Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ハシビロコウが飛んだ!2020年01月10日 10時17分17秒

ハシビロコウ(嘴広鸛、Balaeniceps rex)は、ペリカン目、ハシビロコウ科、ハシビロコウ属に分類される鳥類で、本種のみでハシビロコウ科、ハシビロコウ属を構成します。
近年のDNA分析による分類でペリカン類に近いことが分かってきましたが、以前はコウノトリ目に分類されていました。
学名の「Balaeniceps rex」は、ラテン語で「クジラ頭の王様」という意味だそうです。
英名は「Shoebill(シュービル:靴のような嘴)」、和名が「嘴広鸛(ハシビロコウ:嘴の広いコウノトリ)」です。

恩賜上野動物園(上野動物園)では現在4羽のハシビロコウが飼育されています。 メスの「アサンテ(Asante)」「サーナ(Sana)」「ミリー(Milie)」と、オスの「ハトゥーウエ(Hatxuwe)」です。
オスの「シュシュ・ルタンガ」というハシビロコウもいたのですが、2018年3月1日に死亡しました。

ハシビロコウは「動かない鳥」として有名ですが、上野動物園のハシビロコウは比較的よく動くことで知られています。

ハシビロコウ達もお正月には大サービスをするのでしょうか??? 昨年のお正月にも「サーナ」が飛んでくれました。
今回、飛ぶ姿を見せてくれたのは「ミリー」です。
ハシビロコウ(嘴広鸛)

ハシビロコウ(嘴広鸛)
翼開長が2.5メートル位ある大きな鳥です。飛ぶ姿にも迫力があります。
ハシビロコウ(嘴広鸛)

ハシビロコウ(嘴広鸛)

ハシビロコウ(嘴広鸛)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

_ こうさ ― 2020年01月12日 16時28分38秒

まぁクンさん。
遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。

ハシビロコウの飛ぶ姿は見たことありません。
写真だと、なんだか上からひもでぶらさげて
模型を動かしているように見えてしまって、笑えます。
まだまだ寒さはこれからでしょうか。
どうぞ外での撮影は暖かくして、
風邪などひかないようにお気をつけて。

_ まあクン ― 2020年01月12日 20時32分14秒

こうささん、ありがとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

私もハシビロコウが飛ぶのを見たのは去年の正月と今年の正月の2回だけです。
いつもは、ほとんどは動かないでじっとしています。

言われてみれば確かに操られている鳥のように見えますね。
NHKの「チコちゃんに叱られる」に出てくる「キョエちゃん」という変な鳥を思い出してしまいました。

寒い日が続きますが時々暖かい日があって、体調を崩しそうです。
こうささんもお身体大切になさってください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/01/10/9200353/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.