Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜のホテルのてっぺんに女神像2019年11月14日 11時43分27秒

横浜の観光名所「みなとみらい21地区」に建ち並ぶビル群。
左から、横浜ランドマークタワークイーンズスクエア横浜のクイーンズタワーA・B・C各棟、横浜ベイホテル東急、横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)の会議センター、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルです。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル館内は、クリスマスデコレーションで輝いています。
1階の吹き抜け、アトリウムロビーには高さ6mのクラシカルなクリスマスツリーが登場しました。
上の写真右下、階段の正面中央に、天使のような像が飾られています。
これは、彫刻家・吉野毅(よしのたけし)さんの作品で、「みちびき」といいます。高さ約1mのブロンズ像です。
吉野毅 みちびき
国際会議場と展示ホールとホテルからなるコンベンション・センター「横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)」のうち、1991年(平成3年)7月にヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルと会議センターが最初に完成しました。
その際、「みちびき」像は会議センター1階に設置されましたが、より多くの人に見てもらいたいと2010年(平成22年)にヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル1階ロビーに移されました。

ヨットの帆を模したヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルの建物の最頂部にも、海に臨む位置に建設当時から「みちびき」の像が設置されています。
船の安全な航海を願い船首に女神像を飾ったことに倣い、船を安全に目的地まで導く守護神として、また、世の中をより平和に導いて欲しいとの願いをこめて、この位置に「みちびき」のレプリカが造られました。高さ約4mのブロンズ像です。
夜になると黄金色の光に輝いて海の安全を見守ります。
吉野毅 みちびき

吉野毅 みちびき

横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)の「PACIFICO」は、「Pacific」と「 Convention」を組み合わせた造語です。
アネックスホール、展示ホール、国立大ホール、会議センター、ホテルなどで構成されているコンベンションセンターです。
展示ホールはさざめく波を、国立大ホールは貝殻を、会議センター(下の写真)は波に反射する光を、ホテルは風をはらんだヨットの帆をイメージしています。

パシフィコ横浜の公式ホームページに分かりやすい写真があったので、引用させていただきました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/11/14/9176820/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.