Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜ハンマーヘッドにダイヤモンド・プリンセスが初着岸2019年11月04日 13時18分12秒

10月31日に横浜の新港ふ頭にオープンした、客船ターミナルとホテル、商業施設、公園が一体となった複合施設「横浜ハンマーヘッド」。
その、「新港ふ頭客船ターミナル」の第一船として、豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」が今日着岸しました。


新港ふ頭客船ターミナルに接岸したダイヤモンドプリンセスの船首方向、横浜ベイブリッジをくぐって飛鳥Ⅱが入港してきました。
飛鳥Ⅱとダイヤモンド・プリンセス
朝なので完全に逆光になっています。シルエットで映る、左から横浜ベイブリッジ、飛鳥Ⅱ、ダイヤモンド・プリンセスです。

飛鳥Ⅱとダイヤモンド・プリンセス

飛鳥Ⅱは横浜港大さん橋国際客船ターミナル(通称=大さん橋)に接岸しました。右端奥の方に飛鳥Ⅱの一部が見えます。

「横浜ハンマーヘッド」は地上5階建てで、延べ床面積約3万平方メートル。
客船ターミナルは1階にあり、1階と2階は商業施設で「食」をテーマにした体験・体感型の店舗など25店が入っています。ホテルは1階から5階で、3階から5階に約200の客室があります。
(この写真は8月21日に撮影したもので、まだ工事中です)

1899年(明治32年)にこの地の埋め立てを開始し、1914年(大正3年)に貨物船用に新港埠頭の整備が完成しました。その際、国内初となる港湾荷役専用のイギリス製のクレーン「ハンマーヘッドクレーン」が設置されました。
クレーンは50トン級で高さ約30メートル。金づちに似た形状から「ハンマーヘッド」と呼ばれて親しまれてきました。
「ハンマーヘッド」という施設名は、そのハンマーヘッドクレーンが由来となっています。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.