Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

インドクジャク2019年07月10日 13時16分39秒

夢見ヶ先動物公園のインドクジャク(♂)が、きれいに羽を広げていました。
インドクジャク
広げているのは上尾筒(じょうびとう)という飾り羽で、尾羽ではありません。
インドクジャクの繁殖期は3月~6月頃です。この時期になるとオスは飾り羽を立てて扇の形に大きく広げ、ミャーミャーと大きな声を出しながらメスの前でアピールをします。この求愛行動を「ディプレイ」というそうです。
インドクジャク
インドクジャクはキジ目キジ科クジャク属の鳥類です。
クジャク属の模式種(基準標本)で、その美しい姿から、観賞用としても珍重されています。
インドクジャク
観賞用に飼育されていた個体が遺棄、あるいは脱走し世界各地に帰化し、日本でも沖縄などに多く繁殖し、外来生物法で「要注意外来生物」に指定され、駆除が進められています。
こんなにきれいな鳥なのに、もったいない話です。


クジャクの前で「広げろ!広げろ!」と叫んでいる子供や大人をよく見かけますが、人間の掛け声で羽を広げることはありません。拍手をすると気分を良くして羽を広げるとも言われますが、これも間違いの様です。
クジャクは自分の意思で羽を広げるのです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.