Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

都会のビルの屋上にカルガモの親子2019年06月01日 16時19分44秒

東京都世田谷区にある東急田園都市線・二子玉川駅直結の「二子玉川ライズ」。
ショッピングセンター、シネマコンプレックス、レジデンス、ホテル、スタジオホール、公園などを有する複合施設です。
二子玉川ライズショッピングセンター」の「テラスマーケット」4階にある「メダカの池」に今年もカルガモ親子が姿を見せました。
カルガモの親子
二子玉川ライズは「地域に根づいた空間」を目指し、多摩川や等々力渓谷、国分寺崖線などの地形や、そこで見られる野草や樹木を取り入れた植栽計画で、周辺との生態系のつながりを目指すランドスケープの設計により、2014年に生物多様性保存への貢献度などを定量評価する「ハビタット評価認証(JHEP)」制度で国内最高ランク(AAA)の認証を取得しています。
カルガモの親子
2007年から再開発事業に着手し、2010年に一部施設が竣工した後、2015年4月に全体開業しました。
2015年の全体開業から2年が経過した2017年春、2組のカルガモのつがいが、めだかの池へ姿を見せるようになりました。
その後、毎年カルガモ親子を見られるようになり、今年は3年目になります。
カルガモの親子
今年は5月25日にカルガモの卵が発見され、30日に9羽のひなが確認されました。
カルガモの親子
9羽のひなたちがお母さんの後に続いて1列になって泳いでいきます。かわいいですね。
カルガモの親子

だだ、この施設では過去に、『カルガモ親子が複数の(人間の)子どもと保護者とみられる大人たちによっておよそ1時間半に渡り、施設内を追いかけられたことで巣に戻ることができず、いなくなってしまった』という残念な事例が起こっています。
このポスターは、 「二子玉川まちメディア・futakoloco 」の記事より引用しました。

カルガモや他の生き物たちに恐怖感を与えないように、マナーを守って見守ってあげましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

シャンシャン、まだ日本にいられるよ!2019年06月01日 19時23分38秒

東京都の小池百合子知事が昨日の定例記者会見で、上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」の中国への返還期限が延期されたと発表しました。
シャンシャン
シャンシャンは2017年6月12日、雄の「リーリー」と、雌の「シンシン」の間に誕生しました。
リーリー、シンシン、共に中国から貸与されているジャイアントパンダです。
中国との協定では、中国が貸与したパンダが子どもを産んだ場合、生後24カ月で返還する取り決めとなっていましたが、東京都は、「シャンシャンが多くの日本人に愛されている」ことを踏まえ、輸送時のストレスや中国での環境に慣らす時期などを考慮して、中国野生動物保護協会と返還期限について交渉してきました。
その結果、返還期限が2020年12月31日まで延期されました。上野動物園での展示を終了する具体的な時期はまだ決まっていないということです。
シャンシャン(Xiang Xiang)

返還が1年半延びたのは、本当に喜ばしいことです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

あらよっ!2019年06月02日 21時17分02秒


おめえ、すげーな

新作映画公開中の「GODZILLA」・・・ではありません2019年06月03日 11時18分00秒

アメリカ映画「GODZILLA::King of the Monsters (ゴジラ キング・オブ・モンスターズ)」が、先週の金曜日、5月31日から全国&全米で公開されています。
ゴジラ、ラドン、モスラ、キングギドラという神話時代の人気怪獣が復活するということで話題の超大作です。

ということで、GOZILLAを激写! ・・・・・ではありません。
グリーンイグアナ

上野動物園にいる「グリーンイグアナ」です。
グリーンイグアナ
グリーンイグアナは子供の頃はきれいな緑色でかわいいのでペットとして人気がありますが、成長すると2メートル近い大きさになり、力も強いので、飼いきれなくなってしまう人が多いようです。
グリーンイグアナ
有鱗目、トカゲ亜目、イグアナ下目、イグアナ科、イグアナ亜科、イグアナ属で、種がグリーンイグアナというトカゲの仲間です。トカゲもここまで大きくなると、まるで恐竜のようです。
グリーンイグアナ
首をかしげる仕草は、映画「ジュラシック・パーク」の一場面を思い出させます。 
グリーンイグアナ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

