Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

シャンシャン、まだ日本にいられるよ!2019年06月01日 19時23分38秒

東京都の小池百合子知事が昨日の定例記者会見で、上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」の中国への返還期限が延期されたと発表しました。
シャンシャン
シャンシャンは2017年6月12日、雄の「リーリー」と、雌の「シンシン」の間に誕生しました。
リーリー、シンシン、共に中国から貸与されているジャイアントパンダです。
中国との協定では、中国が貸与したパンダが子どもを産んだ場合、生後24カ月で返還する取り決めとなっていましたが、東京都は、「シャンシャンが多くの日本人に愛されている」ことを踏まえ、輸送時のストレスや中国での環境に慣らす時期などを考慮して、中国野生動物保護協会と返還期限について交渉してきました。
その結果、返還期限が2020年12月31日まで延期されました。上野動物園での展示を終了する具体的な時期はまだ決まっていないということです。
シャンシャン(Xiang Xiang)

返還が1年半延びたのは、本当に喜ばしいことです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/06/01/9079776/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.