Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

思いのまま2020年02月11日 10時29分00秒

浜離宮恩賜庭園で「思いのまま」が咲き始めました。

思いのまま(輪違い)

「思いのまま」は、野梅系・野梅性の遅咲き品種の梅です。
中輪八重咲きで、紅と白、絞りなどを1本の木で咲き分けます。
紅い花が咲く枝、白い花が咲く枝、という咲き分けをしますが、一輪の中に紅と白が入る絞り咲きになることもあります。
思いのまま(輪違い)
開花期は2月中旬~3月中旬と言われているので、3月に入った頃には満開の花が観られるでしょう。
思いのまま(輪違い)

思いのままに紅白の花を咲き分けるので「思いのまま」という名が付けられましたが、毎年同じところに同じ色が咲くとは限らず、栽培環境その他により単色花になってしまう場合があります。
花にとっては「思いのまま」ですが、観賞する側から見ると単なる「わがまま」です。
別名「輪違い(りんちがい)」といいます。
思いのまま(輪違い)

思いのまま(輪違い)

思いのまま(輪違い)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

135人が感染!「ダイヤモンド・プリンセス 」2020年02月11日 15時24分51秒

横浜の大黒ふ頭に接岸している「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウィルス感染者が135人になってしまいました。
乗員乗客3,700人余りの内、延べ439人が検査を受け、135人の感染が確認されるという結果になってしまいました。検査を受けた方の3割余りが感染していたということになります。

新型肺炎の少しでも早い終息を願いつつ、「ダイヤモンド・プリンセス」が過去に横浜港に入港した時の写真をまとめてみました。

2013年5月、横浜へ初入港しました。

2014年4月。
横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に接岸している「ダイヤモンドプリンセス」です。

2015年8月。大さん橋の「ダイヤモンド・プリンセス」と、向こうに見えるのは「飛鳥Ⅱ」です。

2016年4月。


2017年9月。船首のデザインが真っ白から現在のデザインに変わっています。

2018年9月。上の2015年8月の写真に似ていますが、拡大して見比べると船首のデザインが変わっているのがよく分かります。


2018年10月

2019年3月。大さん橋に停泊している「ダイヤモンド・プリンセス」と、出航する「飛鳥Ⅱ」です。

2019年5月。横浜ベイブリッジの下を通る「ダイヤモンド・プリンセス」。

2019年7月。大さん橋を離岸する「ダイヤモンド・プリンセス」。

2019年11月4日。10月31日にオープンしたばかりの「横浜ハンマーヘッド」・「新港ふ頭客船ターミナル」に「ダイヤモンド・プリンセス」が初めて接岸しました。
「ダイヤモンド・プリンセス」の船首方向、横浜ベイブリッジを通って入港してくる「飛鳥Ⅱ」が見えます。

全ての船舶を対象にした環境規制が1月1日から強化され、「ダイヤモンド・プリンセス」は排ガス規制に対応する装置を取り付ける改装がされました。その結果、高さの関係で横浜ベイブリッジの下をくぐれなくなった為、今年から横浜ベイブリッジの外にある「大黒ふ頭」に接岸するようになりました。
「新港ふ頭客船ターミナル」への接岸は、11月4日が最初で最後になってしまいました。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.