白目をむいたハシビロコウ2019年06月04日 10時34分03秒

上野動物園で動物にカメラを向ける人が一番多いのは断トツでジャイアントパンダですが、2番目はハシビロコウではないでしょうか。
「動かない鳥」として人気のあるハシビロコウの前で、じっとカメラを向けている人をよく見かけます。それも圧倒的に女性が多いですね。
ハシビロコウ
上野動物園のハシビロコウは、よく動くことで知られています。
人間の方もハシビロコウのように動かないでじっと待っていれば、羽を広げて飛ぶ姿も見せてくれます


そのハシビロコウが白目をむいています。大きな目で真正面から睨まれるとちょっと怖いのですが、白目をむかれるともっと怖いです。
ハシビロコウ
アップにしてみました。
ハシビロコウ
実はこの白いのは目玉ではなく「瞬膜(しゅんまく)」といって、瞼(まぶた)とは別に水平方向に動いて眼球を保護する膜です。目の内側から瞬間的に出てくるため「瞬膜」と呼ばれています。
瞬膜は瞼のように上から降りてくるのではなく、顔の中心側から水平方向に動きます。眼球へ何らかの刺激(水中や風など)を受けると、眼を守るため反射的に瞬膜が閉じて眼球を保護します。

通常はこんなに大きな目を見開いて、じぃ~~~~~と立っています。
ハシビロコウ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

アカアシガメ(Red-footed tortoise)2019年06月05日 12時22分38秒

東京都恩賜上野動物園(通称 上野動物園)の両生爬虫類館に、歌舞伎の隈取のように鮮やかな赤い模様が入ったカメがいました。
アカアシガメです。英名でもそのままで Red-footed tortoise といいます。
その名の通り、足に赤い模様がいっぱい入っていて、すごく派手で目立つカメさんです。
アカアシガメ(Red-footed tortoise)
カメ目、リクガメ科、ナンベイリクガメ属に分類されます。
中南米に自然分布していて、ワシントン条約附属書II (国同士の取り引きを制限しないと、将来、絶滅の危険性が高くなるおそれがある生き物)に指定されています。
アカアシガメ(Red-footed tortoise)

班の色が黄色い、「キアシガメ(Yellow-footed tortoise)」という種もいました。
キアシガメ(Yellow-footed tortoise)

アカアシガメキアシガメ アカアシガメキアシガメ アカアシガメキアシガメ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

釣り人2019年06月06日 09時34分31秒




ガラパゴスゾウガメ2019年06月07日 11時58分19秒

上野動物園にいる「ガラパゴスゾウガメ」です。
ガラパゴスゾウガメ
「ガラパゴスゾウガメ」は、爬虫綱、カメ目、リクガメ科、ナンベイリクガメ属に分類されるカメのうち、ガラパゴス諸島産の複数種「ガラパゴスゾウガメ種群」を指す総称です。( それぞれが独立種とする説もあります)
ガラパゴス諸島の名はスペイン語で「カメ」を指す「galapago」に由来します。

ダーウィンがガラパゴス諸島を訪れたとき(1835年)には15亜種のゾウガメが存在していたといいますが、17~19世紀頃には海賊船や捕鯨船、商船などの乗組員が食用に乱獲しており、現在では11亜種のみが確認されています。

草や低木・サボテンを含む多肉植物の葉、果実、花などを主に食べる植物食なので、歯はありません。
ガラパゴスゾウガメ
時々、ピンク色の舌だか皮膚のようなものを出しながら草を食べています。口の中は、ちょっと気持ち悪いくらいのピンク色をしています。
ガラパゴスゾウガメ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

印象派への旅 海運王の夢 バレルコレクション展2019年06月08日 20時24分31秒

「印象派への旅 海運王の夢 バレルコレクション展」に行ってきました。

この展覧会は、2018年10月からの福岡県立美術館に始まり、12月からの愛媛県美術館と開催されてきた後、2019年4月27日~6月30日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催されています。
東京会場の後は、2019年8月7日~10月20日に静岡市美術館、2019年11月2日~2020年1月26日に広島県立美術館へと巡回されます。
印象派への旅 海運王の夢 バレルコレクション展

ウィリアム・バレル(1861~1958年)は、産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王です。
バレルが収集した作品は彼の故郷であるグラスゴー市に寄贈されました。
これらバレル・コレクションは、バレル自身が出した条件によって英国外への貸し出しが禁じられていました。しかし今回、美術館が改修工事のため閉館になり、2020年の再オープンまでの期間に限り貸し出しが可能になったといいます。

