Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

五島美術館「動物のかたち」展2019年06月28日 12時15分15秒

渋谷にある大型複合文化施設「Bunkamura」の会員サービスで当たった「五島美術館 夏の優品展『動物のかたち』開催記念 オリジナル巾着」を貰いに五島美術館へ行ってきました。
五島美術館
五島美術館は東京都世田谷区上野毛という閑静な高級住宅街の一角にある美術館です。
東京急行電鉄(東急)を創設した実業家五島慶太の美術コレクションを保存展示するために、1960年(昭和35年)に開館しました。
国宝「源氏物語絵巻」をはじめ、日本・東洋の古美術を中心に国宝5件、重要文化財50件を含む約5,000件を所蔵します。

6月22日(土)から開催されている「五島美術館 夏の優品展『動物のかたち』」開催記念として、オリジナルの猿図がデザインされた巾着が、MY Bunkamura登録者の中から抽選で5名にプレゼントされました。
当選者は五島美術館への入館も無料になります。

『動物のかたち』展では、古代から近代まで、愛らしい鳥たちや小動物、ほのぼのとした牛・馬、水辺の生き物など絵画や工芸に表された様々な動物の姿を、館蔵品の中から、国宝や国重要文化財を含む約50点の名品を選んで紹介しています。

展示館からは、武蔵野の面影を残した広大な庭園に出ることが出来ます。
五島美術館

この庭園は、多摩川が武蔵野台地を侵食してできた「国分寺崖線」上に位置する傾斜地で、五島家より寄贈された当時の姿をできる限り変更せずに、自然に近い状態を残しています。

ちょうど、アジサイが咲いていました。
五島美術館
径路は高低差が約35mあります。苔むす小径など、足元には注意が必要です。
五島美術館

世田谷区とは思えない、森林の中に入り込んだような爽やかさです。
ウグイスやシジュウカラの鳴き声が、木々の間を渡っていきます。
五島美術館

菖蒲園や、瓢箪池、蓬莱池などの池も点在します。
五島美術館
池には錦鯉が悠々と泳ぎ、鴨ものんびりと羽を休めています。
五島美術館



五島美術館

五島慶太氏は、自然環境はそのままに石塔、石灯篭、石仏などを配置して径路を整え、足腰の鍛錬も兼ねて庭園内を散策するのが日課だったといいます。


五島美術館


「五島美術館 夏の優品展『動物のかたち』」開催概要
開催場所:五島美術館
開催期間:2019年6月22日(土)~8月4日(日)
休館日:毎月曜日(7月15日は開館)、7月16日(火)
開館時間:午前10時―午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般1,000円/高・大学生700円/中学生以下無料



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.