Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

2019・12・21 新国立競技場OPEN!2019年12月23日 12時04分11秒

2019年12月21日にオープニングイベント「~HELLO, OUR STADIUM~」が開催された国立競技場ですが、18時30分から始まったオープニングイベントの前に、午前8時から「国立競技場 FIRST WALK」というイベントがあり、国立競技場の内部が公開されました。

千駄ヶ谷門側から見た国立競技場です。
国立競技場

夜はこんな感じになります。
国立競技場

「杜のスタジアム」をコンセプトにした建物は木をふんだんに使っていて、各フロアの外周にも植栽がされています。
国立競技場
軒ひさしには全国47都道府県の木が使われ、競技場を中心としてそれぞれの地方の方向にその地方の木が配置されています。
国立競技場

国立競技場

チケット売り場です。
国立競技場

青山門の両脇には、旧国立競技場のスタンドにあった壁画、相撲の神といわれる「野見宿禰(のみのすくね)」とギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」が移設されました。
国立競技場

国立競技場

国立競技場

入場ゲートにはチケット読み取り機が並んでいます。
国立競技場

館内にもたくさんの木が使われていて、金属と木材とガラスを使ったハイブリッド構造になっています。
国立競技場

国立競技場
ひさしが連なる建築様式は五重塔など日本の伝統建築物にみられ、客席に空調がない代わりに自然の力を利用し会場を冷やす効果があります。
国立競技場

会場全景です。
国立競技場

国立競技場

国立競技場

3.層の客席はすり鉢状になっていて、上層になる程角度が急になるので、上層でも選手との距離は近く感じられます。前の人の頭は全く邪魔になりません。
国立競技場
第1層は20度、2層は29度、3層は34度の角度になっているそうです。
国立競技場
座席の色はモザイクのように配色され、お客さんがいなくても満席のように錯覚します。
国立競技場
椅子は席を立つと後ろに倒れ、右下にドリンクが置けるようになっていました。
国立競技場

トラックへの入場門です。
国立競技場
新しい国立競技場は、心臓部といえる走路にイタリア・モンド社製の「高速トラック」を採用しています。接地時の安定感と、推進力を得やすい優れた反発力が特徴で、世界新記録や日本新記録の量産が期待されます。
国立競技場

国立競技場

競技場の芝生には鳥取県産の天然芝が採用されています。下には温度調整用の配管が通り、芝の生育状態が管理されているということです。
国立競技場


国立競技場
競技場の屋根にも木材が使われ、無風の日でも空気の流れをよくするため、185台の「気流創出ファン」という風を生み出すファンも設けられています。
国立競技場

国立競技場

通路です。トイレの表示はよく見かけます。館内全体で約1,000基設置されているそうです。
国立競技場

トイレの中もきれいです。まだ完成したばかりなので、当たり前と言えば当たり前なのですが・・・
国立競技場



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.