エドガー・ドガの「リハーサル」など、大半の作品が日本初公開であり、最後になるかもしれません。
本展では、9,000点以上にも及ぶバレル・コレクションの中から、西洋近代絵画に焦点をあてた73点の作品と、同市のケルヴィングローヴ美術博物館が所蔵するゴッホやルノワールを含む7点の作品を展示しています。

展覧会は、フィンセント・ファン・ゴッホの《アレクサンダー・リードの肖像》が展示された序章に始まり、
第1章:「身の回りの情景」 では、人物、果物、花など、部屋の中の静謐(せいひつ)かつ親密な情景が描かれた作品群を。
第2章:「戸外に目を向けて」 では、家の中、街中、郊外へと戸外に広く目を向けて、その景色や、生活・仕事を営む人々、動物を描いた作品群を。
第3章:「川から港、そして外洋へ」 では、海運王と呼ばれ、港や海への想いが人一倍強いであろうバレルが選んだ海景画を中心とした水辺の景観の作品群を展示しています。
カミーユ・コロー《船舶(ル・アーヴルまたはオンフルール)》 1830-40年頃

ウジェーヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》 1891年

開催期間:2019/4/27(土)-6/30(日)
休館日:2019/5/7(火)、5/21(火)、6/4(火)
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで) ※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
入館料:一般1,500円 大学・高校生1,000円 中学・小学生700円
     ※障害者手帳の提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。


お土産は、図録(2,160円)、トートバッグ(1,944円)、ショコラおかきセット=ホワイト・スイート(972円)です。
3,000円以上買ったのでB3サイズの展覧会ポスターも貰いました。(特に欲しかったわけではないのですが、袋に入れられてしまいました)
ショコラおかきセット=ホワイト・スイートです。 おかきにチョコレートをコーティング。
これが意外と美味しいんです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」タイアップメニュー2019年06月09日 23時59分43秒

Bunkamuraザ・ミュージアムで「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション展」を見終わって、午後2時過ぎという中途半端な時間でしたが、遅い昼食です。
Bunkamura1階・ギャラリー前にあるカフェ「ロビーラウンジ」では6月30日(日)まで、「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション展」開催を記念して、タイアップメニューを提供しています。
展覧会の半券提示サービスがあるというので、それにしました。
フード200円引、ドリンク100円引(重複利用可)なんですが、最初から割引分を上乗せした価格設定なんじゃないか、と疑う割にはそういうのにすぐ引っかかってしまう私です。


1861年に英国スコットランドの海港都市グラスゴーで生まれたウィリアム・バレルは、船舶の売買で大成功し「海運王」と称されました。
バレルは少年の頃から美術品に関心を持って収集を始めており、約9,000点にも上るコレクションを収集しています。
タイアップメニューでは、そのバレルが生まれたスコットランドにちなんだ料理を提供しています。

スコティッシュ プレート (税込1,600円)
スコティッシュ プレート
スコットランドの定番スコッチエッグをロビーラウンジ風にアレンジ。タルト生地に和牛のミートソース、チーズをのせて焼き上げています。(左上)
白インゲン豆をトマトソースで煮たベイクドビーンズ(上)、マッシュルームのマリネ(左)など、スコットランドでよく食べられる料理を盛り合わせたワンプレートメニューです。


オレンジキニーネ(税込900円)
オレンジキニーネ
スコットランドの国民的なソフトドリンク「アイアン・ブルー」をロビーラウンジ風に仕上げています。
アイアン・ブルー(IRN・BRU)」はスコットランドの炭酸飲料シェアNo.1といわれるソフトドリンクで、鮮やかなオレンジ色をしています(ブルーではないんです)。
この「オレンジ・キニーネ」では、コーディアルオレンジシロップにトニックウォーターを入れて、フルーティかつ爽やかな味にしたということです。
オレンジの酸っぱさの中に甘みを強く感じる濃いめの味が、トニックウォーターの爽やかさとマッチしてとても美味しく仕上がっています。

「キニーネ」というのはトニックウォーターに含まれている成分で、熱帯地方の英国植民地でマラリア防止のためにキニーネを大量に含んだトニックウォーターが飲まれるようになったのが始まりだということです。キニーネやキニーネを含有するキナ抽出物は、ブラックライトを当てると発光してとても綺麗なので、カクテルなどによく使われます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.