑張り屋さんだそうです。
背びれの形が草などを刈る鎌に似ていることから「カマイルカ」という名がつきました。
カマイルカ

「バンドウイルカ」です。このイルカもショーでは人気者です。

美味しそうな魚がいっぱい泳いでいます。「タカベ」です。
本州から九州の太平洋沿岸に分布する海水魚で、日本固有種です。
体色は腹部が銀色で背部は青っぽい色をしています。その青い背中に黄色いスジが入るので、すごく美しく輝きます。
タカベ
刺身や煮付、一夜干しなどでも食されますが、塩焼きが一番美味しいといいます。脂が乗ってくる夏が旬といわれ、タカベの塩焼きに生ビールが最高だという人は多いです。価格は高めで高級魚の扱いになります。

「オウサマペンギン」は愛嬌が良く、お客さんと遊んでくれます。
オウサマペンギン
八景島シーパラダイスには「オオサマペンギン」「イワトビペンギン」「マカロニペンギン」「ジェンツーペンギン」「マゼランペンギン」「ケープペンギン」「アデリーペンギン」と、7種類のペンギンがいます。


「ミズクラゲ」です。新江ノ島水族館のクラゲはゆったりと泳ぐ姿に癒されますが、これだけギュウギュウに泳いでいると、ちょっと不気味な感じもします。
ミズクラゲ

「アオウミガメ」です。ディズニーのアニメ映画「ファインディング・ニモ」に登場した「クラッシュ」で有名になりました。
アオウミガメ

じっと見ていると、みんなかわいいですね。

夕食を食べながら話し込んでしまって、1日に1回しか行われないナイトショー「RIGHTIA(ライティア)」の開催時間が迫っていました。30分前に会場に着いたら、席は殆ど満杯です。仕方がないので後ろの方で我慢です。
イルカのジャンプに合わせて、プロジェクションマッピングやレーザー光線などで幻想的な空間を演出。バンドウイルカやカマイルカが、万華鏡のような光の中を水しぶきを上げて華麗に舞うという、「音・光・映像」と「人・イルカ」が一体となって繰り広げられるナイトショーです。
LIGHTIA

LIGHTIA

LIGHTIA

LIGHTIA

遊びつくした今日1日は、シーパラのオリジナル花火ショー「花火シンフォニア」で締めくくります。
花火シンフォニア
令和元年初日の打ち上げ花火は雨が降る中にも拘らず、開催されました。
(「花火シンフォニア」は別枠でアップしました。よろしければ、こちらでご覧ください)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/05/03/9067923/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.