Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ 横浜入港2019年07月20日 19時20分40秒

濃霧の中、横浜港に「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ (Spectrum of the Seas)」が入港してきました。
なんとか船体が確認できるかな?という、濃い霧に包まれています。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
今日は基本的に曇りで、時々細かい雨がぱらつく梅雨らしい天候です。
横浜港シンボルタワーの芝は雨に濡れてきれいな緑色ですが、船体は霞んでしまっています。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ (Spectrum of the Seas)」は、2019年4月18日に就航したばかりの新造船です。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

近年、船旅の人気とニーズが高まりを見せているアジア市場に向け、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが特別に建造した、総トン数16万8,666トン、全長347m、全幅41mで乗客定員4,246人という超大型豪華客船です。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
船上に伸びているクレーンのようなものは、決して工事をしている訳ではありません。360度の景色が堪能できるガラス張りのカプセル型展望施設「ノーススター」です。旋回するアームにより、海上約90mの空の旅が楽しめます。 怖いですね。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
船尾の黄色い球体は、VR技術による新感覚のバンジートランポリン「スカイパッド」です。
その他にも、約9mのガラスドームの中を空中遊泳する「リップコード・バイ・アイフライ」、船上サーフィン「フローライダー」など、遊びつくせないほどのアクティビティが満載です。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

当面は上海を母港とし、クァンタム・オブ・ザ・シーズに代わり同港を発着するアジアラインのクルーズ客船として運用される予定だそうです。日本の港に入港する機会も多くなるかもしれません。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

白灯台と赤灯台の間を抜けて、大黒ふ頭へ向かいます。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

「キリンさん」と私が呼んでいるクレーン (正式にはガントリークレーン=Gantry crane といいます)が並ぶ向こうに、鶴見つばさ橋が霞んで見えます。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

写真左の斜張橋は横浜ベイブリッジです。中央にある2つ並んだ白いカマボコ型の建物が大黒ふ頭の客船ターミナルです。間もなく接岸です。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ 」の横浜初入港は6月10日でしたが、かなり強い雨が降っていたので撮影は断念しました。
次回は10月31日(木)に入港する予定です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/07/20/9131246/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.