Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

グランメゾン東京の「ビーフシチュー」2020年01月16日 11時11分24秒

放送は終了してしまいましたが、「グランメゾン東京 第8話 ビーフシチュー」で放送された、尾花夏樹が日本で最初に料理を始めた頃の師匠の店「浪漫亭」で尾花夏樹と早見倫子が食べた看板料理の「ビーフシチュー」を、「俺のフレンチ横浜」で味わうことが出来ます。(18日まで)
赤ワインでたっぷり煮込まれた肉厚の牛タンに濃厚なデミグラスソースの味が加わりますが、牛タン本来の味と甘みを味わうことが出来ます。 牛タン、めちゃくちゃ分厚くて柔らかいし、美味しすぎ 💛 これで1,480円(税抜)は安すぎ!

紹介する順番が前後しましたが、アミューズの「黒トリュフとキノコのフラン」です。
テーブルチャージとミュージックチャージを合わせて一人500円(税抜)取られます。
この日のミュージシャンは、サックス:向井 志門、ピアノ: 保坂 修平です。

ワインは「SANTA LUZ ALBA CABERNET SAUVIGNON (サンタルーズ アルバ カベルネソーヴィニョン)」というチリ産の赤ワインです。

「たっぷり野菜の『俺ん家サラダ』」680円(価格は全て税抜です)
鶏肉をマヨネーズで和えたもの、ベーコンとサクサクのクルトンに、鶏の砂肝をのせたサラダです。ポーチドエッグも乗っています。鶏の砂肝を洋風のサラダに入れるなんて・・・と思ったのですが、これが合います。混ぜて食べると全体のバランスが絶妙です。

メルマガ読者限定特別メニューの「牛リブロースのグリエ  ~バジルとわさびのエッセンス ラタトゥイユのタルトを添えて~」です。
上記のボトルワインが付いて1,580円です。メルマガ読者限定なのでメニューには載っていませんが、抜群のコストパフォーマンスです。
牛リブロースは300gあります。冷めてしまうとちょっと硬めな感じですが、しっかりとお肉を味わえます。バジルソースと山葵ソース、両方の味で楽しむことが出来ます。
煮込み野菜のタルトも美味しいです。でも、お腹一杯になってしまいます。

デザートの「抹茶とカカオのパルフェ」480円です。
チョコバナナケーキ、濃厚抹茶プリン、バニラアイス、ココアとマスカルポーネチーズを使ったムースのような泡状のエスプーマにピスタチオがトッピングされています。ショコラチュイルが添えてあります。

「黒ゴマのブリュレ」480円です。
濃厚な黒ゴマ風味のブリュレの上に乗っているのは沖縄の塩アイスです。塩アイスが黒ゴマブリュレの甘さを引き立てます。
食べているうちに、塩アイスがウサギちゃんみたいになってしまいました。

コーヒーは350円です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/01/16/9202617/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.