Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」タイアップメニュー2019年06月09日 23時59分43秒

Bunkamuraザ・ミュージアムで「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション展」を見終わって、午後2時過ぎという中途半端な時間でしたが、遅い昼食です。
Bunkamura1階・ギャラリー前にあるカフェ「ロビーラウンジ」では6月30日(日)まで、「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション展」開催を記念して、タイアップメニューを提供しています。
展覧会の半券提示サービスがあるというので、それにしました。
フード200円引、ドリンク100円引(重複利用可)なんですが、最初から割引分を上乗せした価格設定なんじゃないか、と疑う割にはそういうのにすぐ引っかかってしまう私です。


1861年に英国スコットランドの海港都市グラスゴーで生まれたウィリアム・バレルは、船舶の売買で大成功し「海運王」と称されました。
バレルは少年の頃から美術品に関心を持って収集を始めており、約9,000点にも上るコレクションを収集しています。
タイアップメニューでは、そのバレルが生まれたスコットランドにちなんだ料理を提供しています。

スコティッシュ プレート (税込1,600円)
スコティッシュ プレート
スコットランドの定番スコッチエッグをロビーラウンジ風にアレンジ。タルト生地に和牛のミートソース、チーズをのせて焼き上げています。(左上)
白インゲン豆をトマトソースで煮たベイクドビーンズ(上)、マッシュルームのマリネ(左)など、スコットランドでよく食べられる料理を盛り合わせたワンプレートメニューです。


オレンジキニーネ(税込900円)
オレンジキニーネ
スコットランドの国民的なソフトドリンク「アイアン・ブルー」をロビーラウンジ風に仕上げています。
アイアン・ブルー(IRN・BRU)」はスコットランドの炭酸飲料シェアNo.1といわれるソフトドリンクで、鮮やかなオレンジ色をしています(ブルーではないんです)。
この「オレンジ・キニーネ」では、コーディアルオレンジシロップにトニックウォーターを入れて、フルーティかつ爽やかな味にしたということです。
オレンジの酸っぱさの中に甘みを強く感じる濃いめの味が、トニックウォーターの爽やかさとマッチしてとても美味しく仕上がっています。

「キニーネ」というのはトニックウォーターに含まれている成分で、熱帯地方の英国植民地でマラリア防止のためにキニーネを大量に含んだトニックウォーターが飲まれるようになったのが始まりだということです。キニーネやキニーネを含有するキナ抽出物は、ブラックライトを当てると発光してとても綺麗なので、カクテルなどによく使われます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.