Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

天ぷらと穴子の店「助六酒場」2020年02月04日 14時02分45秒

穴子料理と天ぷらが美味しいと聞いて、「天ぷら 穴子蒲焼 助六酒場」に行ってきました。
場所は京急・青物横丁駅から歩いて2分位の所です。

お通しは「金平牛蒡」です。300円(価格は全て税込なので、支払いは10%増しになります)

飲み物は「まるごと果実ゴロゴロサワー」のグレープフルーツです。ゴロゴロ入っているグレープフルーツをグラスの中で押しつぶして飲みます。果実感をたっぷり味わえます。580円ですが、お代わりは1杯300円です。

「穴玉焼き」720円。分厚い玉子焼きの中に穴子が入っています。
穴子はウナギを使った「う巻き」より淡泊な味になりますが、その分、玉子本来の味を楽しめます。
めっちゃ美味しい。

「大根おでん天」「キス天」「蓮根天」それぞれ、180円、150円、120円です。

「穴子一本天」780円です。かなり大きくて乗りきらないので、3つに切ってくれました。
サクッサクで美味しい。上品な穴子の味が口の中に広がります。脂も乗っています。

「穴子白焼き」980円。
「穴子蒲焼き」980円。
蒲焼のタレはちょっと濃いめに感じます。白焼きの方が穴子の味が楽しめるかもしれません。

「キノコ天婦羅盛り合わせ」660円。マイタケ、エリンギ、シメジです。

揚げ物が多いので、口直しに「長芋山葵漬け」を注文しました。480円です。山葵の香りとツ~ンと感がたまりません。口の中がさっぱりとします。

「とろーりチーズ天婦羅」「アスパラ」「ワカサギ天」「牡蠣天」。220円、250円、120円、350円です。
チーズはモッツァレラとカマンベールだとか。
牡蠣天は半分に切ってあるので、中身が見えてちょっとグロい。

「紅しょうが天」250円です。天かすみたいです。ご飯に乗せて食べると美味しいだろうな・・・・。お酒が進みます。

「さつま芋天」です。120円。 ほっこりと甘くて、焼き芋より美味しいかもしれない。

さんざん天婦羅を食べたので、〆は「穴子の棒寿司」です。650円。 一口で頬張るにはちょっと大きめですが、穴子と酢飯とタレの味のバランスがちょうど良いので、一気に口の中に入れたい逸品です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/02/04/9210206/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.